intestine_12201.jpg
 
 
 
 

■ 腸の凄すぎる働きについて!


 
腸は第二の脳といわれるくらい重要な役割を担っている器官です。
 
 
腸は食べ物の消化・吸収・排泄だけでなく、「セロトニン」や「オキシトシン」といった、いわゆる幸せホルモンと呼ばれる脳内物質の分泌の約90%は腸によるものです。
 
 
つまり、人が幸せに生きるか、あるいは不幸を背負って生きるかは、腸の状態で決まると言っても過言ではないほど腸の役割は非常に重要なんです。
 
 
ちなみに脳死したとしても、腸は単独でしばらくの間は機能します。
 
 
 
 

▼ 免疫細胞の約60%が腸の中にある!


 
しかし、腸が完全に死んでしまうと、脳の働きも完全に停止します。
 
 
それくらい重要な器官でありながら、多くの人が腸の重要性に気がついていないため、腸内環境を悪化させ、自ら体調不良を引き起こしています。
 
 
上図にありますとおり、免疫細胞の約60%が腸内にあるため、腸の働きを悪化させてしまうと免疫機能そのものが低下してしまいます。
 
 
ですので、心と体の健康のためにも腸内環境を常に良い状態に保つ必要があります。
 
 
 
 

▼ 悪玉菌が増えると様々な病気の原因に!


 
また、腸内環境が悪化すればするほど、いわゆる善玉菌(ヤセ菌)が減り、悪玉菌が増えてしまうので、さらに心と体の健康が蝕まれてしまいます。
 
 
ではどうすればいいか?。
 
 
答は簡単、腸内環境を改善するために善玉菌を増やせばいいんです。
 
 
 
 
 

■ 腸内に善玉菌が増えるメリットが凄い


 
腸内に善玉菌が増えることで、腸内環境が整って様々なメリットが得られます。
 
 

【善玉菌が増えるメリット】
 
(1)腸内環境が改善
(2)便秘の予防改善
(3)免疫力アップ
(4)メンタルの安定
(5)肌トラブルの予防(肌荒れなど)
(6)太りにくくなる
(7)大腸がんなど腸の病気の予防
(8)高血圧の予防
(9)内臓脂肪の低下


 
 
善玉菌が増えることで腸内環境が改善され、体内の有害物質や不要物質を排出しやすくなるので、お肌がきれいになったり、アンチエイジング効果を得られるようになります。
 
 
また、有害物質が体内に長く滞在しないため、大腸ガンなどの病気を防ぐことができます。
 
 
腸がキレイになると、がん、生活習慣病、アレルギー、うつ、肥満などを予防できますし、腸の働きが良くなれば自律神経のバランスも良くなるので、体全体の働きが良くなります。
 
 
これらのメリットを得るためには、善玉菌を増やすことが重要です。
 
 
善玉菌を増やすためには、ヨーグルトや納豆、キムチなどの発酵食品を積極的に摂取することがお勧めです
 
 
こうした理由から最強の健康法は実は「腸活」なんです。
 
 
今回は腸内環境を改善するメリットについて自分史上最高の腸になる!腸で酵素をつくる習慣(高畑宗明著)をベースに分かりやすく解説しているダイヤモンド・オンラインさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む