悪玉菌のタグ記事一覧


タグ:悪玉菌

悪玉菌のタグが付いた記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

食品の効果効能
    ■ 悪玉菌の増殖度は恐ろしいほど速かった? 今回は腸内細菌についてなんですが、最近ようやく腸内細菌の重要性が色々なメディアで取り上げられるようになりました。腸内細菌は人間の心と体の健康を保つうえで非常に重要な役割を担っています。  腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌(どっちつかずの状態)が存在し、善玉菌が急に減りすぎたり、悪玉菌が増えすぎると様々な体調不良を引き起こします。ですので、腸内細菌は...

記事を読む

健康法
     ■ 腸の凄すぎる働きについて! 腸は第二の脳といわれるくらい重要な役割を担っている器官です。腸は食べ物の消化・吸収・排泄だけでなく、「セロトニン」や「オキシトシン」といった、いわゆる幸せホルモンと呼ばれる脳内物質の分泌の約90%は腸によるものです。  つまり、人が幸せに生きるか、あるいは不幸を背負って生きるかは、腸の状態で決まると言っても過言ではないほど腸の役割は非常に重要なんです。ちなみ...

記事を読む

食品の効果効能
    ■ 今回のテーマはヤセ菌が増える食品 私たち人間の腸には、大雑把にいうと善玉菌、悪玉菌、日和見菌の三つがあり、善玉菌が増えると次第に腸内環境が整います。そして、ヤセ菌を増やす=善玉菌を増やすことです。  ヤセ菌が増えれば増えるほど痩せやすい体質に改善されます。また、ビフィズス菌などの善玉菌が腸内で増えることによって、免疫力アップも期待できます。  リバウンドを抑えるためにも、ヤセ菌を増やすた...

記事を読む

食材の効果効能について
     ■ 腸を大切にしてください 腸は第二の脳と言われるほど体の器官の中で重要な役割を果たしています。意外に思われるかもしれませんが、セロトニンなどの脳内ホルモンの分泌を調整する働きがあるため、腸の働きが悪化するとメンタルにも悪影響を及ぼします。  しかし、それほど重要な臓器でありながら、普段存在が忘れられがちな存在ですよね。殘念ながら人は何らかしらの問題が起きときにしか重要性を見いだせません。...

記事を読む

腸内環境を良くする9つの食品の健康効果が凄い!腸内の善玉菌を増やして代謝、免疫力、脂肪燃焼効率をアップ!

 
intestinal_environment.jpg

 
 
 

■ 悪玉菌の増殖度は恐ろしいほど速かった?


 
今回は腸内細菌についてなんですが、最近ようやく腸内細菌の重要性が色々なメディアで取り上げられるようになりました。腸内細菌は人間の心と体の健康を保つうえで非常に重要な役割を担っています。
 
 
腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌(どっちつかずの状態)が存在し、善玉菌が急に減りすぎたり、悪玉菌が増えすぎると様々な体調不良を引き起こします。ですので、腸内細菌はバランスが非常に重要になります。
 
 
 
 

『 悪玉菌が増える = 腸内環境悪化? 』


 
肥満の人は、このバランスが著しく悪いため、太りやすい体質になってしまうわけですが、この状態をさらに放置してしまうと、悪玉菌が勢いを増して繁殖してしまいます。
 
 
そうなると、肝臓がんをはじめ、がんを発症させてしまうリスクが高まってしまうことが最近の研究結果によって明らかになっていますが、しかし、だからといって悪玉菌だけを減らしても健康を維持できません。バランスが重要なんです。
 
 
 
 
 
colon.jpg
 
 
 

『 腸内細菌の役割とは? 』


 
腸内細菌の主な役割は以下の通りとなっています。
 
 
●アミノ酸やビタミンなどの栄養素を作る
 
●免疫機能を正常に作動させるスイッチ
 
●消化管内の働きを守る
 
 
 
good_bacteria.jpg

 
 

善玉菌の役割とは?
 
・美容や健康に欠かすことができないビタミン類を生成する(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンK)
・免疫力を高めて傷や病気の治りを早くする
・がんなどの病気の予防
・老化を防止する
・コレステロール値を下げる
・悪玉菌が増える(悪さする)のを抑える
 
 
 
悪玉菌の役割とは?
 
・腸内を腐らせる
・おならを発生させる
・発がん物質など有害物質を作り出す
・肝臓などの内臓器官に負担をかける
 

 
 
いかに腸内細菌が重要かおわかり頂けたかと思います。ということで、今回は過去50年間に渡る腸内最近の研究結果を大変分かりやすくまとめている Yu Suzuki さんの記事と動画をあわせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

結腸をキレイにする健康効果が凄い!腸内環境を良くする6つの方法!大腸ガン、直腸癌、大腸ポリープ、便秘の予防に!

 
colon_12271.jpg
 
 
 
 

■ 結腸に問題を抱えている人が急増している理由とは!?<


 
アメリカでは、5千万人以上の人たちが胃や腸の状態に何かしらの問題を抱えていると言われています。
 
 
胃や腸の問題でまず考えられるのが食品です。今現在私たちが口にする食品の多くが消化に必要な栄養素が不足しています。
 
 
このため、腸内環境が著しく悪化し、大腸炎、慢性的な便秘、酸逆流、過敏性腸症候群、大腸がんなどの健康問題につながります。
 
 
本来腸の働きが正常であれば、食べ物が私たちの体を通過するまでに24時間もかかりません。
 
 
しかし、現在の食品(特に酵素、繊維、栄養素を欠いた加工食品)の場合、腸を通過するのに約70時間かかるとされており、この結果として腸内環境が毒素まみれとなり、大量の老廃物が発生するため、様々な体調不良を引き起こします。
 
 
 
 

▼ 『 腸の働きの重要性 』


 
腸の動きは、健康状態を示す良い指標です。
 
 
毎日最低1回の排便がなければ、将来的に様々な病気を引き起こすリスクがあります。
 
 
そして、加工食品ばかり食べて定期的に運動しないと、さらにリスクが高まります。
 
 
こうした食に対する意識を改善するのも大切ですが、同時に結腸をきれいにすることが非常に重要です。
 
 
結腸をキレイな状態に保つことによつて消化機能も良い状態に保てますし、免疫機能の強化にも繋がります。
 
 
 
 

▼ 『 結腸洗浄とは? 』


 
結腸をきれいに一番手っ取り早い方法として「結腸洗浄」があげられます。
 
 
医療機関で行う場合、保険適応外なので1回あたり1万円ほどかかりますが、その価値は十分あります。
 
 
また、自宅で出来るセルフキットもありますが、取扱には最新の注意が必要です。
 
 
いずれにしても、結腸洗浄を行う場合、事前に医師に相談してから行う必要があります。
 
 
これらを利用したくないのであれば、まず生活習慣を改めて結腸をきれいな状態に保ちましょう。
 
 
腸内環境が改善すれば、それまで抱えていた体調不良も次第に改善し、消化も良くなるので自然と痩せる体質に改善します。
 

» 記事の続きを読む

腸内の善玉菌を増やして病気知らずの体に!腸がキレイになると血流が改善して動脈硬化、アレルギー、ガンの予防に!

 
intestine_12201.jpg
 
 
 
 

■ 腸の凄すぎる働きについて!


 
腸は第二の脳といわれるくらい重要な役割を担っている器官です。腸は食べ物の消化・吸収・排泄だけでなく、「セロトニン」や「オキシトシン」といった、いわゆる幸せホルモンと呼ばれる脳内物質の分泌の約90%は腸によるものです。
 
 
つまり、人が幸せに生きるか、あるいは不幸を背負って生きるかは、腸の状態で決まると言っても過言ではないほど腸の役割は非常に重要なんです。ちなみに脳死したとしても、腸は単独でしばらくの間は機能します。
 
 
 
 

『 免疫細胞の約60%が腸の中にある! 』


 
しかし、腸が完全に死んでしまうと、脳の働きも完全に停止します。それくらい重要な器官でありながら、多くの人が腸の重要性に気がついていないため、腸内環境を悪化させ、自ら体調不良を引き起こしています。
 
 
上図にありますとおり、免疫細胞の約60%が腸内にあるため、腸の働きを悪化させてしまうと免疫機能そのものが低下してしまいますので、心と体の健康のためにも腸内環境を常に良い状態に保つ必要があります。
 
 
 
 

『 悪玉菌が増えると様々な病気の原因に! 』


 
また、腸内環境が悪化すればするほど、いわゆる善玉菌(ヤセ菌)が減り、悪玉菌が増えてしまうので、さらに心と体の健康が蝕まれてしまいます。ではどうすればいいか?。腸内環境を改善すればいいんです。
 
 
腸がキレイになると、がん、生活習慣病、アレルギー、うつ、肥満などを予防できますし、腸の働きが良くなれば自律神経のバランスも良くなるので、体全体の働きが良くなります。こうした理由から最強の健康法は実は「腸活」なんです。
 
 
今回は腸内環境を改善するメリットについて自分史上最高の腸になる!腸で酵素をつくる習慣(高畑宗明著)をベースに分かりやすく解説しているダイヤモンド・オンラインさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ

ヤセ菌を増やし痩せ体質になる食品5選!ヤセ菌を増やしてラクして痩せよう!


weight_loss_bacteria_12151.jpg
 
 
 
 

■ 今回のテーマはヤセ菌が増える食品


 
私たち人間の腸には、大雑把にいうと善玉菌、悪玉菌、日和見菌の三つがあり、善玉菌が増えると次第に腸内環境が整います。そして、ヤセ菌を増やす=善玉菌を増やすことです。
 
 
ヤセ菌が増えれば増えるほど痩せやすい体質に改善されます。また、ビフィズス菌などの善玉菌が腸内で増えることによって、免疫力アップも期待できます。
 
 
リバウンドを抑えるためにも、ヤセ菌を増やすために善玉菌を増やしながらしっかり腸内環境を整えることが大切です。ということで今回はヤセ菌(善玉菌)を増やす食品5選のご紹介をさせていただきます。

» 記事の続きを読む

腸内の善玉菌を増やして「大腸がん」を予防!「腸内の善玉菌」を増やす食品5選!血流を改善して免疫機能を強化!

 
colon_1261.jpg
 
 
 
 

■ 腸を大切にしてください


 
腸は第二の脳と言われるほど体の器官の中で重要な役割を果たしています。意外に思われるかもしれませんが、セロトニンなどの脳内ホルモンの分泌を調整する働きがあるため、腸の働きが悪化するとメンタルにも悪影響を及ぼします。
 
 
しかし、それほど重要な臓器でありながら、普段存在が忘れられがちな存在ですよね。殘念ながら人は何らかしらの問題が起きときにしか重要性を見いだせません。
 
 
ですので、便秘や下痢、消化不良などが起こってようやくその存在の大きさに気づきます。しかしながら大腸・小腸・直腸など、「腸のがん」は日本人の死因で上位にあり、とくに大腸がんに関しては、女性のがん死亡原因の1位になっています。
 
 
 
 
 

■ 大腸がんの原因とは?


 
2015年に亡くなられた俳優の今井雅之さんも死因は大腸がんでした。大腸がんの患者数は過去30年間で5倍(10万人超)になっています。大腸がんは症状が出にくいため、痔と間違えて放置してしまうケースが少なくありません。
 
 
ちなみに大腸がんは、大腸の細胞にタンパク質が蓄積されて、細胞を増殖させる遺伝子の働きが活発化し、がんの増殖が進行することで発症しますので、タンパク質が豊富に含まれる食事ばかり摂ると腸内環境が著しく悪化して、発症するリスクが高まります。
 
 
すでに食の欧米化が進み過ぎているので、50歳以上の中高年だけが発症する病気ではありません。しっかり大腸がんを予防するためにも、腸内環境を改善する生活習慣がなにより大切です。
 
 
 
 
colon_1262.jpg
 
 
 

『 腸を善玉菌が住みやすい環境にする! 』


 
今井さんが逝去される1ヶ月前に行われた記者会見の場に現れたときのやせ細った姿が今だに忘れることができません。闘病生活がいかに壮絶なものであるかを思い知らされました。
 
 
それくらい腸は人が健康にいきるために重要な役割を果たす臓器なので、常に腸内環境を良い状態にしなければなりません。そのためにも腸内細菌(善玉菌)の住みやすい環境にすることが大切です。
 
 
今回は腸内環境を改善すべく、善玉菌が生きやすい状態にするためにどうすればいいか、わかりやすく解説している記事と大手食品メーカーのフジッコが善玉菌の働きについて解説している記事を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます