睡眠のタグ記事一覧


タグ:睡眠

睡眠のタグが付いた記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

その他
   ■ 寝る前のストレッチがダイエットに効く!  ダイエットの方法は星の数ほどありますが、基本的に食事制限だけのものはおすすめすることはできません。短期間で痩せても必ずリバウンドがくるからです。  今回は、夜寝る前に1分程度のストレッチを行なうことによって、いかに痩せる体質へと改善できるかをテーマに効率よく痩せるメカニズムについて解説させていただきます。  現代人の多くは日々のストレスによって軽度...

記事を読む

その他
    ■ 休息は仕事です!?  週末になると仕事などの疲れがどっと出て、寝だめする方も多いかと思いますが、そうした疲れの症状は脳や体からの「休みなさい」というサインなので、休息をとるべきなのですが、あまり寝すぎてしまうと、かえって疲れが取れません。  多くの方がこうした休息のサインを見過ごしてしまい、週末を余計に疲れて過ごしてしまいがちです。私の友人に手帳に2ヶ月先までのスケジュール(休日も含む)...

記事を読む

体の痛み不調の原因
     ■ 体にやさしい寝方にするメリットとは?  体に痛みがあると、思うように寝れなかったり、寝ている間に寝返りを打って、強い痛みで目がさめてしまう、といったことを誰もが一度は経験されたことがあるかと思います。そうなると神経が痛みに集中して意識してしまうので、思うように寝れません。  睡眠不足になると疲れが取れにくくなってしまいます。そうすると翌日の仕事や学業に支障をきたしてしまうことになるので...

記事を読む

その他
    ■ 睡眠不足に悩まされる人たちが急増中!  過度なストレスなどが原因で睡眠不足に悩まされる人たちが年々増えています。しかも睡眠が浅いため疲れが中々取れません。そのしわ寄せが日中睡魔となって襲ってきます。  我慢しても何度も睡魔に襲われるため、仕事の効率が著しく悪化し、ミスを連発したりします。仕事で車を運転している人は大きな事故につながりかねないので非常に危険です。  そうした中注目を集めてい...

記事を読む

睡眠について
    ■ 左向きで寝るだけで健康になる!?  突然ですが、あなたは寝るときに右と左どちらを向いて寝ていますか?。ちなみに私は、ここ2~3年左向きを意識しながら毎晩寝ています。左向きに寝ることでリンパと血流を良い状態を保つことができます。また、睡眠の質も高まるので翌日に疲れが残らなくなりました。  以前よりも少ない睡眠時間(4~5時間)でも、気持ちよく起きることができますし、脳も朝らかクリアです。最...

記事を読む

就寝前の1分ストレッチの健康効果が凄い!血行が良くなって安眠・快眠効果で疲労回復効果とダイエット効果もアップ!


6930170201hd.png
 
 
 
■ 寝る前のストレッチがダイエットに効く!
 
 
ダイエットの方法は星の数ほどありますが、基本的に食事制限だけのものはおすすめすることはできません。短期間で痩せても必ずリバウンドがくるからです。
 
 
今回は、夜寝る前に1分程度のストレッチを行なうことによって、いかに痩せる体質へと改善できるかをテーマに効率よく痩せるメカニズムについて解説させていただきます。
 
 
現代人の多くは日々のストレスによって軽度の不眠に悩まされています。
 
 
 
 
5894201611102.png
 
 
 
『 寝る前のストレッチで心と体をゆるめる! 』
 
 
強いストレスにより「交感神経」と「副交感神経」の切り替えが上手く出来ないからです。この切替を上手に行なうためには心身ともにリラックスする必要があります。
 
 
ですので、心身をリラックスさせて疲れをとるためにも質の高い睡眠が最も重要なんですが、夜眠る前にストレッチを行なうことによって、脳と身体を人間本来の睡眠モードへと導くことができますので、これにより質の高い睡眠を比較的容易に実現できます。
 
 
このため寝る前に軽いストレッチを行なって心と体をゆるめて緊張をほぐしてあげることが非常に有効です。

» 記事の続きを読む

休息は大切な仕事です!仕事で疲れた心と体を効率よく疲労回復させる「積極的休息」の健康効果がすごい!

 
33290171208ht.png
 
 
 
■ 休息は仕事です!?
 
 
週末になると仕事などの疲れがどっと出て、寝だめする方も多いかと思いますが、そうした疲れの症状は脳や体からの「休みなさい」というサインなので、休息をとるべきなのですが、あまり寝すぎてしまうと、かえって疲れが取れません。
 
 
多くの方がこうした休息のサインを見過ごしてしまい、週末を余計に疲れて過ごしてしまいがちです。私の友人に手帳に2ヶ月先までのスケジュール(休日も含む)がびっしり詰まっていないと不安で仕方ないという人がいました。
 
 
ここまで極端なケースは少ないと思いますが、我々日本人は休息することが極端に苦手な民族ですよね。休めないというより、休まない、何かしらしていないと気がすまないタイプの方が多いです。
 
 
 
 
 
2614016917.png
 
 
 
■ なぜ休息が大切なのか!?
 
 
しかし、休息や睡眠をしっかり取らずに、疲労をそのまま放っておくと、知らず知らずのうちに何かしらの病気が進行してしまうので、自分から休めない人こそ「休息も仕事」という考え方がどうしても必要です。
 
 
休息には、積極的休息(ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動をして心と体をリフレッシュする)と、消極的休息(ボーっとして過ごす、ひたすら寝る、瞑想など)の二つがあり、それぞれにメリット・デメリットがあります。
 
 
ということで、今回は効率よく休息するための方法について解説している「ライフハッカーさん」の記事の抜粋と精神科医の樺沢紫苑先生が脳の疲れをリフレッシュさせる方法を解説した動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

辛い症状を抑える体にやさしい寝方8選!背中や腰の痛み、副鼻腔炎、月経前症候群、高血圧、頭痛の症状の緩和に役立つ

 
 
16020170501ht.png
 
 
 
■ 体にやさしい寝方にするメリットとは?
 
 
体に痛みがあると、思うように寝れなかったり、寝ている間に寝返りを打って、強い痛みで目がさめてしまう、といったことを誰もが一度は経験されたことがあるかと思います。そうなると神経が痛みに集中して意識してしまうので、思うように寝れません。
 
 
睡眠不足になると疲れが取れにくくなってしまいます。そうすると翌日の仕事や学業に支障をきたしてしまうことになるので、できるだけ睡眠中は、体に負担がかからないように工夫をこらして、眠りやすい状態にしなければなりません。
 
 
そこで今回は、枕とタオル(小さくまるめたもの)を使った楽な寝方をご紹介させていただきます。それぞれの症状にあわせて寝ていただくだけで、自然と体が楽になります。(人によって合わない場合もありますので、効果が見られない場合はすぐに中止してください)

» 記事の続きを読む

NASAが認める1日20分の昼寝や仮眠の健康効果が凄い!適度に仮眠を取ればストレスが激減、仕事の効率が大幅アップ!

 
33220180501hm.png
 
 
 
■ 睡眠不足に悩まされる人たちが急増中!
 
 
過度なストレスなどが原因で睡眠不足に悩まされる人たちが年々増えています。しかも睡眠が浅いため疲れが中々取れません。そのしわ寄せが日中睡魔となって襲ってきます。
 
 
我慢しても何度も睡魔に襲われるため、仕事の効率が著しく悪化し、ミスを連発したりします。仕事で車を運転している人は大きな事故につながりかねないので非常に危険です。
 
 
そうした中注目を集めているのが「昼寝(仮眠)」です。
 
 
 
 
173201708021ht.png
 
 
 
『 日本でも仮眠を推奨する職場が増えている 』
 
 
昼寝によって不足している睡眠分をカバーすることが出来る上に作業効率が著しく上がるので日本でも昼寝(仮眠)を推奨する職場が増えてます。
 
 
私は毎日2回ほど15分程度の仮眠をとっています。このため1回あたりの睡眠時間が極端に短くても、しっかり心と体の健康を維持することができています。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ

左向きに寝るだけで得られる8つの健康効果が凄い!血液やリンパの流れを良くして様々な病気の予防に役立つ!

 
520180810hm.png
 
 
 
■ 左向きで寝るだけで健康になる!?
 
 
突然ですが、あなたは寝るときに右と左どちらを向いて寝ていますか?。ちなみに私は、ここ2~3年左向きを意識しながら毎晩寝ています。左向きに寝ることでリンパと血流を良い状態を保つことができます。また、睡眠の質も高まるので翌日に疲れが残らなくなりました。
 
 
以前よりも少ない睡眠時間(4~5時間)でも、気持ちよく起きることができますし、脳も朝らかクリアです。最初の頃はベットと壁の隙間に布団をまるめて寝ていたのですが、最近はそのようなことをしなくても左向きの状態を保ったまま寝れるようになりました。
 
 
アーユルヴェーダ(サンスクリット語で「生命科学」という意味)の大家John Douillard博士によりますと、左向きに寝ることによって様々な健康効果がもたらされると論文や著書などで力説しています。
 
 
ただし、全ての方に同じ効果が得られるわけではなく、人によってどうしても差が生じます。また、様々な諸事情により左向きに寝る体勢が取れない方もいらっしゃるかと思います。予めその点をご理解していただいた上で読み進めていただければ幸いです。
 
 
 
 
12872017401ht.png
 
 
 
『 左向きに寝ることで睡眠の質が飛躍的に向上! 』
 
 
古今東西、睡眠方法には色々なスタイルと考え方がありますが、今回ご紹介させていただく「左向きに寝る」だけの非常にシンプルなこの方法は、他のどの睡眠方法よりもメリットが多いです。
 
 
「左向きに寝る」睡眠方法は、ストレスフルな現代社会を生きるうえで心と体の健康を維持するために欠かすことのできない「睡眠」の質を最大限に高めることが出来る大変優れた健康法です。
 
 
今回は、John Douillard博士が欧米の科学誌に発表した「左向きに寝る8つの健康効果」を以下のとおりまとめさせていただきました。睡眠の質を高めるための一つの方法として、お役に立てれば幸いです。

» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます