疲労回復のタグ記事一覧


タグ:疲労回復

疲労回復のタグが付いた記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

マッサージ
      ■ 深刻な目の疲れに苦しんでいる人が急増している理由とは? パソコンやスマートフォンなどを長時間使用されている影響で深刻な疲れ目に悩まされている人が増えています。目の疲れだけにとどまらず、首や肩のコリや痛み、頭痛、疲労、不眠といった症状に発展するケースが多いです。  今回ご紹介させていただくツボ押しマッサージは、そんな目から来る症状に優れた効果を発揮してくれます。実はこのマッサージは、私...

記事を読む

睡眠について
     ■ 左向きで寝るだけで健康になる!? 突然ですが、あなたは寝るときに右と左どちらを向いて寝ていますか?  ちなみに私は、ここ2~3年左向きを意識しながら毎晩寝ています。  左向きに寝ることでリンパと血流を良い状態に保つことができます。  また、睡眠の質も高まるので翌日に疲れが残らなくなりました。  以前よりも少ない睡眠時間(5~6時間)でも、気持ちよく起きることができますし、脳も朝からすっ...

記事を読む

マッサージ
     ■ 一日中座りっぱなしの状態は万病の元 IT化が過去10年間で飛躍的な進化を遂げたことによって、業界、業態を問わず一般の人たちの働き方もリモートワークの導入など急速に多様化しています。  勿論様々な恩恵を受けているわけですが、殘念ながら健康面で問題を抱えてしまうケースが比例して増えています。  主な理由として一日中座りっぱなしの人たちが増えている点があげられます。  これに加えて長期間にわた...

記事を読む

健康法
     ■ 免疫力が低下しやすい季節の変わり目に要注意 今年は例年以上に寒暖差の激しい日が多いですよね。特に季節の変わり目は免疫力が低下しやすいので注意が必要です。まず、その日の疲れが中々取れません。  疲労だけでなく、肩こり、目の疲れ、足の疲れ、脳の疲れ、気疲れなど様々な体調不良を引き起こす可能性があります。  これらを明日に持ち越さないようにしないと慢性的な疲労になってしまう可能性が高まります...

記事を読む

健康法
     ■ アルミホイル療法とは!? ご存知のとおりアルミホイルは非常に優れた万能グッズで、どの家庭にもある生活必需品の一つですが、欧米では調理だけでなく、関節炎のセルフケアに用いたりしています。  また、疲労回復効果が優れているため、風邪の治療にも用いられています。といっても、いきなり言われても、にわかには信じられませんよね。しかし、日本でもアルミホイルを用いた健康法や治療法に取り組んでいる方が...

記事を読む

眉間のツボ「印堂」を45秒間押すだけ!ストレス、頭痛、肉体疲労、不眠、眼精疲労、副鼻腔の痛み、鼻詰まりの予防に!

 
 
Forehead_pressure_points_1.jpg
 
 
 
 

■ 深刻な目の疲れに苦しんでいる人が急増している理由とは?


 
パソコンやスマートフォンなどを長時間使用されている影響で深刻な疲れ目に悩まされている人が増えています。


目の疲れだけにとどまらず、首や肩のコリや痛み、頭痛、疲労、不眠といった症状に発展するケースが多いです。
 
 
今回ご紹介させていただくツボ押しマッサージは、そんな目から来る症状に優れた効果を発揮してくれます。


実はこのマッサージは、私が以前勤めていた外資系のIT関連起業でシステムエンジニアとして働いていたインドの方から教えてもらったマッサージです。
 
 
印堂(いんどう)と呼ばれる眉間の中央にあるツボを5秒間かるく押して、一旦離して、また5秒間軽く押す、といった動作を繰り返す簡単なものです。


リラックス効果も高いので、仕事中に息苦しさを感じた場合に行うとリラックスできます。

» 記事の続きを読む

左向きに寝るだけで得られる8つの健康効果が凄い!血液やリンパの流れを良くして様々な病気の予防に役立つ!

 
sleep_on_the_left_01111.jpg
 
 
 
 

■ 左向きで寝るだけで健康になる!?


 
突然ですが、あなたは寝るときに右と左どちらを向いて寝ていますか?
 
 
ちなみに私は、ここ2~3年左向きを意識しながら毎晩寝ています。
 
 
左向きに寝ることでリンパと血流を良い状態に保つことができます。
 
 
また、睡眠の質も高まるので翌日に疲れが残らなくなりました。
 
 
以前よりも少ない睡眠時間(5~6時間)でも、気持ちよく起きることができますし、脳も朝からすっきりクリアです。
 
 
最初の頃はベットと壁の隙間に布団をまるめて寝ていたのですが、最近はそのようなことをしなくても左向きの状態を保ったまま寝れるようになりました。
 
 
アーユルヴェーダ(サンスクリット語で「生命科学」という意味)の大家John Douillard博士によりますと、左向きに寝ることによって様々な健康効果がえられると論文や著書などで力説しています。
 
 
ただし、全ての方に同じ効果が得られるわけではなく、人によってどうしても差が生じます。
 
 
また、様々な諸事情により左向きに寝る体勢が取れない方もいらっしゃるかと思います。
 
 
予めその点をご理解していただいた上で読み進めていただければ幸いです。
 
 
 
 
healthy_way_to_sleep_01111.jpg
 
 
 

▼『 左向きに寝ることで睡眠の質が飛躍的に向上! 』


 
古今東西、睡眠に関しては色々なスタイルと考え方がありますが、今回ご紹介させていただく「左向きに寝る」だけの非常にシンプルなこの方法は、他のどの睡眠方法よりもメリットが多いです。
 
 
「左向きに寝る」睡眠方法は、ストレスフルな現代社会を生きるうえで心と体の健康を維持するために欠かすことのできない「睡眠」の質を最大限に高めることが出来る大変優れた健康法です。
 
 
今回は、John Douillard博士が欧米の科学誌に発表した「左向きに寝る8つの健康効果」を以下のとおりまとめさせていただきました。
 
 
睡眠の質を高めるための一つの方法として、お役に立てれば幸いです。

» 記事の続きを読む

リンパマッサージの疲労回復効果がすごい!心臓の左上を優しくさするだけ!頭痛、冷え、むくみ、肩こり、腰痛の予防に!

 
lymphatic_massage_01021.jpg
 
 
 
 

■ 一日中座りっぱなしの状態は万病の元


 
IT化が過去10年間で飛躍的な進化を遂げたことによって、業界、業態を問わず一般の人たちの働き方もリモートワークの導入など急速に多様化しています。
 
 
勿論様々な恩恵を受けているわけですが、殘念ながら健康面で問題を抱えてしまうケースが比例して増えています。
 
 
主な理由として一日中座りっぱなしの人たちが増えている点があげられます。
 
 
これに加えて長期間にわたって運動不足が続いてしまうと、血液とリンパの流れが悪化して様々な体調不良を引き起こす原因となります。


血液は水道、リンパは下水道と考えるとそれぞれの持つ役割が理解しやすいと思います。
 
 
血液は心臓から出された栄養や酸素を運ぶ役割があります。
 
 
 
 

▼『 リンパの重要性とは!? 』


 
一方、リンパは体内で不要になった老廃物や疲労物質を回収して運ぶ下水道のような役割があります。
 
 
このため血液とリンパの流れが悪化している状態を放置すると代謝が悪化して体内で「毒素」が蓄積されてしまい、免疫力も低下します。
 
 
これにより様々な健康上のトラブル(頭痛、吹き出物、シミ、くすみ、むくみ、肩こり、首こり、腰痛など)が生じます。


また、さらにその状態を放置してしまうと自律神経が乱れに乱れ、呼吸までもがおかしくなり、日常的に過呼吸の症状が起こります。
 
 
過呼吸までとはいかなくても、呼吸が浅くなると感情のコントロールが上手く出来なくなるので、急にイライラしたり、意味もなく不安を感じるなど、メンタルヘルスにまで悪影響を及ぼすので、適切なケアが必要です。
 
 
そこでオススメしたいのがリンパマッサージです。
 
 
 
lymphatic_01021.jpg
 
 
 

▼『 リンパマッサージの効果とは? 』


 
リンパマッサージを習慣的に行うことで、リンパ液の流れが改善され、体の中に蓄積された毒素や老廃物を体の外へと排出されます。


その結果として免疫力が本来の状態に改善されるので、様々な病気や症状の予防・改善効果が期待できます。
 
 
私は毎朝10キロのジョギングを終えてシャワーを浴びるのですが、体を洗うさいにすでに石鹸をこすりつけて、その泡で優しくリンパマッサージを行う感覚で体を洗っています。


特にオススメしたいのが鎖骨下を軽くこするようにマッサージすることです。
 
 
今回参照させていただいた「心臓の左上をさすればしっかり疲れはとれる」で疲労が心臓周辺に蓄積されやすく、ここのリンパの流れが滞ると様々な体調不良を引き起こす原因となるので、今回はリンパマッサージとストレッチをご紹介させていただきます。
 
 
 
 

■ 胸をひらくストレッチ


 
座りっぱなしと運動不足が長期化すると姿勢が悪化して呼吸も浅くなるので、リンパマッサージの効果を高めるためにも胸をひらくストレッチを行って姿勢を改善して呼吸の質を高めましょう。
 
 
そうすることで、次第に全身の血流がよくなって脳の働きも良くなるので、それまで抱えていた心に抱えたモヤモヤやイライラ、焦り、不安といったネガティブな感情が解消されます。
 
 
しかも今回ご紹介させていただく胸をひらくストレッチはバストアップ効果も期待できるので、ぜひリンパマッサージを行うまえに行ってください。
 
 
 
 

▼ 胸をひらくストレッチ『ステップ1』


 
両腕を折り曲げて無理のない範囲内で後ろに開きます。(このさい肩甲骨を意識してください)
 
how_to_lymphatic_massage_01021.jpg
 
 
 

▼ 胸をひらくストレッチ『ステップ2』


 
前に持ってきて、両腕を合わせるように、軽く閉じます。これを往復5回行ないます。
 
how_to_lymphatic_massage_01022.jpg
 
 
 

▼ 胸をひらくストレッチ『ステップ3』


 
背中の後で両腕を組み、軽く上にあげます。この状態を5秒間キープします。
 
how_to_lymphatic_massage_01023.jpg
 
 
 

▼ 胸をひらくストレッチ『ステップ4』


 
つぎに腕を前で組み直して、この状態で5秒間キープし、これを5往復繰り返します。
 
how_to_lymphatic_massage_01024.jpg
 
 
 
 
【出典動画】 メディカルリンパ ダンテブラ 三宮院
 
「40代からでも出来る、簡単上向きバストアップストレッチ」
 

 

» 記事の続きを読む

今日の疲れは今日中に解消できる!「7つの疲労回復法」の疲労回復効果が凄い!全身の血流を改善して疲労を解消!

 
Fatigue_recovery_12301.jpg
 
 
 
 

■ 免疫力が低下しやすい季節の変わり目に要注意


 
今年は例年以上に寒暖差の激しい日が多いですよね。特に季節の変わり目は免疫力が低下しやすいので注意が必要です。まず、その日の疲れが中々取れません。
 
 
疲労だけでなく、肩こり、目の疲れ、足の疲れ、脳の疲れ、気疲れなど様々な体調不良を引き起こす可能性があります。
 
 
これらを明日に持ち越さないようにしないと慢性的な疲労になってしまう可能性が高まります。
 
 
また、これから夏を迎えるわけですが、暑つさに関係なくエアコンを必要以上に効かせてしまうと体調を崩しやすいので、この点も要注意です。
 
 
ということで今回は出来るだけお金はかけずに簡単に「疲労回復」する方法をまとめさせていただきました。
 
 
寝る前にちょっと工夫するだけで「疲労回復効果」が高まりますので、参考にしていただけると嬉しいです。

» 記事の続きを読む

家庭にあるアルミホイルを巻くだけ!優れた保温効果で血行を改善して頭痛、肩こり、腰痛、関節痛、肝臓の病気の予防に!

 
Aluminum_foil_effect_12281.jpg
 
 
 
 

■ アルミホイル療法とは!?


 
ご存知のとおりアルミホイルは非常に優れた万能グッズで、どの家庭にもある生活必需品の一つですが、欧米では調理だけでなく、関節炎のセルフケアに用いたりしています。
 
 
また、疲労回復効果が優れているため、風邪の治療にも用いられています。といっても、いきなり言われても、にわかには信じられませんよね。しかし、日本でもアルミホイルを用いた健康法や治療法に取り組んでいる方がいます。
 
 
テレビにも良く出演されるので、ご存知の方も多いかと思いますが、人気鍼灸師の福辻鋭記先生は、かなり前から手や足の指にアルミホイルを指輪のように巻く『アルミホイル指輪』を施術に訪れる患者さんに行ってます。
 
 
 
 
Aluminum_foil_effect_12282.jpg
 
 
 

『 アルミホイルに針治療と同じような効果がある!? 』


 
福辻先生いわく、鍼が病気や症状の改善に効果があるのは、鍼の素材である金属が持つイオン化傾向(電子を放出してプラスのイオンになろうとする性質)なのだそうです。
 
 
これらが人体に流れる「生体電気」の乱れを改善することから、アルミホイルを指先に巻くことによって同様の効果を得ようと試みたのが『アルミホイル指輪』です。
 
 
ちなみにアルミホイル指輪で得られる健康効果は以下の通りとなっています。
 
 
 

(1)頭痛:左手の薬指の付け根(三焦経の刺激)
 
(2)肩こり:左手の人差し指の第二関節上(商陽の刺激)
 
(3)腰痛:女性は右足、男性は左足の人差し指の付け根(内庭)
 
(4)便秘:左手人差し指の付け根(商陽、大腸経)
 
(5)生理痛:右足の小指の爪の付け根(至陰の刺激)
 
(6)冷え性:左手小指の爪の付け根(少沢、少衛)
 
出典:週刊ポスト2014年4月4・11日号(ライブドアニュースより)


» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます