動脈硬化のタグ記事一覧


タグ:動脈硬化

動脈硬化のタグが付いた記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

その他
 出典:Little Things   ■ おしっこの色で体調が分かる!?  疲れている時や風邪を引いているときなどは、おしっこの色がかなり濃いですよね。実はおしっこは毎日の健康管理に欠かせない診断チャートのような働きがあるんです。  おしっこは腎臓から作られるわけですが、肝臓や膵臓、胃、腸などの器官の働きが悪化すると、おしっこに反映されて微妙におしっこの色が異なります。       『 おしっこで健康管理!』 ...

記事を読む

高血圧対策
    ■ 高血圧の原因とは?  高血圧は、国民病の一つとされるくらい多くの日本人を苦しめています。「高血圧性疾患」で死亡する人は年間およそ7000人程度いますが、高血圧は心筋梗塞や脳梗塞などの合併症リスクが高いので、実際の死亡原因はもっと高いとされています。  ちなみに高血圧の総患者数は約800万人いますので、依然として増えています。塩分の高い食事は身体によくないということが世間では広く知られてい...

記事を読む

その他
     ■ コーヒーの薬並みの優れた健康効果とは!?  コーヒーの優れた健康効果が注目を集めています。コーヒーに含まれるカフェイン、カフェー酸、クロロゲン酸、タンニン、ポリフェノールといった健康効果に優れた作用のある成分が豊富に含まれています。  そして、コーヒーは1日2~3杯程度であれば、以下のような、まるでお薬のような効能・効果があるとされています。  (1)眠気や疲労感を取り除き、思考力や集...

記事を読む

体の痛み不調の原因
     ■ 若年層の間でも肝臓の病気を発症するケースが増えている!  ここ最近脂肪肝など肝臓の病気を発症するケースが若年層の間で急激に増えています。しかもタバコは一切吸わず、お酒も嗜む程度なのに脂肪肝など肝臓の病気をを発症してしまうのです。実は私達の身の回りには毒だらけなんです。  こういったことを意識しないで健康に気を使ったとしても確実に肝臓は弱っていきます。肝臓は沈黙の臓器といわれるほど初期の...

記事を読む

生活習慣病対策
    ■ 動脈硬化を防ぐ方法  今回のテーマは、心筋梗塞の予防についてです。動脈硬化につながる血液の汚れを防ぐことによって心筋梗塞を予防することができるわけですが、動脈硬化は初期の段階ではほとんど症状らしい症状がありません。  ですので、症状がでるときには、すでにかなり状態が悪化していると考えてください。動脈硬化が進行すれば、日本人の死因の主な原因である心疾患(狭心症、心筋梗塞など)や脳血管疾患(...

記事を読む

おしっこの色で自分の健康状態が分る!毎日おしっこの色をチェックして高血圧、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病を予防

 
69_201605150329166e6.png
出典:Little Things
 
 
 
■ おしっこの色で体調が分かる!?
 
 
疲れている時や風邪を引いているときなどは、おしっこの色がかなり濃いですよね。実はおしっこは毎日の健康管理に欠かせない診断チャートのような働きがあるんです。
 
 
おしっこは腎臓から作られるわけですが、肝臓や膵臓、胃、腸などの器官の働きが悪化すると、おしっこに反映されて微妙におしっこの色が異なります。
 
 
 
 
3798920161122.png
 
 
 
『 おしっこで健康管理!』
 
 
毎日色々な患者さんのおしっこをチェックされている看護師さんの中には、おしっこの色を見るだけで瞬時に患者さんの健康状態の変化が分る猛者もいます。それほど「おしっこ」は健康状態が反映されやすいんです。
 
 
ここまでなる必要はありませんが、少しでも異変に気づいたら迷わず病院を受診しましょう。ということで、今回はおしっこで体調不良を診断する方法をまとめている記事と兵庫県保険医協会さんの動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

高血圧は「合谷」のツボ押しセルフケアで予防・改善!高血圧を放置すると脳梗塞や心筋梗塞などの合併症の危険性あり!

 
120181205hm.png
 
 
 
■ 高血圧の原因とは?
 
 
高血圧は、国民病の一つとされるくらい多くの日本人を苦しめています。「高血圧性疾患」で死亡する人は年間およそ7000人程度いますが、高血圧は心筋梗塞や脳梗塞などの合併症リスクが高いので、実際の死亡原因はもっと高いとされています。
 
 
ちなみに高血圧の総患者数は約800万人いますので、依然として増えています。塩分の高い食事は身体によくないということが世間では広く知られていますので、年々減少傾向にあるのですが、それでも高血圧に苦しむ人たちは減る気配がありません。
 
 
やはり日常生活におけるストレスが最も大きな原因の一つとなっていることから、医師の指導に従って食事などをいくら制限しても、なかなかこの点をカバーするのが難しいようです。
 
 
 
 
 
582016910.png
 
 
 
■ ストレス社会が高血圧患者を生む?
 
 
最近は業種・業態を問わず、どこの会社でもコンプライアンスの厳格化が急速に進んでしまったため、労働者一人あたりの負担がより大きくなっているので、ストレスを減らすこと自体非常に困難です。
 
 
また、高血圧は「メタボリックシンドローム」との関わりが深いにもかかわらず、具体的な症状が出にくいことから、患者さん本人が気づきにくいので、治療せずにそのまま放置してしまうケースが非常に多いです。
 
 
 
 
9360170301ht.png
 
 
 
『 高血圧を放置してしまうリスクとは!? 』
 
 
しかし、高血圧はサイレント・キラーといわれるように、ある日命の危険にさらされるような重度の疾患を患うリスクが非常に高いだけに、放置することは許されません。事実、脳梗塞の最大の原因は高血圧の放置と言われています。
 
 
高血圧を放置しないために、今回は高血圧の原因や予防法についてのまとめと、合谷(ごうこく)というツボを押して血圧を下げる方法について大変分かりやすく解説した動画をご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

まるでお薬!コーヒーで動脈硬化、糖尿病、がんなどの生活習慣病を予防!心臓病、脳血管疾患の死亡リスクが4割減!

 
2890171204ht.png
 
 
 
 
■ コーヒーの薬並みの優れた健康効果とは!?
 
 
コーヒーの優れた健康効果が注目を集めています。コーヒーに含まれるカフェイン、カフェー酸、クロロゲン酸、タンニン、ポリフェノールといった健康効果に優れた作用のある成分が豊富に含まれています。
 
 
そして、コーヒーは1日2~3杯程度であれば、以下のような、まるでお薬のような効能・効果があるとされています。
 
 

(1)眠気や疲労感を取り除き、思考力や集中力を増す
 
(2)呼吸機能や運動機能を高める
 
(3)心臓の収縮力を高める
 
(4)利尿効果の促進
 
(5)消化を助ける
 
(6)二日酔いの頭痛の症状を和らげる
 
(7)脳血管性の偏頭痛を静める
 
(8)認知症などの予防
 

 
 
 
16960170301ht.png
 
 
 
■ クロロゲン酸の抗酸化作用がすごい!
 
 
東北大学の研究チームによる研究結果によって、コーヒーに含まれるクロロゲン酸の優れた抗酸化作用によって、がん細胞の増殖を抑制する作用があることが明らかになっています。


実際に肝臓がんの発症リスクが1日3~4杯コーヒーを飲んでいる人と、そうでない人とでは明らかに肝臓がんの発症率が高かったようです。
 
 
 
 
442017905ht.png
 
 
 
『 インスタントコーヒーにもほぼ同等の効果がある! 』
 
 
また、インスタントコーヒーを否定する声がありますが、インスタントコーヒーも原料は同じコーヒー豆からつくられているので、メーカー(商品)によって多少の差はあるかもしれません。
 
 
しかし、クロロゲン酸をはじめとした健康効果に優れた成分が含まれているので、豆から曳いたコーヒーとほぼ同じ効果が得られるそうです。
 
 
ということで今回はNHKの人気情報番組「ためしてガッテン」にてコーヒーによる動脈硬化を予防するメカニズムについて解説した模様をさらに分かりやすくまとめたJ-CASTニュースさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

なぜ脂肪肝を放置してしまうのか?「すぐに疲れる」「疲れが取れない」は「脂肪肝」のサイン?脂肪肝を予防する方法とは?

 
 
3144401801029ht.png
 
 
 
■ 若年層の間でも肝臓の病気を発症するケースが増えている!
 
 
ここ最近脂肪肝など肝臓の病気を発症するケースが若年層の間で急激に増えています。しかもタバコは一切吸わず、お酒も嗜む程度なのに脂肪肝など肝臓の病気をを発症してしまうのです。実は私達の身の回りには毒だらけなんです。
 
 
こういったことを意識しないで健康に気を使ったとしても確実に肝臓は弱っていきます。肝臓は沈黙の臓器といわれるほど初期の段階では症状が出にくいです。このため内臓脂肪が蓄積し、気がつけば「脂肪肝」になるまで肝臓の状態を悪化させてしまいます。
 
 
最近寝ても疲れが取れなかったり、階段の登り降りなどちょっとしたことで疲れてしまったりした場合、「脂肪肝」を疑ってみたほうがいいかもしれません。脂肪肝ともなれば飲酒はもちろんのこと食事など生活習慣を根底から見直す必要があります。
 
 

» 記事の続きを読む

心筋梗塞の予防効果を高める3つのポイント!血流を改善して免疫機能強化!がん、動脈硬化、脳卒中などの予防にも!

 
520180910hm_2019120319242192d.png
 
 
 
■ 動脈硬化を防ぐ方法
 
 
今回のテーマは、心筋梗塞の予防についてです。動脈硬化につながる血液の汚れを防ぐことによって心筋梗塞を予防することができるわけですが、動脈硬化は初期の段階ではほとんど症状らしい症状がありません。
 
 
ですので、症状がでるときには、すでにかなり状態が悪化していると考えてください。動脈硬化が進行すれば、日本人の死因の主な原因である心疾患(狭心症、心筋梗塞など)や脳血管疾患(脳梗塞、脳出血など)を引き起こすリスクが高まります。
 
 
動脈硬化は、現代病の典型です。というのも動脈硬化は肥満、高血圧、糖尿病、脂質異常症といった生活習慣病を放置してしまうことで進行してしまうからです。
 
 
 
 
64340161005.png
 
 
 
『 大半の病気が血液の汚れが原因!? 』
 
 
動脈硬化をはじめ糖尿病、心筋梗塞などを防ぐには、いかに血液をキレイな状態に保つかがカギとなります。もし血流障害から血液が汚れてしまうと、次第に「血栓」ができやすくなり、さらに血管が細くもろくなってしまいます。
 
 
その結果として、動脈硬化が起こり、心筋梗塞を発症するリスクが高まるわけです。ですので、血管年齢を若く保ちながら健康を維持するためには、やはり血をきれいに保つことがどうしても重要なんです。

» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます