笑顔のタグ記事一覧


タグ:笑顔

笑顔のタグが付いた記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

健康法
  出典:シネマズ  【笑うとこんな事に効く?】 (1)新陳代謝がよくなり血行を促進する(認知症・ボケ防止)(2)笑うと鎮痛作用が出るためリウマチなどの痛みが和らぐ(3)大きく笑うとウォーキングと同等程度のエネルギーを消費(4)糖尿病血糖値の上昇を抑制(5)ストレスの緩和に役立つ     ■ 笑いの健康効果がすごい! 笑うことによって、体内に酸素を行き渡ることで血流が改善して免疫力がアップします。 ...

記事を読む

メンタルケア
     ■ 器の大きな人とは? 個人的に器の大きな人というのは、感情に振り回されない人だと思っています。  また、日常生活においても一喜一憂するのではなく、常に感謝いしていますよね。  ですので、メンタル的にも常に良い状態を保てるので仮に仕事で失敗しても普通の人なら落ち込みすぎて「自己嫌悪」に陥ってしまうようなことに遭遇しても冷静に対処できます。  しかし、最近ではSNSの普及によって、自己嫌悪に苦...

記事を読む

「笑うと健康になる」は本当だった!?笑うことで免疫力がアップ!認知症、脳卒中、心疾患、がんの予防に!

 
laugh_effect_181.jpg
 
出典:シネマズ
 
 

【笑うとこんな事に効く?】
 
(1)新陳代謝がよくなり血行を促進する(認知症・ボケ防止)
(2)笑うと鎮痛作用が出るためリウマチなどの痛みが和らぐ
(3)大きく笑うとウォーキングと同等程度のエネルギーを消費
(4)糖尿病血糖値の上昇を抑制
(5)ストレスの緩和に役立つ
 

 
 
 
 

■ 笑いの健康効果がすごい!


 
笑うことによって、体内に酸素を行き渡ることで血流が改善して免疫力がアップします。
 
 
また、同時に脳にも酸素が届くので、必然的に脳への血流が増加して脳の活性化につながります。
 
 
一見何でもないように思えるかもしれませんが、我々が生きていく上で脳の影響力は絶大です。
 
 
仕事などで強いストレスが続くと脳内の処理が増えるため、万病の元とされる「活性酸素」が発生し、脳が酸化ストレスにさらされるため、本来の働きができなくなります。
 
 
そのさいに脳は『疲れた』というシグナルを発します。
 
 
そんなときにハードな運動は逆効果です。
 
 
ストレスを抑制するためにも個人的には呼吸法で深い呼吸を数分間行うことを習慣化することをお勧めしたいのですが、それと同じかそれ以上に効果があるのが笑うことなんです。
 
 
 
 
 
Woman_laughing_181.jpg
 
 
 

■ つくり笑いでも効果がある!?


 
笑うことによって、がん細胞を死滅に追い込むNK細胞 (ナチュラルキラー細胞) が増えるので、笑いはがんを抑制する効果も期待できます。
 
 
意外に思われるかもしれませんが、つくりり笑いでも同じような効果が得られるといわれています。
 
 
つくり笑いで笑顔になると、顔の筋肉の動きによって神経伝達物質が脳に伝わるので、脳は本当におかしくて笑っている時と同じような反応をするため、免疫機能を向上してくれます。
 
 
こうした脳の持つ優れた効能・効果のうち代表的なのが以下の6つの効果です。
 
 

【笑いの効能・効果】
 
(1)免疫機能の強化
(2)リラックス効果
(3)鎮痛作用
(4)老化防止
(5)認知症の予防
(6)記憶力・学習能力向上
(7)肌トラブルの予防・改善(しわ・たるみ)
(8)脳卒中の予防
 

» 記事の続きを読む

器の大きい女性に共通する8つの特徴とは!?自己嫌悪に陥らない自分らしい生き方とは!?

 
strong_woman_01131.jpg
 
 
 
 

■ 器の大きな人とは?


 
個人的に器の大きな人というのは、感情に振り回されない人だと思っています。
 
 
また、日常生活においても一喜一憂するのではなく、常に感謝いしていますよね。
 
 
ですので、メンタル的にも常に良い状態を保てるので仮に仕事で失敗しても普通の人なら落ち込みすぎて「自己嫌悪」に陥ってしまうようなことに遭遇しても冷静に対処できます。
 
 
しかし、最近ではSNSの普及によって、自己嫌悪に苦しめられている方が増えています。
 
 
 
 
 

■ 自己嫌悪を放置してはいけない!


 
ここで言う自己嫌悪とは、自分の存在や能力、行動などに対して強い否定感や不満を抱くことです。
 
 
自己嫌悪は、自分に対する厳しい評価や期待、他人との比較、過去の失敗やトラウマなどが原因で起こることが多いです。
 
 
自己嫌悪は、プラスに働く場合も少なからずありますが、大半は心理的なストレスや苦痛を引き起こし、さまざまなデメリットをもたらします。


例えば、自己嫌悪は以下のような影響を与える可能性があります。



【自己嫌悪のデメリット】
 
(1)自信や自尊心の低下
(2)自己効力感や主体性の喪失
(3)消極的な思考や感情の増加
(4)人間関係や社会的な活動への関心や参加の減少
(5)抑うつや不安などの心理的な症状の発生や悪化
(6)自傷行為や自殺企図などの危険な行動の誘発
 

 
 
自己嫌悪は、自分を苦しめるだけでなく、人生の質や幸福度を低下させる要因になります。
 
 
自己嫌悪を克服するには、自分の長所や価値を認めること、他人と比較しないこと、過去を手放すこと、ポジティブな思考や感情を育むことが大切です。
 
 
自己嫌悪から抜け出すことで、自分らしく生きることができます。
 
 
 
 
 

■ 生まれつきポジティブ思考な人はいない!?


 
器の大きな人は、どんな自分も大切な自分の一部として考えることができるので、自己嫌悪に陥りにくいようです。
 
 
ありのままの自分を素直に受け入れるということは、ある意味究極のポジティブ思考だと思います。
 
 
では、こうした方々は元々ポジティブ思考だったのかといえば、そんなことはありません。
 
 
人によっては、長期間に渡って自己嫌悪に陥ったままの状態で過ごした経験がある人が意外ににも多いんです。
 
 
あることきっかけに、前向きに生きることを選択したからこそ、器の大きな人になったんですね。
 
 
考え方を変えるだけで人はいくらでも生き方を変えることが出来るんですね。
 
 
今回この「TABI LABO」さんの記事を拝見させていただき改めてそう感じた次第です。
 
 
是非今回のまとめと自己嫌悪から抜け出す方法を分かりやすく解説した精神科医でありながら人気作家の樺沢紫苑先生の動画と合わせてご覧ください。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます