165420180205ht.png
 
 
 
 
■ コーヒーの凄い効果がいっぱい!
 
 
コーヒーを1日2杯飲むことによって、肝硬変リスクが40%低下することが明らかになりました。昔からコーヒーは肝臓に良いとされていましたが、これほどまで凄い効果・効能があるとは驚きです。
 
 
肝臓の働きを良くする以外にも、コーヒーには以下のとおり優れた効果があります。
 

 
(1)ダイエット効果
 
(2)肌のシミ予防など美肌効果
 
(3)リラックス効果
 
(4)二日酔い予防・改善
 
(5)脳の活性化
 
(6)うつ病の予防
 
(7)糖尿病などの生活習慣病予防
 
(8)アレルギーの予防
 


 
 
もちろん、メリットがあれば必ずデメリットがあります。現段階ではっきりしているコーヒーのデメリットは、以下のとおりです。
 
 


(1)胃が荒れる
 
(2)睡眠の質が悪化
 
(3)口臭
 
(4)貧血


 
 
 
『 肝硬変リスクを40%も押し下げる 』
 
 
今後の研究結果によっては、さらにコーヒーのデメリットが明らかになるかもしれませんが、現時点でコーヒーによって肝臓の働きを良くし、何と肝硬変の発症リスクを40%も押し下げることが明らかになりました。
 
 
ということで、今回はコーヒーの優れた肝硬変リスクを低下させるメカニズムについて分かりやすく解説したMAG2NEWSさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む