原因のタグ記事一覧


タグ:原因

原因のタグが付いた記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

その他
      ■ なぜ嫉妬に苦しめられている人が増えているのか? いわゆる世間で成功者ともてはやされている人に対してならまだしも、とにかく自分より何か上手くいっている人を見ると嫉妬してしまい、嫉妬に苦しんでいる人が増えています。  その原因の一つが「SNS」です。一般の人たちが画像や動画でキラキラ輝いている自分をSNSプラットフォームに乗せて投稿して楽しんでいる半面、それを見て嫉妬してしまう人が大なり小なり...

記事を読む

体の痛み不調の原因
     ■ 腰痛のほとんどが原因不明? 今回は、TBSの健康情報番組「健康カプセル!ゲンキの時間」にて紹介されていた原因不明の腰痛の改善方法をご紹介させていただきます。  どんなに名医が診断しても、腰痛の直接的な原因が解明できるのは全体の15%程度なんだそうです。ちなみに腰痛は「特異的腰痛」、「非特異的腰痛」の二つに分かれます。  特異的腰痛は、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎変性すべり症などで、こ...

記事を読む

メンタルケア
     ■ パニック障害に苦しむ人が増えている!? パニック障害に苦しむ人たちが年々増えています。  実はパニック障害は決して珍しい病気ではなく、誰もが成り得る病気なんです。驚くべきことに日本国内にはパニック障害の患者数がすでに1000万人を超えています。  現時点で10人に1人がパニック障害を引き起こしている状態です。  パニック障害は突然不安や恐怖感に襲われ、動悸が激しくなり、呼吸をしているの...

記事を読む

健康法
      ■ いくら寝ても目覚めが悪い? これから寒さが日増しに厳しくなりますので、ふとんから中々出られなくなりますよね。すっきり目覚めることができないと、気持ち良く朝を迎えることが出来ません。  それくらい目覚めが大切なんですが、しっかり寝ているにもかかわらず寝たりない状態に陥るケースが増えてます。いくら長時間寝ても疲れが取れないのは問題です。  すっきり目覚めることを意識するだけで、睡眠の質は...

記事を読む

ストレッチ
     ■ 肩こりの5つの原因とは!? 首や肩のコリ、背中や腰の痛みに悩まされている方が増えています。しかも20代から30代前半くらいまでの比較的若い世代の人たちの間で急増しています。その原因の一つにスマホの長時間利用があげられています。  上図にありますとおり、肩こりや腰痛の5大原因として、血行不良、姿勢の悪さ、関節の歪み、運動不足、ストレスの5つがあげられます。スマホを長時間利用することで、知...

記事を読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

嫉妬の原因とは?嫉妬する人としない人の違いとは?嫉妬しない方法

 
 
envy.jpg
 
 
 
 

■ なぜ嫉妬に苦しめられている人が増えているのか?


 
いわゆる世間で成功者ともてはやされている人に対してならまだしも、とにかく自分より何か上手くいっている人を見ると嫉妬してしまい、嫉妬に苦しんでいる人が増えています。
 
 
その原因の一つが「SNS」です。一般の人たちが画像や動画でキラキラ輝いている自分をSNSプラットフォームに乗せて投稿して楽しんでいる半面、それを見て嫉妬してしまう人が大なり小なりいて、SNSの利用者が増えるのに比例して増えています。
 
 
出来れば嫉妬なんてしたくないと心の中で強く思いながら嫉妬してしまうとだんだん自分に対して不定的な考えを持つようになります。


悲しいことに自分を不定すれば不定するほど、自分を否定したくなる現実を引き寄せてしまうので、嫉妬→自己否定→嫉妬→自己否定→嫉妬→自己否定といった負のループを繰り返してしまいます。
 
 
できれば嫉妬しないで嫉妬のパワーを自分を成長させるためのパワーに置き換えることができれば、あらゆることが学びとなって人生を前向きに捉えることが出来るようになるのですが、それができないから苦しんでいるんですよね。
 
 
 
 
 

■ 嫉妬の原因は自分と他人を比較すること!


 
ところで嫉妬心ってなぜ起きるのでしょうか?。嫉妬の原因について、あなたは考えたことはありますか?。それは自分と相手を無意識のうちに比較してしまうからなんです。


比較しないかぎり嫉妬することはありません。事実他人に関心の無い人は嫉妬しないので、いつもマイペースです。
 
 
自分と他人を比較してしまう習慣というか癖がある人は嫉妬に苦しめられることになります。


「あの人はこうなのに自分はこうだ」、「あの人はあれを持っているけど自分はもっていない」、「あの人はあれが出来るのに自分はできない」といった具合に何かにつけて他人と自分を比較してしまうのです。


ですので、他人と自分を比較することをやめれば嫉妬に苦しめられることが無くなります。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

原因不明の腰痛を改善する意外な方法!原因はストレスによる脳の異常反応?

 
 
lower_back_pain1.jpg
 
 
 

■ 腰痛のほとんどが原因不明?


 
今回は、TBSの健康情報番組「健康カプセル!ゲンキの時間」にて紹介されていた原因不明の腰痛の改善方法をご紹介させていただきます。
 
 
どんなに名医が診断しても、腰痛の直接的な原因が解明できるのは全体の15%程度なんだそうです。ちなみに腰痛は「特異的腰痛」、「非特異的腰痛」の二つに分かれます。
 
 
特異的腰痛は、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎変性すべり症などで、このよように原因が特定できるものです。これらの腰痛の全体に占める割合は15%しかありません。
 
 
 
 

『 画像検査まで行っても腰痛の原因が分からない? 』


 
一方、非特異的腰痛は、その多くが原因不明となっています。しかも、画像検査まで行っても腰痛の原因が分かりません。つらい腰痛の治療を受ける側からすれば、不安になりますよね。
 
 
実はぎっくり腰も本当の原因はわからないんです。しかし、ぎっくり腰を患った方の大半は自然に治ります。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

パニック障害になりやすい人とは?パニック障害の原因と対策について!首のコリを解消すれば症状は改善する?

 
panic_disorder_12231.jpg
 
 
 
 

■ パニック障害に苦しむ人が増えている!?


 
パニック障害に苦しむ人たちが年々増えています。
 
 
実はパニック障害は決して珍しい病気ではなく、誰もが成り得る病気なんです。


驚くべきことに日本国内にはパニック障害の患者数がすでに1000万人を超えています。
 
 
現時点で10人に1人がパニック障害を引き起こしている状態です。
 
 
パニック障害は突然不安や恐怖感に襲われ、動悸が激しくなり、呼吸をしているのかしていないのか感覚的に分からなくなり、呼吸が早くなるという症状は、「パニック発作」と呼ばれています。
 
 
これらはパニック障害の基本となる特徴です。原因は色々言われていますが、ここ最近では耳周りから首にかけて極端なコリやはりが原因となって発症してしまうケースが増えているようす。
 
 
その最大の理由が「スマホ」などのデジタルデバイスの長時間利用とされています。
 
 
 
 
 

■ パニック障害になりやすい人とは!?


 
パニック障害になりやすい人の特徴は、こどものころから内気で人見知りが強すぎて、親のそばに張り付いていたようなタイプの人、不安や恐怖心が強いタイプの人が、なりやすいとされています。
 
 
そして、ストレスがピークに達したときに、パニック発作が起こりやすくなります。
 
 
パニック障害は圧倒的に女性に多く、なんと男性の3倍です。
 
 
パニック発作だけに絞ると3人に1人が体験している状態なので、誰もが引き起こす可能性がります。
 
 
しっかりパニック障害を予防するためにも、パニック障害についてきちんと理解する必要があります。
 
 
ということで今回はパニック障害についてわかりやすく解説した綺麗のトリセツさんの記事と耳周りのつぼをマッサージして首周りのコリを解消し、パニック障害の症状を改善させる方法を解説した動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

寝ても疲れが取れない5つの原因?睡眠の質を高めて疲労回復する方法!

 
 
sleepy_at_work.jpg
 
 
 
 

■ いくら寝ても目覚めが悪い?


 
これから寒さが日増しに厳しくなりますので、ふとんから中々出られなくなりますよね。すっきり目覚めることができないと、気持ち良く朝を迎えることが出来ません。
 
 
それくらい目覚めが大切なんですが、しっかり寝ているにもかかわらず寝たりない状態に陥るケースが増えてます。いくら長時間寝ても疲れが取れないのは問題です。
 
 
すっきり目覚めることを意識するだけで、睡眠の質は大きく改善されます。もし以下のケースに当てはまるようでしたら、その点を改善しましょう。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

肩こりの原因は肋骨の歪みだった?肋骨矯正ストレッチで肩こりを治す!

 
causes_of_stiff_shoulders.jpg
 
 
 
 

■ 肩こりの5つの原因とは!?


 
首や肩のコリ、背中や腰の痛みに悩まされている方が増えています。しかも20代から30代前半くらいまでの比較的若い世代の人たちの間で急増しています。その原因の一つにスマホの長時間利用があげられています。
 
 
上図にありますとおり、肩こりや腰痛の5大原因として、血行不良、姿勢の悪さ、関節の歪み、運動不足、ストレスの5つがあげられます。スマホを長時間利用することで、知らず知らずのうちに網羅します。
 
 
そのまま放置してしまうと、体の痛み、眼精疲労、頭痛、うつ症状にまで拡大してしまうので、早い段階で適切なケアが必要です。しかし、間違ったケアをしてしまうといつまでたっても改善されません。むしろ悪くなってしまいます。
 
 
 
 
causes_of_stiff_shoulders2.jpg
 
 
 

『 肋骨の歪むと肩こりの症状がさらに悪化! 』


 
コリや痛みには色々な原因がありますが、肋骨が歪んでしまうことで生じるケースも少なくありません。


肋骨が歪んでしまうと首の骨などの動きに影響するので、肩こりや首こりが生じます。怖いのはこの状態を放置してしまうことです。


さらに筋肉のこりが 酷くなると痛みが発生し、脳への酸素供給量を減少させて脳が酸欠状態となって頭痛の原因となってしまうのです。


この場合、市販の頭痛薬を飲んでも、その場しのぎで抜本的な原因の解消にはならず、肩こりだけでなく頭痛の症状も悪化してしまいます。


同じような理由から肋骨が歪んだことで生じた肩こりの場合、揉んだり、叩いたりしても、改善するどころかコリや痛みの症状が悪化してしまいます。
 
 
ということ今回は、肋骨の歪みを修正することによって、首や肩のコリ、腰などの痛みだけでなくリンパの流れを改善してくれる肋骨矯正ストレッチをご紹介させていただきます。
 
 
こちらのストレッチはイスに座って行うので、場所を選ばず簡単に出来て、しかも非常に肩こり解消効果が高いです。渋谷区の整体「かたこり整体院」の松田院長自ら動画で実演していますので非常に分かりやすいです。


特別なスキルは一切必要ないので気軽に実践して頂ければ幸いです。

» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます