60.png





■月経痛が生じる仕組み


依然として「月経痛」に苦しめられている女性が非常に多く、市販されている医薬品を服用しても、気休め程度の効果しか得られず、常に痛みに悩まされています。


基本的に「月経痛」は、子宮が収縮するために起こるわけですが、痛みの症状は腰や下腹部に集中し、立ったり座ったりするたびに強い痛みが容赦なく襲います。


もしも日常生活がままならないほどの強い痛みを感じているのであれば、「骨盤」が歪んでしまっている可能性が高く、仙骨が飛びでてしまっているかもしれません。







» 記事の続きを読む