幸せホルモンのタグ記事一覧


タグ:幸せホルモン

幸せホルモンのタグが付いた記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

健康法
     ■ 人はなぜストレスに苦しめられるのか!? 幸せホルモンの一つである「セロトニン」は、心と体を安定させるために欠かすことが出来ない神経伝達物質です。  セロトニンが不足すると、うつ病などの精神疾患を誘発することになるわけですが、実はセロトニンが不足している人が増えています。  意外に思われるかもしれませんが、女性の方が不足している人が多い状況にあります。  その結果として、うつ病を発症する...

記事を読む

その他
     ■ 日本の成人女性に不足しているものとは?!  「笑い」による様々な効能がここにきて再び注目を集めています。  何かとストレスの多い現代において人々は笑うことを心から渇望しているのかもしれません。  事実、多くの成人女性が様々な症状に苦しめられている原因の一つに笑いが不足している点があげられます。  悲しいことに日本の成人女性は、日々の暮らしの中で子供の30分の1以下しか笑っていません。  ...

記事を読む

食品の効果効能
     ■ セロトニンとは!? 幸せホルモンの一つである「セロトニン」は脳と腸で生成(9割りが腸)され、精神を安定させる優れた効能・効果があります。  腸内環境を改善することによってセロトニンの分泌が活発化します。  セロトニンが不足すると精神のバランスが崩れてイライラしやすくなったり、気分がモヤモヤしたり、落ち込みやすくなったりします。  また、最悪の場合はうつ病を引き起こしてしまうリスクがあり...

記事を読む

その他
     ■ ストレスを解消しようとするとストレスが激増! 人を苦しめるものにストレスがあります。ストレスをお酒やショッピングなどで解消しようとするとかえってストレスが大きくなって自分のもとに帰ってきます。  お酒を飲めば飲むほど、買い物すればするほど辛いことがやってきます。これに早くきづかないと辛いことばかりでなく、依存症になってしまうので、おすすめできません。     ■ ストレスを感じるのはセロ...

記事を読む

健康法
     ■ 天才はウォーキングが大好き!? ウオーキングは有酸素運動の中で、もっとも気軽に出来るので、老若男女を問わず幅広い世代に親しまれていますが、多くの方が健康を目的に行っていると思います。  しかし、ウォーキングは、脳を効果的に刺激するので認知症予防などにもいいですし、また、想像力を掻き立てて、人が本来持っているクリエイティブな側面を引き出してくれます。  確かにウォーキングは他の運動よりも...

記事を読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

幸せホルモン「セロトニン」は約95%腸で作られる!腸がきれいになるとセロトニンが増えて心と体がもっと健康に!

 
bowel_condition_01071.jpg
 
 
 
 

■ 人はなぜストレスに苦しめられるのか!?


 
幸せホルモンの一つである「セロトニン」は、心と体を安定させるために欠かすことが出来ない神経伝達物質です。
 
 
セロトニンが不足すると、うつ病などの精神疾患を誘発することになるわけですが、実はセロトニンが不足している人が増えています。
 
 
意外に思われるかもしれませんが、女性の方が不足している人が多い状況にあります。
 
 
その結果として、うつ病を発症する人は比率でいうと女性の方が男性よりも多いです。
 
 
なぜセロトニンが不足してしまうのかというと、その原因は「ストレス」です。
 
 
 
 

▼ イライラ、不安、考え過ぎはセロトニン不足が原因!?


 
セロトニンは脳と腸で生成され、精神を安定させる働きがあるわけですが、長期間に渡って強いストレスにさらされると自律神経のバランスも悪化します。
 
 
ですので、腸を含めた身体中の器官の働きが乱れてしまい、様々な体調不良を引き起こす原因となります。
 
 
そうならないためにもセロトニンを意識して増やす必要があります。
 
 
そのために「脳」と「腸」の状態と取り巻く環境をしっかり整えなければなりません。
 
 
腸の働きが悪化して真の健康は得られません。
 
 
それほど腸は人間の心と体の健康にとって大事な臓器です。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

人は笑うことでもっと幸せになる!凄すぎる笑いの5つの効果!笑いで幸せホルモン「セロトニン」がドバドバ出る!

 
smile_12282.jpg
 
 
 
 

■ 日本の成人女性に不足しているものとは?!


 
「笑い」による様々な効能がここにきて再び注目を集めています。
 
 
何かとストレスの多い現代において人々は笑うことを心から渇望しているのかもしれません。
 
 
事実、多くの成人女性が様々な症状に苦しめられている原因の一つに笑いが不足している点があげられます。
 
 
悲しいことに日本の成人女性は、日々の暮らしの中で子供の30分の1以下しか笑っていません。
 
 
これでは、日常的に否応なしに抱え込んでしまうストレスによって様々な症状に苦しめられてしまうのも無理ありません。
 
 
そこで大切なのが笑うことなです。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

朝カレーで幸せホルモン「セロトニン」がドバドバ出る!?朝カレーで基礎代謝と免疫力を高めて元気モリモリ!

 
Curry_and_rice_12151.jpg
 
 
 
 
■ セロトニンとは!?
 
幸せホルモンの一つである「セロトニン」は脳と腸で生成(9割りが腸)され、精神を安定させる優れた効能・効果があります。
 
 
腸内環境を改善することによってセロトニンの分泌が活発化します。
 
 
セロトニンが不足すると精神のバランスが崩れてイライラしやすくなったり、気分がモヤモヤしたり、落ち込みやすくなったりします。
 
 
また、最悪の場合はうつ病を引き起こしてしまうリスクがあります。
 
 
誰もが不安や恐れなどネガティブな思考や感情に翻弄されること無く精神的に安定した生活を送りたいと願っていますよね。
 
 
しかし、テロや経済不況などの社会的不安が世界的に広がっている状況では、不安なことを考えないようにするほうが難しいですよね。
 
 
気を楽に持とうとすればするほど苦しくなります。
 
 
 
Serotonin_secretion_12151.jpg
 
 
 

▼ セロトニンの分泌力を高める食品とは!?


 
それよりも、セロトニンの分泌を活発化させたほうが、簡単に心と体をリラックスさせることができます。
 
 
そのためには脳と腸の両方を整えなければなりません。
 
 
ちなみにセロトニンを増やしてくれる食品は以下のとおりです。
 
 

【セロトニンを増やす食品】
 
(1)牛乳
(2)チーズ
(3)ヨーグルト
(4)豆腐
(5)納豆
(6)しょうゆ
(7)味噌
(8)カツオ
(9)マグロ
(10)アーモンド・ピーナッツ
(11)バナナ
(12)小麦胚芽
(13)卵
 

 
Serotonin_secretion_12152.jpg
 
 
 

▼ カレーがセロトニンの分泌力を高める!?


 
これらの食品を摂取しながらセロトニンの分泌を活性化するのも一つの手ですが、もっと効率よくセロトニンの分泌を活性化する方法があります。
 
 
それがカレーライスを食べることです。
 
 
そう、みんなの大好きなあのカレーです。
 
 
ということで、今回はカレーライスを食べることによって、セロトニンの分泌を活性化させる方法についてまとめたロケットニュース24さんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

幸せホルモン「セロトニン」の健康効果が凄い!自律神経が整って睡眠の質が改善!記憶力低下、PMS、うつ病の予防に!

 
Serotonin_secretion_1281.jpg
 
 
 
 

■ ストレスを解消しようとするとストレスが激増!


 
人を苦しめるものにストレスがあります。ストレスをお酒やショッピングなどで解消しようとするとかえってストレスが大きくなって自分のもとに帰ってきます。
 
 
お酒を飲めば飲むほど、買い物すればするほど辛いことがやってきます。これに早くきづかないと辛いことばかりでなく、依存症になってしまうので、おすすめできません。
 
 
 
 
 

■ ストレスを感じるのはセロトニン不足の証拠!?


 
強いストレスを感じているとき人は、どうしてもそのことばかり考えてしまうので、ストレスがあったことさえ忘れてしまう状態にもっていけばいいわけです。そうしないと頭から離れることはありません。
 
 
その一つの方法として幸せホルモン「セロトニン」を増やすことによって比較的容易に実現できます。このセロトニンは、脳内で作られる脳内ホルモン(神経伝達物質)の一つで、強いストレスを感じているときは、セロトニンが不足しています。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

ウォーキングは最強の脳トレ!歩きながら脳を活性化して記憶力や認知機能の低下、アルツハイマー型認知症の予防に!

 
walking_effect_291.jpg
 
 
 
 

■ 天才はウォーキングが大好き!?


 
ウオーキングは有酸素運動の中で、もっとも気軽に出来るので、老若男女を問わず幅広い世代に親しまれていますが、多くの方が健康を目的に行っていると思います。
 
 
しかし、ウォーキングは、脳を効果的に刺激するので認知症予防などにもいいですし、また、想像力を掻き立てて、人が本来持っているクリエイティブな側面を引き出してくれます。
 
 
確かにウォーキングは他の運動よりもダイエット効果は低いかもしれませんが、それをも上回るウォーキングのメリットは計り知れません。アインシュタインやスティーブ・ジョブズなど歴史に名を残した天才たちもウォーキングで数々のアイディアを生み出し、偉業を成し遂げています。
 
 
 
 
 

■ ウォーキングで時代を変えるアイディアを生み出す!


 
例えば1970年代に設立し、2000年代には時価総額世界一の企業となった「アップル」の創業者であるスティーブ・ジョブズ氏は若い頃から瞑想とウォーキングを周囲が呆れくらい頻繁に行っていたようです。
 
 
あの独創的なアイディアはデスクでじっと考えているだけでは生まれませんよね。もしかしたらウォーキングをしていなければ生まれなかったかもしれません。

» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます