筋肉のタグ記事一覧


タグ:筋肉

筋肉のタグが付いた記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

ストレッチ
     ■ 坐骨神経痛とは? 坐骨神経痛は、お尻から足の後ろ側にかけて生じる痛みやしびれ、麻痺などの症状のことをさします。  ちなみに坐骨神経は腰から太股にある後大腿皮神経、膝部分の総腓骨神経、ふくらはぎにある脛骨神経などの大きな神経と足底神経などの小さな神経によって成り立ってます。  坐骨神経痛の原因として最も多いのが「椎間板ヘルニア」です。  脊椎腫瘍、脊柱管狭窄症、脊椎分離症、脊椎すべり症な...

記事を読む

マッサージ
     ■ 足がつった原因をしっかり把握しよう! ぐっすり寝ているときに突然足がつってしまい、あまりの痛さに目が覚めてしまう経験が20歳をすぎれば誰でも経験されたことがあるかと思います。  単なる疲労によって足がつってしまうのであれば、しっかりケアすることでいくらでも対応できますが、それ以外のことが原因で足がつってしまう場合は要注意です。    ▼ 他の病気の可能性もあるので要注意! もしかしたら病...

記事を読む

筋トレ
     ■ 体幹を始めるなら今が絶好のとき!? プロスポーツ選手を中心としたアスリートの間では10年ほど前からトレーニングの一環として浸透していた「体幹」が、ようやく一般の人たちの間でも浸透してきました。  しかし、どちらかというと体幹の優れた効果よりも「時短エクセサイズ」といった手軽にできるエクセサイズと認識する向きが強いのもまた事実です。    ▼ スキマ時間を有効活用! たしかに、効率よく鍛え...

記事を読む

健康法
     ■ 食事制限しても痩せない人は基礎代謝が低い! 食事制限をしているのに全然痩せない人の特徴として、基礎代謝が低い点があげられます。  そして、運動しないで食事制限のみを強引に行なうとさらに基礎代謝がさらに落ちてしまうので逆効果となります。  しかも、肝心の「免疫力」が著しく低下するので、様々な体調不良を引き起こす原因にもなりかねません。  そして、上図にありますとおり、基礎代謝は加齢ととも...

記事を読む

筋トレ
     ■ 座りっぱなしが様々な弊害に!? デスクワークを中心とした「座りっぱなし」が様々な病気を引き起こす原因となっています。  長時間座り続けると血流が著しく悪化するので、高血圧や動脈硬化、糖尿病といった生活習慣病を発症するリスクが高まります。  また、首や肩のコリ、腰痛の原因としても大きな割合を占めています。  悲しいことに我々日本人は先進国の中で最も座りっぱなしの状態が長いんです。  若い...

記事を読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

腰回りを柔らかくする5つのストレッチ!血流を改善して筋力をアップ!坐骨神経痛、老化による筋肉低下の予防に!

 
waist_stretch_01121.jpg
 
 
 
 

■ 坐骨神経痛とは?


 
坐骨神経痛は、お尻から足の後ろ側にかけて生じる痛みやしびれ、麻痺などの症状のことをさします。
 
 
ちなみに坐骨神経は腰から太股にある後大腿皮神経、膝部分の総腓骨神経、ふくらはぎにある脛骨神経などの大きな神経と足底神経などの小さな神経によって成り立ってます。
 
 
坐骨神経痛の原因として最も多いのが「椎間板ヘルニア」です。
 
 
脊椎腫瘍、脊柱管狭窄症、脊椎分離症、脊椎すべり症なども坐骨神経痛の原因とされています。
 
 
 
 
 
sciatica_01121.jpg
 
 
 

■ 坐骨神経痛になるのは中高年だけではない!?


 
20代から30代の若い世代においては「腰椎椎間板ヘルニア」「梨状筋症候群」が多く、高齢世代になると大半は「腰部脊柱管狭窄」と「腰椎椎間板ヘルニア」を原因として坐骨神経痛を引き起こします。
 
 
また、坐骨神経痛による痛みが腫瘍によって引き起こされているケースもあるので、病院でさえも診断するのは簡単なことではないようです。
 
 
特に梨状筋が坐骨神経痛を圧迫することで生じる「梨状筋症候群」は難しいとされています。
 
 
 
 
 

■ 坐骨神経痛に効くストレッチ5選


 
今回米国の健康情報サイト「Prevention」にて坐骨神経痛や腰痛予防などに良い効果をもたらすストレッチが5つほど紹介されていたので、こちらの方を動画と合わせてご紹介させていただきます。
 
 
これら5つのストレッチは坐骨神経痛の症状を緩和する効果があるとされています。
 
 
また、激しい運動をすることなく下半身の筋肉を強化することができるので下半身を強化しながら腰痛予防、老化に伴う筋力低下にも良い効果をもたらしてくれます。
 
 
筋肉量が増えることによって「血流」と「代謝」も改善されるので、ダイエット効果も期待できます。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

寝ているときや運動しているときに突然襲ってくる足がつったときの痛みの原因と対処法!足のつりを予防するには?

 
leg_cramps_01071.jpg
 
 
 
 

■ 足がつった原因をしっかり把握しよう!


 
ぐっすり寝ているときに突然足がつってしまい、あまりの痛さに目が覚めてしまう経験が20歳をすぎれば誰でも経験されたことがあるかと思います。
 
 
単なる疲労によって足がつってしまうのであれば、しっかりケアすることでいくらでも対応できますが、それ以外のことが原因で足がつってしまう場合は要注意です。
 
 
 
 

▼ 他の病気の可能性もあるので要注意!


 
もしかしたら病気を抱えている可能性もあるので、手遅れにならないためにも、足がつってしまう原因と対処法について予め知っておく必要があります。
 
 
ということで今回はは国立医学図書館(米国)や全日本鍼灸マッサージ師会の情報をまとめた記事とふくらはぎのセルフマッサージの動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

体幹トレーニングの美容と健康効果が凄い!姿勢と血行を改善して免疫力、筋肉量、脂肪燃焼効率、疲労回復効果をアップ!

 
trunk_training_12281.jpg
 
 
 
 

■ 体幹を始めるなら今が絶好のとき!?


 
プロスポーツ選手を中心としたアスリートの間では10年ほど前からトレーニングの一環として浸透していた「体幹」が、ようやく一般の人たちの間でも浸透してきました。
 
 
しかし、どちらかというと体幹の優れた効果よりも「時短エクセサイズ」といった手軽にできるエクセサイズと認識する向きが強いのもまた事実です。
 
 
 
 

▼ スキマ時間を有効活用!


 
たしかに、効率よく鍛えることができるという意味では間違ってませんが、それ以上に優れた効果が期待できるので、ぜひ一度試してみてください。
 
 
体幹を鍛えることによって痩せやすく太りにくい体質へと改善することができます。
 
 
スキマ時間を利用しながら少しずつ実践して習慣化されることを強くオススメします。
 
 
 
 
 

■ なぜ体幹はそれほどまでに効果が高いのか?


 
ここでいう痩せやすい体質の基本となるのが基礎代謝です。
 
 
食事制限中心のダイエットでは基礎代謝が低下するので、太りやすくなってしまいます。
 
 
体幹のような効率よく全身の筋肉が鍛えられるエクセサイズを行うことによって、筋肉の質も飛躍的に改善されるので、自然と基礎代謝があがり、痩せやすくなります。
 
 
また、体内酵素を増やすことによっても基礎代謝を改善することができます。
 
 
体の中の臓器の働きも良くなります。
 
 
このようにいうと間違いなく後者の方が楽だと思うはずです。
 
 
 
 

▼ 体幹とは!?


 
ここでいう「体幹」とは、横隔膜(おうかくまく)、腹横筋(ふくおうきん)、多裂筋(たれつきん)、骨盤底筋群(こつばんていきんぐん)などの筋肉のことをさします。
 
 
日常生活であまり使うことのない、これらの筋肉を意識して使うことによって体本来の健康な状態にリセットすることができます。
 
 
例えばアスリートの中には満身創痍の状態から、体幹トレーニングを導入してケガに強い強靭な肉体を手に入れた方が大勢いいます。
 
 
体幹トレーニング主な効果は、(1)太りにくい体質へ改善、(2)肩こり、腰痛などを予防・改善、(3)姿勢を改善して体本来の働きを呼び覚ます、(4)トレーニング効果を高めるなどです。
 
 
 
 

▼ 美容と健康効果が凄い!?


 
プロティンなどを摂取してハードなトレーニングを行っているような人からすれば確かに体幹エクセサイズは物足りないかもしれません。
 
 
しかし、実際の美容と健康に関する効果は計り知れないものがあります。
 
 
体幹は呼吸法が非常に重要になります。
 
 
すぐに呼吸だけで体全体の筋肉をほぐせるようになります。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

基礎代謝が高い人がこっそりやっている基礎代謝を高める5つの習慣!血行を改善して脂肪燃焼効率、疲労回復効果がアップ!

 
basal_metabolism_12231.jpg
 
 
 
 

■ 食事制限しても痩せない人は基礎代謝が低い!


 
食事制限をしているのに全然痩せない人の特徴として、基礎代謝が低い点があげられます。
 
 
そして、運動しないで食事制限のみを強引に行なうとさらに基礎代謝がさらに落ちてしまうので逆効果となります。
 
 
しかも、肝心の「免疫力」が著しく低下するので、様々な体調不良を引き起こす原因にもなりかねません。
 
 
そして、上図にありますとおり、基礎代謝は加齢とともに低下するので、歳をとるにつれて太りやすくなってしまいます。
 
 
では、どうすれば基礎代謝を効率よく上げることができるのでしょうか?。
 
 
 
 

▼ スクワットで脂肪燃焼効果を高める!


 
一番手っ取り早い方法は、スクワットなどのエクセサイズです。
 
 
特にスクワットは効率よく筋肉量を増やして脂肪燃焼効果高めてくれるので、スクワットでお尻、お腹まわり、太腿の筋肉を中心に鍛えてダイエット効果を高めるのが効果的です。
 
 
ということで、今回は基礎代謝を高める5つの習慣を分かりやすく解説した美レンジャーさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

1日5分!お腹まわりの脂肪がすっきり!全身の血流を改善して首や肩のコリ、背中や腰の痛みの予防にも役立つ!

 
plank_1261.jpg
 
 
 
 

■ 座りっぱなしが様々な弊害に!?


 
デスクワークを中心とした「座りっぱなし」が様々な病気を引き起こす原因となっています。
 
 
長時間座り続けると血流が著しく悪化するので、高血圧や動脈硬化、糖尿病といった生活習慣病を発症するリスクが高まります。
 
 
また、首や肩のコリ、腰痛の原因としても大きな割合を占めています。
 
 
悲しいことに我々日本人は先進国の中で最も座りっぱなしの状態が長いんです。
 
 
若い人でも姿勢が悪かったり、お腹がぽっこりしていたり、つらい肩こりや腰の痛みに悩まされている人が増えています。
 
 
 
 
 

■ 食事制限は長く続かない!


 
お腹まわりが気になるからといって、ダイエットを始めても「食事制限」だけでは長く続きません。
 
 
ダイエットを止めた時点でリバウンドが始まります。
 
 
そこでオススメしたいのが、体幹トレーニング「プランク」です。
 
 
プランクにはいくつか種類があって、これらをいくつかまとめて行うことによって、広範囲に体幹を鍛えることができます。
 
 
プランクを継続することで筋肉量が無理なく増えるので、血流も改善し、代謝もアップするので、ダイエット効果が高まるのは勿論のこと、肩こりや腰痛の予防・改善にもつながります。
 
 
ということで、今回は1日1セット5分間のプランクをご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます