善玉菌のタグ記事一覧


タグ:善玉菌

善玉菌のタグが付いた記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

その他
    ■ 腸を大切にしてください  腸は第二の脳と言われるほど体の器官の中で重要な役割を果たしています。意外に思われるかもしれませんが、セロトニンなどの脳内ホルモンの分泌を調整する働きがあるため、腸の働きが悪化するとメンタルにも悪影響を及ぼします。  しかし、それほど重要な臓器でありながら、普段存在が忘れられがちな存在ですよね。殘念ながら人は何らかしらの問題が起きときにしか重要性を見いだせません。...

記事を読む

健康食材
   ■ 今回のテーマはヤセ菌が増える食品 私たち人間の腸には、大雑把にいうと善玉菌、悪玉菌、日和見菌の三つがあり、善玉菌が増えると次第に腸内環境が整います。そして、ヤセ菌を増やす=善玉菌を増やすことです。  ヤセ菌が増えれば増えるほど痩せやすい体質に改善されます。また、ビフィズス菌などの善玉菌が腸内で増えることによって、免疫力アップも期待できます。  リバウンドを抑えるためにも、ヤセ菌を増やすため...

記事を読む

その他
   ■ 腸の働きを良くすれば人生はもっと上手くいく!?  先日、順天堂大学医学部附属順天堂医院の小林弘幸先生の著書「 人生を決めるのは脳が1割、腸が9割! 」を読み、改めて腸の持つ優れた機能に驚かされました。小林先生は順天堂大学医学部附属順天堂医院の便秘外来に勤務する現役の医師です。  数年先まで予約が埋まっている状況にありながら、毎年必ず自律神経と腸活、便秘などに関する著書が出版され、出す本すべて...

記事を読む

各種健康法
    ■ 腸と健康の関係  今回ご紹介させていただくエクセサイズは、以前TBS系列で放送されていた「教科書にのせたい!」という番組で「腸」の働きについて特集されたものです。あの順天堂大学医学部の小林弘幸教授が出演されていて、腸の働いを活発化させるエクセサイズを紹介しています。  腸のトラブルというと便秘があげられます。便秘で苦しんでいる方が日本国内だけでも500万人以上いるとされています。20代から3...

記事を読む

その他
     ■ ヨーグルトは糖尿病の予防に効果あり!  ヨーグルトは健康と美容似た方面で効く万能食ですが、ヨーグルトを毎日食べることによって腸内に善玉菌が増えるため、糖尿病を予防することができるということが米国研究機関の調べによって明らかになっています。  私は毎晩ヨーグルトを200mgほど食べています。また、朝食に必ず納豆を1パック食べているので、腸内の働きがそれ以前とは比較にならないほど良い状態に...

記事を読む

腸内の善玉菌を増やして「大腸がん」を予防!「腸内の善玉菌」を増やす食品5選!血流を改善して免疫機能を強化!

 
11820171013ht.png
 
 
 
■ 腸を大切にしてください
 
 
腸は第二の脳と言われるほど体の器官の中で重要な役割を果たしています。意外に思われるかもしれませんが、セロトニンなどの脳内ホルモンの分泌を調整する働きがあるため、腸の働きが悪化するとメンタルにも悪影響を及ぼします。
 
 
しかし、それほど重要な臓器でありながら、普段存在が忘れられがちな存在ですよね。殘念ながら人は何らかしらの問題が起きときにしか重要性を見いだせません。
 
 
ですので、便秘や下痢、消化不良などが起こってようやくその存在の大きさに気づきます。しかしながら大腸・小腸・直腸など、「腸のがん」は日本人の死因で上位にあり、とくに大腸がんに関しては、女性のがん死亡原因の1位になっています。
 
 
 
 
 
12020171013ht.png
 
 
 
■ 大腸がんの原因とは?
 
 
一昨年5月に亡くなられた俳優の今井雅人さんも死因は大腸がんでした。大腸がんの患者数は過去30年間で5倍(10万人超)になっています。大腸がんは症状が出にくいため、痔と間違えて放置してしまうケースが少なくありません。
 
 
ちなみに大腸がんは、大腸の細胞にタンパク質が蓄積されて、細胞を増殖させる遺伝子の働きが活発化し、がんの増殖が進行することで発症しますので、タンパク質が豊富に含まれる食事ばかり摂ると腸内環境が著しく悪化して、発症するリスクが高まります。
 
 
すでに食の欧米化が進み過ぎているので、50歳以上の中高年だけが発症する病気ではありません。しっかり大腸がんを予防するためにも、腸内環境を改善する生活習慣がなにより大切です。
 
 
 
 
11920171013ht.png
 
 
 
『 腸を善玉菌が住みやすい環境にする! 』
 
 
今井さんが逝去される1ヶ月前に行われた記者会見の場に現れたときのやせ細った姿が今だに忘れることができません。闘病生活がいかに壮絶なものであるかを思い知らされました。
 
 
それくらい腸は人が健康にいきるために重要な役割を果たす臓器なので、常に腸内環境を良い状態にしなければなりません。そのためにも腸内細菌(善玉菌)の住みやすい環境にすることが大切です。
 
 
今回は腸内環境を改善すべく、善玉菌が生きやすい状態にするためにどうすればいいか、わかりやすく解説している記事と大手食品メーカーのフジッコが善玉菌の働きについて解説している動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

ヤセ菌を増やし痩せ体質になる食品5選!ヤセ菌を増やしてラクして痩せよう!


6820200703.png
 
 
 

■ 今回のテーマはヤセ菌が増える食品


 
私たち人間の腸には、大雑把にいうと善玉菌、悪玉菌、日和見菌の三つがあり、善玉菌が増えると次第に腸内環境が整います。そして、ヤセ菌を増やす=善玉菌を増やすことです。
 
 
ヤセ菌が増えれば増えるほど痩せやすい体質に改善されます。また、ビフィズス菌などの善玉菌が腸内で増えることによって、免疫力アップも期待できます。
 
 
リバウンドを抑えるためにも、ヤセ菌を増やすために善玉菌を増やしながらしっかり腸内環境を整えることが大切です。ということで今回はヤセ菌(善玉菌)を増やす食品5選のご紹介をさせていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ

脳1割、腸9割で人生はもっと上手くいく!腸は第2の脳どころではない腸が持つ10の機能が凄すぎる!


3420181205hm.png
 
 
 
■ 腸の働きを良くすれば人生はもっと上手くいく!?
 
 
先日、順天堂大学医学部附属順天堂医院の小林弘幸先生の著書「 人生を決めるのは脳が1割、腸が9割! 」を読み、改めて腸の持つ優れた機能に驚かされました。小林先生は順天堂大学医学部附属順天堂医院の便秘外来に勤務する現役の医師です。
 
 
数年先まで予約が埋まっている状況にありながら、毎年必ず自律神経と腸活、便秘などに関する著書が出版され、出す本すべてベストセラーとなっています。それだけ現代人が抱えている問題に腸が深く関わっているんです。
 
 
腸は第二の脳といわれていますが、小林先生は人生を決めるのは脳が1割、腸が9割であると強く訴えています。「オキシトシン」などのいわゆる幸せホルモンは腸によって約9割ほど分泌されるので、腸の働きが悪化すれば心と体の健康は著しく損なわれます。
 
 
10620161019.png
 
 
 
『 善玉菌を増やして腸内環境を整える! 』
 
 
心と体の健康を維持する上で欠かすことのできない自律神経(交感神経と副交感神経)の働きを良くするためにも腸内環境を良い状態に保つ必要があります。そのためにも善玉菌を増やして腸内環境を整えなければなりません。
 
 
しかし、依然として腸の働きについて、あまり知られていませんよね。ということで、今回は腸に関する10の豆知識をわかりやすくまとめたカラパイアさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ

腸の働きを活性化すると自律神経が整って血流を改善!免疫機能を強化して便秘、肌トラブル、胃や腸の病気の予防に!

 
7320171113ht.png
 
 
 
■ 腸と健康の関係
 
 
今回ご紹介させていただくエクセサイズは、以前TBS系列で放送されていた「教科書にのせたい!」という番組で「腸」の働きについて特集されたものです。あの順天堂大学医学部の小林弘幸教授が出演されていて、腸の働いを活発化させるエクセサイズを紹介しています。
 
 
腸のトラブルというと便秘があげられます。便秘で苦しんでいる方が日本国内だけでも500万人以上いるとされています。20代から30代前半くらいまでは、男性よりも女性のほうが圧倒的に便秘に苦しむ人が多いのですが、、50代ではほとんど変わらないようです。
 
 
その理由として、腸の働きが著しく悪化することが上げられます。腸の働きが良くなれば、健康はもちろん、美容にも効きますので、かなりの部分で美容と健康に大きな効果があります。

» 記事の続きを読む

ヨーグルトの健康効果がすごい!善玉菌が増えて腸の働きが改善!血糖値の上昇を抑えて糖尿病など生活習慣病の予防に!

 
 
3264401801029ht.png
 
 
 
■ ヨーグルトは糖尿病の予防に効果あり!
 
 
ヨーグルトは健康と美容似た方面で効く万能食ですが、ヨーグルトを毎日食べることによって腸内に善玉菌が増えるため、糖尿病を予防することができるということが米国研究機関の調べによって明らかになっています。
 
 
私は毎晩ヨーグルトを200mgほど食べています。また、朝食に必ず納豆を1パック食べているので、腸内の働きがそれ以前とは比較にならないほど良い状態にあります。
 
 
まず、お通じが飛躍的に良くなり、血行もよくなったので、疲れにくい体になりましたし、脳の働きも良くなったので、記憶力もかなり良くなりました。仕事で当日起こったことを全て覚えています。ちなみに腸のはたらきは以下のとおりになります。
 
 
 
102750161015.png

102850161015.png
 
 
 
■ 悪玉菌を減らせば腸内環境がよくなるわけではない!
 
 
腸は食べたものを消化するだけではないんです。悪玉菌を全てやっつけてしまえばいいという単純な話ではなく、腸を良い状態に保つために善玉菌を増やしてやり、それぞれが棲み分けるのがいいようです。
 
 
また、ヨーグルトを食べるタイミングとしては、夜が一番いいようです。寝ている間に胃や腸の中で善玉菌が作られるからです。糖尿病予防以外にも沢山効果がありますので、メタボ対策の一貫としてヨーグルトをおすすめします。

» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます