発達障害のタグ記事一覧


タグ:発達障害

発達障害のタグが付いた記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

その他
    ■ 大人のADHDが増えている理由とは?!  ほんの数年前まで日本では発達障害の一つであるADHD(注意欠陥・多動性障害)は、一般の人たちの間では殆ど知られていませんでした。話題にあがることは全くありませんでした。  しかし、最近多くの著名人が自身がADHDであることを告白し、かなり一般の人たちの間でも認識されつつありますが、それでも異質な病気として捉えられてしまう向きが依然として強いです。  ADHDは子...

記事を読む

体の痛み不調の原因
       ■今回のテーマは「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」  今回ご紹介するYoutube動画は、「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」について分かりやすく解説しています。ADHDは、attention deficit hyperactivity disorderの略称です。  文部科学省の調べによりますと発達障害の可能性のある小中学生がすでに6.5%に達し、推計でおよそ60万人に上っており、40人学級で1クラスにつき2、3人の割合です。  親御さん...

記事を読む

大人になって発達障害「ADHD」の自覚がないままADHD特有の症状に苦しんでいる人が増えている理由とは?!

 
707.png
 
 
 
■ 大人のADHDが増えている理由とは?!
 
 
ほんの数年前まで日本では発達障害の一つであるADHD(注意欠陥・多動性障害)は、一般の人たちの間では殆ど知られていませんでした。話題にあがることは全くありませんでした。
 
 
しかし、最近多くの著名人が自身がADHDであることを告白し、かなり一般の人たちの間でも認識されつつありますが、それでも異質な病気として捉えられてしまう向きが依然として強いです。
 
 
ADHDは子ども特有の発達障害であると捉える向きが強かったのですが、ここ最近成人になってからADHDと診断され、苦しんでいる人が増えていることが明らかになってます。
 
 
 
 
520190105hm.png

 
 
『 なぜ成人するまで分からないのか!? 』
 
 
しかし、成人期のADHDは、全体の2.5%なので、それほど多くありませんが、成人の方は自分がADHDであることを自覚することがないまま成人しているので、多くの方が検査を幼少期に受けていません。
 
 
つまり、ADHDでありながら、成人するまで診断される機会がなかった人が今現在沢山いるので、今後さらに大人のADHDが増えることが予想されています。
 
 
ちなみに幼少期にADHDを発症した人たちのADHD特有の症状が成人になっても、ほとんど改善されずに、そのまま残ってしまう確立は50%から80%とされています。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ

注意欠陥・多動性障害(ADHD)の症状について!大人たちはどのように対応すれば良いのか?!

 
 
433_20160615230455111.png
 
 
 
 
 
■今回のテーマは「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」
 
 
今回ご紹介するYoutube動画は、「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」について分かりやすく解説しています。ADHDは、attention deficit hyperactivity disorderの略称です。
 
 
文部科学省の調べによりますと発達障害の可能性のある小中学生がすでに6.5%に達し、推計でおよそ60万人に上っており、40人学級で1クラスにつき2、3人の割合です。
 
 
親御さんの中にはADHDという存在がどういうものか知らない人も少なくありません。
 
 
「うちの子は少しおかしい」といった悩みを誰にも相談することができずに苦しんでいるケースが多いので、やはりADHDに関する正しい知識がどうしても必要です。
 
 
国内には、「発達障害情報・支援センター」という発達障害専門の支援団体があります。悩む前に「発達障害情報・支援センター」を利用し、相談されることをおすすめします。
 
 
以下のサイトから最寄りの相談窓口を調べることができます。
 
 
「発達障害情報・支援センター」

http://www.rehab.go.jp/

» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます