人間関係のタグ記事一覧


タグ:人間関係

人間関係のタグが付いた記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

メンタルケア
     ■ 愚痴を言うと愚痴りたくなることが次々起こる! あなたは普段から愚痴をこぼすタイプでしょうか?  この愚痴というのが実に厄介な存在でして、愚痴を言ったらからといって今抱えている問題が解決するわけでもありません。  いいことよりも悪いことのほうが圧倒的に多いですよね。しかし、それでも言ってしまうのが愚痴なんです。  愚痴を言えば言うほど愚痴りたくなることが連鎖して起こります。     ■ 愚...

記事を読む

メンタルケア
     ■ うつ病になりやすい職業とは? うつ病になりやすい職業をWoorisというサイトでまとめられていたのでご紹介させていただきます。個人的に人に夢を与えるアーティストのような職業もサービス業の一種だと思っています。  サービス業は人とのかかわりが多いので、他の業種よりも人間関係の問題に悩まされるケースが多いうえに時間が不規則で拘束時間が長いのが特徴です。  そうした中で医療も介護もサービス業として...

記事を読む

その他
     ■ 過剰適応症候群とは? 職場や学校で褒められて嫌な思いをする人はいませんよね。誰だった周囲の期待に応えたいという思いがあるからです。しかし、それが原因で周囲を気にしすぎるの問題です。  期待に応えるため、何でも完璧にこなさなければ気がすまなくなっつてしまうと心と体が悲鳴をあげても、それに耳を傾けようとしなくなり、とことん突き進んでしまいます。  これは典型的な「過剰適応症候群」の症状です...

記事を読む

その他
     ■ 人間関係の悩みに終わりはない!? 業種に関係なく、職場ではさまざまな価値観を持った人と仕事をしなければなりません。色んな人の話を受け止めすぎてしまうと、次第に自分の心が疲れ切ってしまいますよね。  そうならないためにも最低限要な情報は聞いても余計な情報や感情はあえて無視するといった『スルースキル』が大切です。スルースキルで職場のいざこざを乗り切りましょう。  なぜなら職場ではさまざまな...

記事を読む

その他
     ■ 悪口を言えば言うほど嫌なこと起こる! 過去100年間にわたって科学は飛躍的進化をとげましたが依然として人間は脳のメカニズムについて完全には解明できていません。謎だらけと言っても過言ではありません。  脳の働きは非常に優れたものでありながら、ある意味欠陥としかいいようのない1つの弱点があります。それは「脳は主語を理解できない」という点です。  ですので、人の悪口=自分の悪口として脳は捉え...

記事を読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

愚痴をやめればとてつもなく運が開ける!愚痴を言うだけで出会いも仕事も遊びも人間関係も全部ダメする理由とは!?

 
complaints_12291.jpg
 
 
 
 

■ 愚痴を言うと愚痴りたくなることが次々起こる!


 
あなたは普段から愚痴をこぼすタイプでしょうか?
 
 
この愚痴というのが実に厄介な存在でして、愚痴を言ったらからといって今抱えている問題が解決するわけでもありません。
 
 
いいことよりも悪いことのほうが圧倒的に多いですよね。しかし、それでも言ってしまうのが愚痴なんです。
 
 
愚痴を言えば言うほど愚痴りたくなることが連鎖して起こります。
 
 
 
 
 

■ 愚痴よりも感謝することが大切!


 
愚痴は相手がいなければ言えないので、当然誰かしら犠牲者がいます。
 
 
例えば一番身近なのが友人・知人、仕事の同僚、家族、もしくは、その全員に愚痴をこぼしているのかもしれません。
 
 
もしそうであれば今日から、これまであなたの愚痴を聞いてくれた人たちに感謝して下さい。
 
 
そして、「これからは出来るだけ愚痴をこぼさない」と、決断されることをオススメします。
 
 
とはいっても、愚痴をやめることによって、メリットがなければ中々辞められませんよね。
 
 
ですから、今回は愚痴をやめることによって得られるメリットを中心に解説させていただきます。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

うつ病になりやすい職業第1位は「 介護職 」!!サービス業全般にうつ病リスクが高い理由とは!?

 
consultation.jpg
 
 
 
 

■ うつ病になりやすい職業とは?


 
うつ病になりやすい職業をWoorisというサイトでまとめられていたのでご紹介させていただきます。個人的に人に夢を与えるアーティストのような職業もサービス業の一種だと思っています。
 
 
サービス業は人とのかかわりが多いので、他の業種よりも人間関係の問題に悩まされるケースが多いうえに時間が不規則で拘束時間が長いのが特徴です。
 
 
そうした中で医療も介護もサービス業としての側面が強いですし、労働時間も不規則なのうえに拘束される時間が長いので、精神的にも肉体的にも非常に過酷な職業です。
 
 
 
 

▼ なぜ労働環境が悪化してしまったのか!?


 
飲食店に関しては日本経済が長らくデフレが続いたことによって、人件費を大幅に削減して一人あたりの労働量が大幅に増え、いわゆるブラック企業と呼ばれる会社が増えました。
 
 
どの職種をみてもここ数年で離職率が一気に高まりましたが、医療や介護に関していえば診療報酬や介護報酬を引き下げられたので、より厳しい状況に追い込まれています。
 
 
このため医療や介護のサービスを受ける側の不満は大きくなるばかり、こうした現状を変えられるのは政府・役人だけなので是非この厳しい状況を知っていただきたいです。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

自分を犠牲にして頑張る「過剰適応症候群」とは?優しい人たちの自己犠牲の精神が極端に進むと自己破滅へ!

 
self_sacrifice_1221.jpg
 
 
 
 

■ 過剰適応症候群とは?


 
職場や学校で褒められて嫌な思いをする人はいませんよね。誰だった周囲の期待に応えたいという思いがあるからです。しかし、それが原因で周囲を気にしすぎるの問題です。
 
 
期待に応えるため、何でも完璧にこなさなければ気がすまなくなっつてしまうと心と体が悲鳴をあげても、それに耳を傾けようとしなくなり、とことん突き進んでしまいます。
 
 
これは典型的な「過剰適応症候群」の症状です。ここ数年過剰適応症候群の症状に苦しめられている人たちが増えており、今後爆発的に増えてしまう危険性があります。
 
 
 
 
 

■ 過剰適応症候群の特徴とは?


 
過剰適応症候群の症状が進んでしまうと、周囲の環境や人(特に上司などの目上の人)に対して自分を押し殺してまで「意見」や「行動」を無理に合わせようとします。
 
 
こうした背景には嫌われたくないという強い思いがあるため、周囲の人たちの気分を害した、不満などを言葉にして口に出すようなことは一切しません。
 
 
 
 

『 なぜ苦しくなるまで頑張るのか!? 』


 
つまり、今いる環境の中で人から嫌われたり、見捨てられてしまうことへの恐怖から、個人的な都合を全て排除してでも極端な形で会社や組織に貢献しようとします。
 
 
しかも、評価されれば、さらに頑張ってしまい、こうした傾向を強めます。
 
 
しかし、万一会社や組織に不利益が生じてしまった場合、罪悪感が半端ではありません。
 
 
自ら自分を苦しめる方向へ舵をとってしまいます。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

人間関係が良くない職場は「 スルースキル 」で乗りきろう!何があっても所詮すべては他人事として流す!

 
through_skill_03011.jpg
 
 
 
 

■ 人間関係の悩みに終わりはない!?


 
業種に関係なく、職場ではさまざまな価値観を持った人と仕事をしなければなりません。色んな人の話を受け止めすぎてしまうと、次第に自分の心が疲れ切ってしまいますよね。
 
 
そうならないためにも最低限要な情報は聞いても余計な情報や感情はあえて無視するといった『スルースキル』が大切です。スルースキルで職場のいざこざを乗り切りましょう。
 
 
なぜなら職場ではさまざまな人たちと一緒に仕事をしなければなりません。見た目はいい大人であっても、中身はそうとも限りません。手のつけられない、ただの駄々っ子だったりします。
 
 
 
 
 

■ 人の話はほどほどに聞く


 
人によって価値観はさまざまですから、上司、同僚、部下、取引先の方などなど、自分とは違う考えの人とどうやってコミュニケーションをとったらいいのか、悩んでしまうのも当然です。
 
 
色んな人の話を受け止めすぎると、自分の心がすり減ってしまいますよね。よく自己啓発関連の本で「受け入れる」「許す」といったことが大切と説かれてますが、全てやっていたら大変です。
 
 
 
 
 
through_skill_03012.jpg
 
 
 

■ ときには耳をかさないことも大切です!


 
実際の職場では日々色々な情報が飛び交いますから、当然良い情報ばかりでなく、「悪い情報」というものに日々遭遇しますよね。
 
 
そういった「悪い情報」に対してその都度反応していては、体はもちませんし、ストレスの大きな職場に耐える事もできません。ここでスルースキルが役立ちます。
 
 
 
 
 

■ 会話の護身術をみにつけよう!


 
真面目で優秀な人ほど相手の言葉を真剣に受け止めすぎて、傷つく必要のない言葉で傷ついてしまいます。これは本当に悲しいことですよね。しかも、自分を傷つけた相手の気持ち(そのときの心理状態など)を理解しようと努力します。
 
 
これでは心が休まるときがありません。そんな人にこそ身につけて頂きたい会話の護身術が「スルースキル」です。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

人の悪口をいうと「運が悪くなる」?意地悪な人は例外なく人の悪口を言う人たちだった?何と悪口が認知症の原因に!

 
swearing_222.jpg
 
 
 
 

■ 悪口を言えば言うほど嫌なこと起こる!


 
過去100年間にわたって科学は飛躍的進化をとげましたが依然として人間は脳のメカニズムについて完全には解明できていません。謎だらけと言っても過言ではありません。
 
 
脳の働きは非常に優れたものでありながら、ある意味欠陥としかいいようのない1つの弱点があります。それは「脳は主語を理解できない」という点です。
 
 
ですので、人の悪口=自分の悪口として脳は捉えてしまうので、悪口を言いたくなるようなことが現実に起こってしまいます。
 
 
この事実をきちんと把握して脳いの使い方を整えてあげると人生が好転して大きく飛躍します。
 
 
 
 
 
swearing_223.jpg
 
 
 

■ 脳は他人の悪口と自分への悪口と区別がつかない!?


 
脳は主語が理解できない点をもう少し分かりやすく解説させていただきますね。


例えばあなたが職場の同僚であるAさんの悪口を言ったとします。脳は誰かの悪口を言っていることは理解できても、このAさんの悪口を言っているとは理解できなわけです。


当然ここで脳内で混乱が生じてしまい、大抵の場合において脳は間違って自分の悪口を言っていると認識してしまいます。


従って自分の悪口をいわれていると誤認識するため脳は強いストレスを受けることになります。


悪口を言ったその瞬間は気分が晴れても、しばらくするとまたモヤモヤしてくるのはそのためなんです。
 
 
 
 
 
swearing_224.jpg
 
 
 

■ 悪口を言えば言うほどストレスが増える!


 
自分の悪口を言っているというご認識がストレスとなって脳内にコルチゾールというストレスホルモンを分泌させてしまうため、脳の働きを著しく悪化してしまいます。


つまり悪口を言い続ければ脳内にコルチゾールが常に大量に発生してしまうため、脳の老化が進み続けてしまい最終的には認知症を発症してしまうかもしれないんです。


私は以前介護施設で研修を受けたことがあったのですが、私が担当させていただいたある女性は60歳前半の方でしたが、かなり認知症が進んでいました。


この方は口を開けば旦那さん、息子さんのお嫁さんの悪口を言ってました。
 

» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます