coffee_effect_261.jpg
 
 
 
 

■ コーヒーが死亡リスクを劇的に下げる?


 
最近になってコーヒーの健康効果が多方面で注目を集めています。昔はコーヒーというとおじさんが飲む物というイメージが強かったですよね。
 
 
私の実家のそばに喫茶店がありまして、当時おじさんたちがコーヒーをがぶ飲みしながらタバコを吸ってました。
 
 
このため、コーヒーが健康にいいといったイメージは全くありませんでした。
 
 
しかし、最近ではコーヒーを飲むことによって様々な生活習慣病を予防したり、脂肪燃焼を促進する効果が高いことから、トレーニング効果やダイエット効果を高めるために飲む人も増えています。
 
 
 
 

▼ コーヒーの病気を予防する効果


 
図にもありますとおりコーヒーの様々な病気の予防効果は以下のとおりです。
 
 

【ガンへの効果】
 
大腸がん(結腸がん、直腸がん)、食道がん、口腔がん、咽頭がん、喉頭がん、肝臓がん、子宮体がん、乳がん
 
 
【心臓・脳への効果】
 
心筋梗塞、脳梗塞、脳卒中、アルツハイマー、パーキンソン病、うつ病、
 
 
【生活習慣病系・その他】
 
糖尿病(Ⅱ型)、非アルコール性脂肪性肝疾患、リラックス
 

 
 
 
 

▼ コーヒーを習慣的に飲むと死亡リスクが低下!


 
ですので、コーヒーのこうした美容と健康に関する優れた効能が注目されています。
 
 
また、国立がんセンターが発表した研究結果によると、コーヒーを習慣的に飲むことによって死亡リスクが低下すると発表されています。
 
 
ということで今回はコーヒーの優れた美容と健康効果に関して解説したJ-CASTニュースさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む