症状のタグ記事一覧


タグ:症状

症状のタグが付いた記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

体の痛み不調の原因
     ■ 体にやさしい寝方にするメリットとは?  体に痛みがあると、思うように寝れなかったり、寝ている間に寝返りを打って、強い痛みで目がさめてしまう、といったことを誰もが一度は経験されたことがあるかと思います。そうなると神経が痛みに集中して意識してしまうので、思うように寝れません。  睡眠不足になると疲れが取れにくくなってしまいます。そうすると翌日の仕事や学業に支障をきたしてしまうことになるので...

記事を読む

その他
    ■ もっとも即効性の高い風邪の治療法とは?  早いもので今年も風邪やインフルエンザの流行がピークを迎えようとしています。日本全国各地にある小中学校で学級閉鎖が相次いでいます。2月は一年で一番寒さが厳しいため、免疫力が一気に落ちますので、風邪やインフルエンザをしっかり予防するためにも正しい知識が必要です。  毎年今頃の時期から「風邪に効く!」といった風邪薬のコピーをいたるところで見聞きするよう...

記事を読む

低炭水化物ダイエット
■炭水化物中毒について今回は炭水化物中毒についてですが、今回ご紹介させていただくYoutube動画で解説させれているとおり、炭水化物には沢山の糖質が含まれてます。多分その事実に驚愕することでしょう。血糖値を適切なレベルに調節するホルモンがインスリンです。 血液中にある栄養素の交通整理を行っているこのインスリンが、食事によって取り入れられたブドウ糖を調節します。炭水化物中毒の原因の一つとされてるのが肥満です...

記事を読む

辛い症状を抑える体にやさしい寝方8選!背中や腰の痛み、副鼻腔炎、月経前症候群、高血圧、頭痛の症状の緩和に役立つ

 
 
16020170501ht.png
 
 
 
■ 体にやさしい寝方にするメリットとは?
 
 
体に痛みがあると、思うように寝れなかったり、寝ている間に寝返りを打って、強い痛みで目がさめてしまう、といったことを誰もが一度は経験されたことがあるかと思います。そうなると神経が痛みに集中して意識してしまうので、思うように寝れません。
 
 
睡眠不足になると疲れが取れにくくなってしまいます。そうすると翌日の仕事や学業に支障をきたしてしまうことになるので、できるだけ睡眠中は、体に負担がかからないように工夫をこらして、眠りやすい状態にしなければなりません。
 
 
そこで今回は、枕とタオル(小さくまるめたもの)を使った楽な寝方をご紹介させていただきます。それぞれの症状にあわせて寝ていただくだけで、自然と体が楽になります。(人によって合わない場合もありますので、効果が見られない場合はすぐに中止してください)

» 記事の続きを読む

風邪の症状を悪化させる間違った風邪の治療法が危険すぎる!風邪のひき始めのときに風邪を素早く治す!

 
5754201611102.png
 
 
 
■ もっとも即効性の高い風邪の治療法とは?
 
 
早いもので今年も風邪やインフルエンザの流行がピークを迎えようとしています。日本全国各地にある小中学校で学級閉鎖が相次いでいます。2月は一年で一番寒さが厳しいため、免疫力が一気に落ちますので、風邪やインフルエンザをしっかり予防するためにも正しい知識が必要です。
 
 
毎年今頃の時期から「風邪に効く!」といった風邪薬のコピーをいたるところで見聞きするようになるわけですが、結局のところ風邪を治すことができるのは、自分の身体に元々備わっている「自然治癒力」だけです。
 
 
 
 
6230170201hd.png
 
 

『 市販の薬に依存しすぎない! 』
 
 
風邪を早く治したいのであれば、市販の風邪薬を飲まず、しっかり水分をとって、できるだけ食事をとらず(空腹になると免疫力があがるため)、部屋を暖かくしたまま布団に入ってマスクをつけて寝るのが一番即効性が高い風邪の治し方だと思っています。
 
 
できるだけ無駄なエネルギーをつかわずに、しっかり休息を取ることが何より大切です。一般的に風邪薬と呼ばれているものは、熱を下げるものなので、体内に潜む風邪の菌やウイルスをやっつけてくれるわけではありません。

» 記事の続きを読む

炭水化物中毒の具体的な症状について



7.png





■炭水化物中毒について


今回は炭水化物中毒についてですが、今回ご紹介させていただくYoutube動画で解説させれているとおり、炭水化物には沢山の糖質が含まれてます。多分その事実に驚愕することでしょう。


血糖値を適切なレベルに調節するホルモンがインスリンです。 血液中にある栄養素の交通整理を行っているこのインスリンが、食事によって取り入れられたブドウ糖を調節します。


炭水化物中毒の原因の一つとされてるのが肥満です。肥満が極端に進んでしまうとインスリン値が正常を保てなくなり、インスリンが本来行うべき働きが低下してしまいます。


これをカバーするために体内で大量のインスリンが分泌され、これにより脂肪をエネルギーとして体内に蓄積し、さらに炭水化物の摂取を体が求め、これが炭水化物中毒を引き起こします。









■炭水化物中毒になぜなるのか?



炭水化物を摂取すればするほどインスリンが生産されやすくなります。しかし、インスリン値が正常に保つことができなければ、セロトニンが十分に分泌されず、満腹感が得られません。


このため、十分食べてお腹がまったく空いていないにもかかわらず、衝動的に何かを食べたくなるわけですが、そこで大量に食べることができるごはんやパンなどの炭水化物に走ります。


こうした悪循環が延々と繰り返され、さらに肥満が加速します。





■炭水化物中毒の具体的な症状とは?


やがて何を食べても満足することがなくなり、沢山食べたのに一~二時間するとまた食べたくなります。そして、セロトニンがさらに不足するので、常にイライラし、理由もなく不安に襲われます。


このため、いつも疲れている状態となり、孤独感や絶望感を感じながら食べることに固執しながら生きることになります。つまり炭水化物中毒とは心と体の病気なんですね。


1980年台後半から90年台初頭にかけて米国では、一般の人たちの間で炭水化物中毒が社会問題となりました。事実米国で肥満が極端に進んだのもこの時代からです。


Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます