71_20150908000810155.png





■偏った食生活が健康を阻害する


肉中心の食生活は様々な弊害を呼び起こします。象徴的なのが血流が悪化することによる「微小循環障害」です。そのまま放置してしまうと、体のいたるところが不調になります。


微小循環障害に陥ると、体の隅々にまで血やその他のエネルギーが行き届かなくなりますので、微小循環障害は肩や腰の痛みや手足のしびれなどの原因となります。


肉などの動物性たんぱく質は消化するのに手間と時間がかかるため、沢山食べすぎてしまうとタンパク質の消費不良が起こります。そうなると胃炎や腸炎になる可能性が高まります。







» 記事の続きを読む