大腸がんのタグ記事一覧


タグ:大腸がん

大腸がんのタグが付いた記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

がんの予防と対策
    ■ 大腸がんは男女ともに死亡原因の上位に!  ここ日本でも食の欧米化が依然として進んでいることから、大腸がんを患う人が年々右肩上がりで増えていまして、男女ともに大腸がんはガン全体の上位(男性は3位、女性は1位)にあります。  私個人的に大好きだった俳優の今井雅之さんも大腸がんを患い、壮絶な闘病生活の末、2015年5月28日に52歳という若さで亡くなりました。今井さんは、亡くなる前年の後半に入...

記事を読む

がんの予防と対策
       ■大腸がんとは?  昨年女優の仁科亜季子さんが、「大腸がん」の手術を受けたことが大きな話題となりました。というのも仁科亜季子さんは、38歳のときに初めて「子宮頸がん」を発症し、46歳のときには胃がんを発症しているので、今回で3度がんを患っているためです。  大腸がんは、他の臓器のがんと比べて治りやすい反面再発リスクが高いとされています。大腸がんは、盲腸、結腸、直腸に発症した「悪性腫瘍...

記事を読む

大腸がんの見逃してはならない9つの症状!大腸がんの発症を抑える安全な予防法とは!?大腸がんを早期発見するには?

 
389420180219ht.png
 
 
 
■ 大腸がんは男女ともに死亡原因の上位に!
 
 
ここ日本でも食の欧米化が依然として進んでいることから、大腸がんを患う人が年々右肩上がりで増えていまして、男女ともに大腸がんはガン全体の上位(男性は3位、女性は1位)にあります。
 
 
私個人的に大好きだった俳優の今井雅之さんも大腸がんを患い、壮絶な闘病生活の末、2015年5月28日に52歳という若さで亡くなりました。今井さんは、亡くなる前年の後半に入って突然体調不良に見舞われたようです。
 
 
しかし、かかりつけの病院では検査設備に乏しいため、今井さんは忙しい合間を塗って色々な医療機関を渡り歩くこととなり、その結果として大腸がんの発見が大幅に遅れてしまったのだとか。
 
 
 
 
 
395420180219ht.png
 
 
 
■ レントゲン検査だけでは不十分?
 
 
レントゲン検査だけでは、見落とされてしまう可能性が高いとされていますが、進行がんですら見落とされてしまうケースが少なくないだけに、最近はMRIによる検査に注目が集まっています。
 
 
すでにMRI健診を行っている医療機関が増えていますが、病院によって独自の検査技術を確立しているところも多いので、どうしても病院によって検査の過程や結果に差がでます。
 
 
 
 
 
394420180219ht.png
 
 
 
■ 急激に増え続ける大腸がん!
 
 
日本人でがん死亡率が増え続けているのは、肺がんと大腸がんです。食の欧米化が急激に進んだ1980年頃に比べて男性で3.1倍、女性で2.8倍。2010年には約4万5000人も大腸がんで命を落としています。
 
 
大腸がんの発症リスクとして重要なのが「加齢」と「糖尿病」です。 特に糖尿病は、糖尿病でない人と比べて肝臓がんの発症リスクが1.97倍、膵臓がんの発症リスクが1.85倍、大腸がんの発症リスクが1.4倍となっています。
 
 
 
 
 
397420180219ht.png
 
 
 
■ 便秘を放置してはいけいない!?
 
 
日本では1億2千万あまりの人口のうち、約700万人が辛い便秘の症状に苦しめられています。便秘が続くと「宿便」という症状にたどり着くわけですが、その状態を放置すると、腹痛、肌荒れ、体臭、口臭といった症状を発症しやすくなります。
 
 
また、さらに放置してしまうと、腸内環境が致命的なまでに悪化してしまうので、いぼ痔、腸閉塞、さらには大腸がんを発症するリスクがより高まります。腸内観葉を良い状態にして、便秘を解消しましょう。

» 記事の続きを読む

仁科亜季子さんを襲った大腸がんの原因と予防するには?女性に多い大腸がんの再発リスクはなぜ高いの?

 
 
116_2016051900054737c.png
 
 
 
 
 
■大腸がんとは?
 
 
昨年女優の仁科亜季子さんが、「大腸がん」の手術を受けたことが大きな話題となりました。というのも仁科亜季子さんは、38歳のときに初めて「子宮頸がん」を発症し、46歳のときには胃がんを発症しているので、今回で3度がんを患っているためです。
 
 
大腸がんは、他の臓器のがんと比べて治りやすい反面再発リスクが高いとされています。大腸がんは、盲腸、結腸、直腸に発症した「悪性腫瘍」で、日本人の大腸がんの発生率は、直腸が最も多く35%、次いでS状結腸が34%となっています。
 
 
大腸がんは「腺腫」という良性腫瘍の一種が悪性化して発症するものと、腺腫は介さず、直接粘膜の正常細胞が、がん細胞に変化して急速進行する場合があります。早期の大腸がんでは、ほとんど自覚症状がありません。
 
 
進行した大腸がんでは腫瘍の大きさや発症部位で症状が異なります。左側の結腸がんでは、比較的早期から便に血が混ざっていたり、血の塊がでる症状がみられます。
 
 
また、腹痛や便秘と下痢を繰り返すといった症状が現れることも多く、そのまま放置してしまうと「腸閉塞」を発症してしまうこともありますので、十分注意が必要です。
 
 
直腸がんも大腸がんと同じような症状がみられますが、近接している「膀胱」に浸潤すると「排尿障害」や「血尿」などがみられることもあります。

» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます