crooked_sleep_01061.jpg
 
 
 
 

■ 寝違えの原因は寝相が悪いからではい?


 
私はストレスで睡眠の質が悪化すると寝ている間に何度も寝がえりを打つクセがあり、そのたびに首を寝違えていました。
 
 
このため大事なプレゼンの当日に首を寝違えてしまうことが過去に何度かありまして、辛い首の痛みに気を取られてしまい、100%自分が納得する形でプレゼンできなかったことが今でも悔やまれます。
 
 
寝違えは、その日に限って特別寝相が悪かったから生じてしまったわけではなく、ある程度の期間身体へ何らかしら余計な負担がかかっていることを示すサインなのだそうです。
 
 
 
 

▼ もがけばもがくほど痛みが増す


 
首自体に何かしらの症状が出ているか、もしくは別の病気が原因で寝違えてしまうのだとか。
 
 
ですので、痛みをこらえながら自分で首をマッサージしても痛みがますばかりで中々治りません。
 
 
私のケースで言うと、仕事を休むほどの痛みではないのですが、動くたびに首の周りがズキズキ痛むので、動く度にストレスが増えていく感じで、イライラが募ります。
 
 
その状態を放置してしまうと次第に自律神経が乱れて様々な体調不良を引き起こす原因になるので、放置せずにできるだけ早い段階で治療する必要があります。

» 記事の続きを読む