マッサージのタグ記事一覧


タグ:マッサージ

マッサージのタグが付いた記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

体の痛み不調の原因
      ■ 肩甲骨とは?  肩甲骨はがしをご存知ですか、ネーミングだけみるとかなり怖い印象を受けるかもしれませんが、これは首や肩こり、腰痛、冷え性などを解消するストレッチです。  その効果の高さに注目が集まっています。肩甲骨はがしは「肩甲骨」を繰り返し動かす単純なストレッチで、ストレッチといっても誰にでも出来る簡単なものです。        ■ 見た目の若さは肩甲骨で決まる!?  姿勢が悪いと単に...

記事を読む

体の痛み不調の原因
    ■ 首こり・肩こりに悩む若者が急増中!  意外に思われるかもしれませんが肩こりに悩まされている人たちの人口が最も多いのが日本なんです。しかも、スマホの長時間利用によって低年齢化が急速に進んでいます。  これまで首こり、肩こり、腰痛は中年以上の男女に多いというイメージがありましたが、20代の若者の約半分が首こりや肩こりに悩んいるのだとか。しかし、大半の人たちは病院に行かずに、ほぼそのまま放置し...

記事を読む

その他
    ■ へそ健康法とは?  日本でもようやく「へそ美容」の優れた美容と健康効果がWEB系のメディアを中心に注目を集めるようになりましたが、まだまだ一般には浸透していません。  意外に思われるかもしれませんが、御へそ周りにはリンパが集中しているので、適当に揉むだけでも、それなりの効果が期待できるので、欧米では人気の美容法の一つとして定番化しています。また華僑の多いシンガポール、マレーシアなどでも人気...

記事を読む

本のまとめ
   ■ 今回のテーマは「ふくらはぎ健康法」 今回は、著書「長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい」(著者:槙孝子 監修:鬼木 豊 出版:アスコム)から、ふくらはぎを揉むことで得られる健康効果についてまとめさせていただきました。  こちらの本は今から7年前に出版され、中居正広さんが司会をされている「金スマ」で取り上げられ、実際に「ふくらはぎもみ」を体験したタレントさんの体調が劇的に良くなったことから...

記事を読む

その他
    ■ 足の裏には約60ものツボがあります  よくテレビで足つぼマッサージが紹介されていますが、レポートする芸能人の方が強烈に痛がっているので、多くの方が足つぼマッサージ=痛いと認識されています。  それもそのはず足の裏にはたくさんのツボが密集しているので、固くなってしまうと体に何ら頭の不調が現れるためです。固くなってしまった部分を揉みほぐすことで健康になるわけですが、そのさい痛みが生じます。(...

記事を読む

肩甲骨はがしの効果が凄い!肩甲骨の筋肉が柔らかくなってとにかく気持ちいい!肩こり、背中の痛み、巻肩の予防に利く!

 
 
3520171004ht.png
 
 
 
 
■ 肩甲骨とは?
 
 
肩甲骨はがしをご存知ですか、ネーミングだけみるとかなり怖い印象を受けるかもしれませんが、これは首や肩こり、腰痛、冷え性などを解消するストレッチです。
 
 
その効果の高さに注目が集まっています。肩甲骨はがしは「肩甲骨」を繰り返し動かす単純なストレッチで、ストレッチといっても誰にでも出来る簡単なものです。
 
 
 
 
 
506_20151029180020b0b.png
 
 
 
■ 見た目の若さは肩甲骨で決まる!?
 
 
姿勢が悪いと単に老けて見えるだけでなく、下腹がぽっこり出てしまったり、体形も崩れてしまいますので、体全体が歪んでしまいます。そのまま放置してしまうと筋肉がさらに老化し、首、肩、腰に慢性的なコリや痛みが生じてしまうので、姿勢は大事なんです。
 
 
猫背の方の場合、肩甲骨周辺の筋肉が弱いことが原因とされています。肩甲骨周辺の筋肉量を増やさないと体全体の血流も改善しません。女性の場合は背骨の骨密度が低下する可能性が高く、背骨が変形してしまうリスクも高いので、放置することは許されません。
 
 
加齢(25歳を境に)とともに背中の筋肉も衰えるので、何もしなければ背筋を伸ばすことも難しくなってしまいます。背中の筋肉が衰えてしまうと、背中にも無駄な脂肪がつきやすくなりますので、若さを保つためにも25歳を過ぎたら肩甲骨を意識しましょう。
 
 
 
 
 
2420180104ht.png
 
 
 
『 肩甲骨を刺激するととにかく気持ちいい! 』
 
 
肩甲骨が身体のどこにあるかも分らない方が多いわけですが、下図にありますとおり肩甲骨は非常に重要な部位です。人間が可能とする動作に大きな影響を及ぼします。
 
 
そして、肩甲骨を刺激すると非常に気持ちが良いので、ここをストレッチやマッサージなどで刺激すると全身の疲れが全て取れるかのような心地よさと気持ちよさがあります。

» 記事の続きを読む

1日20秒!首のセルフマッサージで血流を改善して首こり、肩こり、頭痛、眼精疲労、むくみなどの予防に利く!

 
1722017926ht.png
 
 
 
■ 首こり・肩こりに悩む若者が急増中!
 
 
意外に思われるかもしれませんが肩こりに悩まされている人たちの人口が最も多いのが日本なんです。しかも、スマホの長時間利用によって低年齢化が急速に進んでいます。
 
 
これまで首こり、肩こり、腰痛は中年以上の男女に多いというイメージがありましたが、20代の若者の約半分が首こりや肩こりに悩んいるのだとか。しかし、大半の人たちは病院に行かずに、ほぼそのまま放置します。
 
 
首こりや肩こりを放置するとさらに深刻な病気や症状に悩まされる可能性があるので注意が必要です。単なる肩こりだと思っていたら実はうつ病のサインだったという可能性も十分ありますので注意が必要です。
  
 
 
 
35320170501ht.png
 
 
 
『 自律神経うつは肩こりや首のこりが原因!? 』
 
 
首こりが原因による「うつ病」が厄介なのは、通常「うつ病」には疲労感が伴いますが、それが肩こりからくるものなのか、もしくは「うつ病」から来るものなのか、判断するのが難しいことから、発見が遅れてうつ病を悪化させてしまうケースもあります。
 
 
首の筋肉のこりが自律神経失調状態となり、さまざまな体調不良を引き起こしています。首のコリや首の痛みが慢性化してしまうと、それを伝える神経回路の性質上、情動や感情に悪い影響を及ぼし、自律神経を乱すことにつながります。
 
 
自律神経うつは肩こりや首のこりが原因とされていて、一般にうつ病とされている患者さんの約90%以上が自律神経うつと推定されています。原因は先に述べた通り、パソコンやスマホの普及により、首の筋肉を痛めてしまうことによって自律神経うつが急増しているためです。
 
 
 
 
35220170501ht.png
 
 
『 首こりを解消するには? 』
 
 
首こりや肩こりを解消する方法は色々ありますが、ウォーキングのような軽め運動を行ないましょう。歩くことによって『血行改善』『リラックス』『体が温まる』いった、さまざまなメリットがあります。歩く時に腕を大きく振り肩を動かすようにすると、肩や首の血流がよくなり、より高い効果が期待できるでしょう。
 
 
しかし、仕事や学業で毎日忙しく過ごされている方にとって運動を習慣化することは決して容易ではありません。そこで今回オススメさせていたくのが、首のマッサージです。1日たった20秒で出来るので、忙しい方にぴったりのセルフケアです。

» 記事の続きを読む

おへそのツボ押しで腸の働きを改善!幸せホルモン「セロトニン」の量が増えて冷え、むくみ、便秘、うつ病の予防にも!

 
1452017922ht.png
 
 
 
■ へそ健康法とは?
 
 
日本でもようやく「へそ美容」の優れた美容と健康効果がWEB系のメディアを中心に注目を集めるようになりましたが、まだまだ一般には浸透していません。
 
 
意外に思われるかもしれませんが、御へそ周りにはリンパが集中しているので、適当に揉むだけでも、それなりの効果が期待できるので、欧米では人気の美容法の一つとして定番化しています。また華僑の多いシンガポール、マレーシアなどでも人気が高いです。
 
 
ヘソを温めることによって特に腸の働きが改善され、次第にその他の内臓器官の働きが良くなるため、体全体を温めてくれる作用があり、しかも便秘やホルモンバランスの乱れ、むくみなど様々な体調不良を改善する効果が期待できます。

» 記事の続きを読む

長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい!第二の心臓「ふくはぎ」を揉むと血流が改善して動脈硬化、がんなどの予防に!


120200926hm.png
 
 
 

■ 今回のテーマは「ふくらはぎ健康法」


 
今回は、著書「長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい」(著者:槙孝子 監修:鬼木 豊 出版:アスコム)から、ふくらはぎを揉むことで得られる健康効果についてまとめさせていただきました。
 
 
こちらの本は今から7年前に出版され、中居正広さんが司会をされている「金スマ」で取り上げられ、実際に「ふくらはぎもみ」を体験したタレントさんの体調が劇的に良くなったことから大反響となり、100万部をこえる大ベストセラーとなりました。
 
 
私もちょうどそのころ、こちらの本を購入したのですが、いまだにお風呂に入ったときに湯船の中で必ずふくらはぎをもみほぐしてます。冬でも瞬く間に血行が良くなるので、お風呂の温度は39度でも汗がかなり出ます。

» 記事の続きを読む

足裏のこの部分が硬かったら要注意!!足の裏にある約60のツボを効率よく刺激する足裏ツボ押しマッサージが疲れ、むくみ、冷えなどの予防に利く!

 
945.png
 
 
 
■ 足の裏には約60ものツボがあります
 
 
よくテレビで足つぼマッサージが紹介されていますが、レポートする芸能人の方が強烈に痛がっているので、多くの方が足つぼマッサージ=痛いと認識されています。
 
 
それもそのはず足の裏にはたくさんのツボが密集しているので、固くなってしまうと体に何ら頭の不調が現れるためです。固くなってしまった部分を揉みほぐすことで健康になるわけですが、そのさい痛みが生じます。(痛みには個人差があります。)
 
 
足裏マッサージやリフレクソロジー専門のサロンに通って施術してもらうのもいいですが、足つぼ器があれば自宅で簡単に自分でもマッサージできます。固くならないように習慣的に足裏をマッサージすれば美容と健康を維持できます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます