520180810hm.png
 
 
 
■ 左向きで寝るだけで健康になる!?
 
 
突然ですが、あなたは寝るときに右と左どちらを向いて寝ていますか?。ちなみに私は、ここ2~3年左向きを意識しながら毎晩寝ています。左向きに寝ることでリンパと血流を良い状態を保つことができます。また、睡眠の質も高まるので翌日に疲れが残らなくなりました。
 
 
以前よりも少ない睡眠時間(4~5時間)でも、気持ちよく起きることができますし、脳も朝らかクリアです。最初の頃はベットと壁の隙間に布団をまるめて寝ていたのですが、最近はそのようなことをしなくても左向きの状態を保ったまま寝れるようになりました。
 
 
アーユルヴェーダ(サンスクリット語で「生命科学」という意味)の大家John Douillard博士によりますと、左向きに寝ることによって様々な健康効果がもたらされると論文や著書などで力説しています。
 
 
 
12872017401ht.png
 
 
 
『 左向きに寝ることで睡眠の質が飛躍的に向上! 』
 
 
古今東西、睡眠方法には色々なスタイルと考え方がありますが、今回ご紹介させていただく「左向きに寝る」だけの非常にシンプルなこの方法は、他のどの睡眠方法よりもメリットが多いです。
 
 
「左向きに寝る」睡眠方法は、ストレスフルな現代社会を生きるうえで心と体の健康を維持するために欠かすことのできない「睡眠」の質を最大限に高めることが出来る大変優れた健康法です。
 
 
今回は、John Douillard博士が欧米の科学誌に発表した「左向きに寝る8つの健康効果」を以下のとおりまとめさせていただきました。睡眠の質を高めるための一つの方法として、お役に立てれば幸いです。

» 記事の続きを読む