坐骨神経痛のタグ記事一覧


タグ:坐骨神経痛

坐骨神経痛のタグが付いた記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

体の痛み不調の原因
    ■ 坐骨神経痛とは?  坐骨神経痛は、お尻から足の後ろ側にかけて生じる痛みやしびれ、麻痺などの症状のことをさします。ちなみに坐骨神経は腰から太股にある後大腿皮神経、膝部分の総腓骨神経、ふくらはぎにある脛骨神経などの大きな神経と足底神経などの小さな神経によって成り立ってます。  坐骨神経痛の原因として最も多いのが「椎間板ヘルニア」です。脊椎腫瘍、脊柱管狭窄症、脊椎分離症、脊椎すべり症なども坐骨...

記事を読む

体の痛み不調の原因
    ■ 坐骨神経痛とは!?  坐骨神経痛は、腰から痛みやしびれ、麻痺などの症状が生じ、お尻から足の後ろ側にかけて広がっていくのが特徴です。かなり広範囲に渡って痛みが生じるので、痛みが強くなると日常生活において体の動きが制限されます。  坐骨神経痛の主な原因は、我々人間の体の中で最も長い神経とされる「坐骨神経」が炎症を起こすことによって生じます。ちなみに坐骨神経は背骨から、お尻、脚の裏側にかけて通...

記事を読む

神経痛の予防と対策
      ■ 坐骨神経痛とは?  今回ご紹介させていただくYoutube動画にて吉田たかよし先生が解説しているとおり、今現在、中高年の間で坐骨神経痛に悩まされている方が非常に多いです。  しかし、実は坐骨神経痛は正式名称ではありません。以下の疾患の総称となっています。    (1)腰椎椎間板ヘルニア (2)梨状筋症候群 (3)変形性腰椎症 (4)腰部脊柱管狭窄症 (5)腰椎すべり症 (6)脊髄腫瘍 (7...

記事を読む

体の痛み不調の原因
■坐骨神経痛改善ストレッチ今回はヘルニアからくる坐骨神経痛を改善するためのストレッチのご紹介です。今現在、お尻から足にかけてしびれがでたり、痛みがでている人にぴったりのエクセサイズです。特別な運動能力は必要としない非常に簡単なものです。無理のない範囲内で毎日行なうと次第に痛みや痺れが改善されるので、このエクセサイズを習慣化することをお勧めします。【 出典 】 ストレッチ動画・健康/美容動画 みっけ! ...

記事を読む

腰回りを柔らかくする5つのストレッチ!血流を改善して筋力をアップ!坐骨神経痛、老化による筋肉低下の予防に利く!

 
4020171109ht.png
 
 
 
■ 坐骨神経痛とは?
 
 
坐骨神経痛は、お尻から足の後ろ側にかけて生じる痛みやしびれ、麻痺などの症状のことをさします。ちなみに坐骨神経は腰から太股にある後大腿皮神経、膝部分の総腓骨神経、ふくらはぎにある脛骨神経などの大きな神経と足底神経などの小さな神経によって成り立ってます。
 
 
坐骨神経痛の原因として最も多いのが「椎間板ヘルニア」です。脊椎腫瘍、脊柱管狭窄症、脊椎分離症、脊椎すべり症なども坐骨神経痛の原因とされています。
 
 
 
 
26982017401ht.png
 
 
 
『 坐骨神経痛になるのは中高年だけではない!? 』
 
 
20代から30代の若い世代においては「腰椎椎間板ヘルニア」「梨状筋症候群」が多く、高齢世代になると大半は「腰部脊柱管狭窄」と「腰椎椎間板ヘルニア」を原因として坐骨神経痛を引き起こします。
 
 
また、坐骨神経痛による痛みが腫瘍によって引き起こされているケースもあるので、病院でさえも診断するのは簡単なことではないようです。特に梨状筋が坐骨神経痛を圧迫することで生じる「梨状筋症候群」は難しいとされています。
 
 
 
 
 
22530170114.png
 
 
 
■ 坐骨神経痛に効くストレッチ5選
 
 
今回米国の健康情報サイト「Prevention」にて坐骨神経痛や腰痛予防などに良い効果をもたらすストレッチが5つほど紹介されていたので、こちらの方を動画と合わせてご紹介させていただきます。
 
 
5つのストレッチは坐骨神経痛の症状を緩和する効果があり、また、激しい運動をすることなく下半身の筋肉を強化することができるので下半身を強化しながら腰痛予防、老化に伴う筋力低下にも良い効果をもたらしてくれます。
 
 
筋肉量が増えることによって「血流」と「代謝」も改善されるので、ダイエット効果も期待できます。

» 記事の続きを読む

就寝前のストレッチで腰回りの筋肉を柔らかくして坐骨神経痛の痛みを緩和、肩こり、腰痛、骨盤の歪みの予防にも利く!

 
21220170501ht.png
 
 
 
■ 坐骨神経痛とは!?
 
 
坐骨神経痛は、腰から痛みやしびれ、麻痺などの症状が生じ、お尻から足の後ろ側にかけて広がっていくのが特徴です。かなり広範囲に渡って痛みが生じるので、痛みが強くなると日常生活において体の動きが制限されます。
 
 
坐骨神経痛の主な原因は、我々人間の体の中で最も長い神経とされる「坐骨神経」が炎症を起こすことによって生じます。ちなみに坐骨神経は背骨から、お尻、脚の裏側にかけて通っています。
 
 
坐骨神経痛は痛みには段階があって、極端に痛みが酷くなると、立ちあがることさえ困難になってしまいます。ただし、痛みが酷くても、この状態がずっと続くわけではなく、自然と治るのですが、冬場などは冷えから腰からお尻にかけてコリやすいので、痛みが緩和されにくいです。
 
 
 
 
32140170201hd.png
 
 
 
『 ストレッチで症状を改善できる!? 』

 
ですので、ストレッチを行ないながら、血行を改善し、コリを解消することで、坐骨神経痛の症状を改善・解消することができます。
 
 
ただし、ヘルニアが原因で坐骨神経痛が生じた場合は、ヘルニアの症状が改善されない限り治りません。その場合は自分で治療することが非常に困難で、手術を要する可能性が高いので、専門医を受診しなければなりません。
 
 
ということで、今回は坐骨神経痛に効く3つのストレッチを解説したPreventionさんの記事と動画をあわせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

坐骨神経痛の予防と改善について!坐骨神経痛の辛い痛みの正体とは?坐骨神経痛の原因がわかる痛みのメカニズム!

 
 
109401801012ht.png
 
 
 
 
■ 坐骨神経痛とは?
 
 
今回ご紹介させていただくYoutube動画にて吉田たかよし先生が解説しているとおり、今現在、中高年の間で坐骨神経痛に悩まされている方が非常に多いです。
 
 
しかし、実は坐骨神経痛は正式名称ではありません。以下の疾患の総称となっています。
 
 
61840161004.png

 
 

(1)腰椎椎間板ヘルニア
 
(2)梨状筋症候群
 
(3)変形性腰椎症
 
(4)腰部脊柱管狭窄症
 
(5)腰椎すべり症
 
(6)脊髄腫瘍
 
(7)骨盤内腫瘍
 

 
 
585960170301ht.png

 
 
■ 自己診断は危険!?
 
 
坐骨神経痛は上述した病気によって坐骨神経が圧迫を受けることで強い痛みが生じます。また、慢性化する可能性が非常に高いので、自己診断は非常に危険です。
 
 
坐骨神経痛の約9割は「腰椎椎間板ヘルニア」で、若者を中心に発症するケースが非常に多く、反対に中高年の間では変形性腰椎症を発症するケースが多いです。
 
 
ごくまれに脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍による坐骨神経痛もありますので、坐骨神経痛を放置するのは非常に危険です。きちんと医療機関を受診しなければなりません。
 
 
 
 
588960170301ht.png
 
 
 
『 坐骨神経痛の症状の特徴とは!? 』
 
 
坐骨神経痛はお尻や太もも、すね、ふくらはぎなどに強い痛みやしびれ、張り、締めつけ感が生じ、下半身の一部に強い痛みが生じることもあれば下半身全体の場合もあります。
 
 
症状が悪化すると歩けなくなってしまうので、できるだけ早く医療機関を受診しましょう。

» 記事の続きを読む

ヘルニアによる坐骨神経痛を改善する体操!坐骨神経痛辛い痛みやしびれにさようなら!



139_201509172244376cb.png





■坐骨神経痛改善ストレッチ


今回はヘルニアからくる坐骨神経痛を改善するためのストレッチのご紹介です。今現在、お尻から足にかけてしびれがでたり、痛みがでている人にぴったりのエクセサイズです。


特別な運動能力は必要としない非常に簡単なものです。無理のない範囲内で毎日行なうと次第に痛みや痺れが改善されるので、このエクセサイズを習慣化することをお勧めします。



【 出典 】
 
ストレッチ動画・健康/美容動画 みっけ!
 
大阪市中央区の接骨院「ほのか接骨院」
 
チャンネル登録はこちら
https://goo.gl/4RhDmW
 
 
 



» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます