90.png





■夏は睡眠障害になりやすい


今回のテーマは「睡眠障害」です。意外に知られていないのですが、睡眠障害には不眠症や睡眠時無呼吸症候群など50種類以上あり、多くの人々の快眠を妨げています。


今現在日本人のおよそ5人に1は何らかしらの睡眠障害を抱えています。


特に夏の暑い時期は、寝不足状態が続くと睡眠障害を引き起こしやすいので要注意です。例えば今現在あなたは毎日こんなことに悩まされていませんか?。


●冷房をかけると寒くて眠れない

●冷房をかけないと暑くて眠れない

●結局朝まで寝た気がしない


一つでも当てはまるのであれば注意が必要です。もし眠れないのは蒸し暑い時期だからといって放置してしまうのは非常に危険です。そこには大きな落とし穴が潜んでいます。


睡眠不足になるとどうしても血液や脈拍に影響がでてくるんで、体調不良を引き起こしてしまいますし、睡眠障害にならないためにも蓄積する寝不足は避けなければいけません。


夏の寝不足を放置してしまうことで、睡眠障害を引き起こしてしまう可能性が高まります。


その他にも眠りながら突然大声を出したり、暴れだす「レム睡眠行動障害」に陥ることもあります。また、脚がむずむずかゆくて眠れない「むずむず脚症候群」も急増してます。



出典:「tvasahi」







» 記事の続きを読む