健康効果のタグ記事一覧


タグ:健康効果

健康効果のタグが付いた記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

メタボ対策
 【画像】 Pinterest 【画像】 wikiHow     ■ 緑茶の持つ健康効果がすごい!?  今回ご紹介するYoutube動画は、NHKの人気番組「ためしてガッテン」にて「緑茶」を特集したものです。緑茶がのもつ凄い「健康効果」について分かりやすく解説してます。  ここ最近色々なところで緑茶が健康に良いといったことを耳にします。お茶のCMがさらに増え、テレビや雑誌にもよく取り上げられています。  しかし、緑茶にはメタボ改...

記事を読む

その他
    ■ 1日1食でもっと健康になる!?  ビートたけしさんやタモリさんら、著名人の間で1日1食のファスティングを実践されている方が増えているようです。傍から見ると「1日1食で本当に大丈夫なのか?」と心配になりますが、慣れると逆に快適なようです。  3日程度の断食であれば、私も何度か実践したことがありますが、確かに3日目に入ると感覚が研ぎ澄まれてくるので、深呼吸するだけでものすごく気持ちよくなりま...

記事を読む

その他
     ■ ココアには心と体の健康に良い成分が沢山含まれています!  最近ココアを飲んでますか?。意外に知られていませんが、上図にもありますとおり、ココアには心と体に良い効果をもたらす成分が豊富に含まれています。最近1日1杯のココアが老けない体をつくるという本を読み、改めてココアの凄さに圧倒された次第です。  著者の一人である亀井優徳さんはココアを長年研究する大手食品メーカーの元研究員で、ココアの優...

記事を読む

太りにくい体にする
   ■ 腸の凄すぎる役割について  ここ数年「腸内環境」を改善することを目的とした健康法の人気が広がっています。代表的なのが「腸活(ちょうかつ)」ですよね。それほど腸は重要な器官なんです。例えば腸内環境が悪化して正常に機能しないと、腸内で発酵した有害物質が排出されません。  そして、血液やリンパ内に滞ってしまい、これが肥満の原因になります。また、血流も当然悪化するので、同時に代謝や免疫力も低下しま...

記事を読む

生活習慣病対策
    ■ 美容と健康のために、もっとバナナを食べましょう!  バナナは世界で最も多く消費されている果物の一つです。バナナが世界最初の果物であった可能性があると、一部の科学者の間で言われています。  日本では昭和40年代前半くらいまでバナナは高級品でした。今では到底想像できませんが、お見舞品として当時バナナは非常に人気が高く、私の母親いわく当時の子供たちは、おやつでバナナが食べられると大変喜んだそう...

記事を読む

凄すぎる緑茶の健康効果!がん予防、高血圧、糖尿病など生活習慣病対策に欠かせない緑茶の凄い効果とは?

 
14720171015ht.png
【画像】 Pinterest
【画像】 wikiHow
 
 
 
 
■ 緑茶の持つ健康効果がすごい!?
 
 
今回ご紹介するYoutube動画は、NHKの人気番組「ためしてガッテン」にて「緑茶」を特集したものです。緑茶がのもつ凄い「健康効果」について分かりやすく解説してます。
 
 
ここ最近色々なところで緑茶が健康に良いといったことを耳にします。お茶のCMがさらに増え、テレビや雑誌にもよく取り上げられています。
 
 
しかし、緑茶にはメタボ改善、歯周病予防高血圧抑制する作用があるのは事実です。また、抗癌作用まであるので、緑茶は健康に欠かせない飲み物の一つです。

» 記事の続きを読む

「ファスティング(断食)」の15の健康効果が凄い!断食ダイエットのメリット・デメリットとは!?

 
24520171028ht.png
 
 
 
■ 1日1食でもっと健康になる!?
 
 
ビートたけしさんやタモリさんら、著名人の間で1日1食のファスティングを実践されている方が増えているようです。


傍から見ると「1日1食で本当に大丈夫なのか?」と心配になりますが、慣れると逆に快適なようです。
 
 
3日程度の断食であれば、私も何度か実践したことがありますが、確かに3日目に入ると感覚が研ぎ澄まれてくるので、深呼吸するだけでものすごく気持ちよくなります。
 
 
日本では医療ジャーナリストの船瀬俊介さんが1日1食のファスティングの提唱者として有名です。


船瀬さんが仰るとおり、頭脳労働が中心の仕事をしている方にとって1日1食のファスティングは仕事の能率をあげるなど、色々とメリットが多いです。
 
 
 
 
 
■ ファスティングには様々なメリットがある!?
 
 
いくら体にいいとはいっても、成長過程にあるお子さんには当然不向きです。


しかし、いわゆる中高年と呼ばれる年代に入ったら、食事の量や回数は意識して少なくした方が心と体の健康に良い効果をもたらすと思います。
 
 
私も数年前から1日2食、週末は1日1食、月1回2~3日間の断食を行ないながら過ごしてますが、いたって健康です。
 
 
ということで、今回は船瀬俊介さんの著書をもとに1日1食のファスティングにどのようなメリットがあるのか、分かりやすく解説したSuzieさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。
 

» 記事の続きを読む

1日1杯のココアが老化を防ぐ!優れた整腸作用で腸内環境と血流を改善!冷え、便秘、肌トラブル、風邪、胃がんの予防に!

 
 
229420180205ht.png
 
 
 
■ ココアには心と体の健康に良い成分が沢山含まれています!
 
 
最近ココアを飲んでますか?。意外に知られていませんが、上図にもありますとおり、ココアには心と体に良い効果をもたらす成分が豊富に含まれています。最近1日1杯のココアが老けない体をつくるという本を読み、改めてココアの凄さに圧倒された次第です。
 
 
著者の一人である亀井優徳さんはココアを長年研究する大手食品メーカーの元研究員で、ココアの優れた健康効果について非常に分かりやすく解説されています。
 
 
ココアを習慣的に飲むことによって冷えや便秘の改善、ケガの治癒を早める、インフルエンザや認知症、胃がんや虫歯の予防にも優れた効果を発揮してくれます。ココアは寒い冬にピッタリの飲み物なので今回ココアの優れた効能・効果をまとめさせて頂きました。
 
 
 
 
■ ココアのリラックス効果がすごい!
 
 
ココアはリラックス効果が高いといわれていますが、その要因の一つとしてココア独特の「香り」があげられます。香りが脳の中枢神経を心地よく刺激してくれます。
 
 
また、ココアのに含まれている「テオブロミン」という成分には、脳内物質のセロトニンに働きかけて心と体をリラックスさせる効果があるとされています。そして、カカオに含まれるカカオポリフェノールにも同じくリラックス効果があります。
 
 
このためココアを飲むと深呼吸するのと同じくらいリラックスできるとされています。心身ともにリラックスるすることが出来れば、緊張からも解き放たれるので、仕事や勉強のパフォーマンスも向上しますので、休憩時間にココアを飲むことをオススメします。
 
 
 
 
■ 腸内環境を改善して便秘を改善!
 
 
ココアには、「リグニン」という食物繊維の一種が含まれています。このリグリンという成分が腸の働きを活性化する効果あるため、ココアは便秘に効くとされています。
 
 
また、リグニンはポリフェノールによって、腸内にある「善玉菌」を増加してくれます。これだけではありません。ココア1杯にはトマトジュースの2~3倍もの食物繊維が摂取することができるので、ココアが持つこれら3点の効果により便秘を解消できます。
 
 
また腸内にあるニオイ成分をココアに含まれる「リグニン」が吸収してくれるので、便とともにキレイに腸内から排出してくれますので、便の臭いも改善されます。

» 記事の続きを読む

甘酒ヨーグルトの健康効果が凄い!腸内環境と血流を改善してシミ・しわ、便秘、心筋梗塞や脳梗塞などの予防に!


128201708015ht.png
 
 
 
■ 腸の凄すぎる役割について
 
 
ここ数年「腸内環境」を改善することを目的とした健康法の人気が広がっています。代表的なのが「腸活(ちょうかつ)」ですよね。


それほど腸は重要な器官なんです。例えば腸内環境が悪化して正常に機能しないと、腸内で発酵した有害物質が排出されません。
 
 
そして、血液やリンパ内に滞ってしまい、これが肥満の原因になります。また、血流も当然悪化するので、同時に代謝や免疫力も低下します。


そうなると痩せにくい体質になって、しかも様々な体調不良を引きおこす原因となります。
 
 
 
 
『 腸を健康にする食品とは!? 』
 
 
これだけではありません。幸せホルモン「セロトニン」の約95%は、腸によって分泌されます。


ですので、腸の働きが悪化すれば、セロトニンの分泌量も低下するので、自律神経が乱れるなど、メンタルにも悪影響をおよぼします。
 
 
ですので、腸内環境を良い状態に保つことが心と体の健康を保つうえで非常に重要なんです。そうすれば苦労なく美容と健康が手に入ります。


ですので、一年を通じて腸をケアしてあげることが大切なんです。
 
 
そうした中ここ最近「腸」の働きを良くしてくれる食品が注目を集めています。それが「甘酒」と「ヨーグルト」混ぜわせた「甘酒ヨーグルト」です。


作り方は非常に簡単です。甘酒とヨーグルトを1対1の割合(お好みで調整してもOK)で混ぜるだけです。
 
 
 
 
『 甘酒ヨーグルトの魅力とは!? 』
 
 
甘酒だけでは甘すぎますが、ヨーグルトとまぜることで、ほんのりした優しい甘みになるので、ダイエットの捕食にもぴったりです。
 
 
今の時期は、肌の露出が多くなるので冬の間についた脂肪が気になる時期ですよね。
 
 
また、寒さが厳しいだけでなく、朝晩の気温の寒暖差が激しいため、気象病のような体調不良(頭痛、めまい)を引き起こしやすいので、ぜひ甘酒ヨーグルトを食べてワンランク上の美容と健康を手に入れてください。
 
 
ということで、甘酒ヨーグルトの優れた美容と健康効果について解説されている落合敏氏の著書「食べるクスリ 甘酒ヨーグルト」についてまとめられたダ・ヴィンチニュースさんの記事と甘酒ヨーグルトの作り方を解説した動画をあわせご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

バナナの凄すぎる健康効果7選!免疫力をアップして高血圧、喘息、がん、心臓病、糖尿病、認知症、うつ病などの予防に!

 
520181001hm.png
 
 
 
■ 美容と健康のために、もっとバナナを食べましょう!
 
 
バナナは世界で最も多く消費されている果物の一つです。バナナが世界最初の果物であった可能性があると、一部の科学者の間で言われています。
 
 
日本では昭和40年代前半くらいまでバナナは高級品でした。今では到底想像できませんが、お見舞品として当時バナナは非常に人気が高く、私の母親いわく当時の子供たちは、おやつでバナナが食べられると大変喜んだそうです。
 
 
 
 
『 バナナの消費量はリンゴやオレンジよりも多い!? 』
 
 
今現在、バナナは少なくとも107カ国で栽培されており、世界の食糧作物の中では第4位にランクされています。アメリカではリンゴやオレンジよりもバナナの方がより沢山消費します。
 
 
ちなみにバナナには以下のような栄養素(可食部100gあたりの含有量 )が含まれています。バナナを食べることによって、がんや喘息の発症リスクを低下させ、血圧を下げ、心臓の健康を改善する効果が期待できます。
 
 

・ビタミンB6  (0.38 mg)
・マンガン   (0.26 mg)
・ビタミンC   (16 mg)
・カリウム   (360 mg)
・食物繊維    (1.1g)
・タンパク質   (1.1g)
・葉酸      (26μg)
・ナイアシン   (0.7mg)
・鉄        (0.3mg)
 

» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます