ネガティブのタグ記事一覧


タグ:ネガティブ

ネガティブのタグが付いた記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

メンタルケア
     ■ ネガティブな感情に寄り添ってあげる 早いもので、今年もあっという間に春分の日を迎えることとなりました。  今の時期は仕事が忙しうえに楽しいイベントごとが沢山あるので、睡眠と休息を取るのが普段以上に難しいうえに、気候の変化が激しいため免疫力が低下しやすいので健康には十分注意が必要です。  体調が思わしくないと心も次第にネガティブになっていくので、そうならないためにも、しっかり体調を整えて...

記事を読む

メンタルケア
    ■ 自己嫌悪から脱出する方法 今回のテーマは「自己嫌悪」してしまう自分といかに向き合い、そして克服するかについてです。  自分が嫌い、自分の「欠点」や「短所」が気になってしかたがない。一番の原因は他人と自分を比較してしまう「思考のクセ」です。  そして、脳内で過去におこった嫌な記憶が再生されてしまい、さらに自分が嫌になってしまうので、注意が必要です。  しかし、ご安心ください何かにつけて自分...

記事を読む

ストレス
      ■ ネガティブな思考や感情は決して悪いことではない ポジティブであることが良くてネガティブは良くないといったステレオタイプ的な考え方が一般的には依然として根強いので、これが逆に自己肯定感を拒絶することとなります。  人間誰しも24時間365日ポジティブ思考でいられるはずがありません。時にはネガティブ思考に陥ることが普通にあります。  著名な俳優、スポーツ選手、ミュージシャン、実業家、政治...

記事を読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

ネガティブな状態から一瞬でポジティブになるための方法!嫌なこと嫌いな人が劇的に減る9つの習慣!

 
positive_women_12141.jpg
 
 
 
 

■ ネガティブな感情に寄り添ってあげる


 
早いもので、今年もあっという間に春分の日を迎えることとなりました。
 
 
今の時期は仕事が忙しうえに楽しいイベントごとが沢山あるので、睡眠と休息を取るのが普段以上に難しいうえに、気候の変化が激しいため免疫力が低下しやすいので健康には十分注意が必要です。
 
 
体調が思わしくないと心も次第にネガティブになっていくので、そうならないためにも、しっかり体調を整えて心の状態を観察することが大切です。
 
 
自分で自分に寄り添う感じで「あれ、今日は元気ないね」「今ちょっとイライラしてるね」といった感じで、自分の感情を観察します。
 
 
観察しながらネガティブ感情を不定せずに受けれてあげると回復するのが早くなります。
 
 
逆にネガティブな状態にフタをして無理やりポジティブになろうとするとネガティブな感情が爆発するので、結果的に遠回りすることになります。
 
 
 
 
 

▼ ネガティブな感情に寄り添うと楽しいことが増える!?


 
ネガティブな状態をそのまま放置すると、心がネガティブな感情で揺さぶられるような嫌なことが現実に引き寄せられてしまいます。
 
 
そうならないためにも心の状態を常に観察しながらネガティブな感情が生じたときには不定せずに優しく寄り添ってあげてください。
 
 
そうすると自分のコンフォートゾーンが広がって色々なことを楽しめるようになるので、次第に楽しいことが増えてきます。
 
 
今年2023年は今年以上に世界中が混乱(紛争、災害、金融危機、政治スキャンダルなど)することが予想されます。
 
 
特に夏以降はネガティブにならざるえない出来事が沢山起こる(出来れば起こってほしくないですが...)かもしれません。
 
 
そんな状態でも自分らしく楽しく毎日を過ごすために心の状態をネガティブからポジティブにシフトする方法を以下のとおりまとめてみました。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

自己嫌悪やネガテイブ思考から解放するために幸せホルモン「セロトニン」の分泌量を増そう!うつ病などの予防に役立つ


How_serotonin_is_made_091.jpg
 
 
 
 

■ 自己嫌悪から脱出する方法


 
今回のテーマは「自己嫌悪」してしまう自分といかに向き合い、そして克服するかについてです。
 
 
自分が嫌い、自分の「欠点」や「短所」が気になってしかたがない。一番の原因は他人と自分を比較してしまう「思考のクセ」です。
 
 
そして、脳内で過去におこった嫌な記憶が再生されてしまい、さらに自分が嫌になってしまうので、注意が必要です。
 
 
しかし、ご安心ください何かにつけて自分を責めてしまうといった自分に対するネガティブな思考によって自己嫌悪に陥っても、その状態から脱出する方法があります。
 
 
まず自分を責めたり、自分で自分を下げたりするのを今日限りでやめると宣言(紙に書いて読み上げるといいです)しましょう。
 
 
宣言していただいたら、これからご紹介させていただく方法を実践していただくことによって、毎日気分良く明るい気持ちで過ごすことができるようになります。
 
 
 
 
 

■ 最初からポジティブな人はいない!?


 
私たちはメディアを通じて、いわゆる成功者と呼ばれる人たちが、いつでもどこでも自信を持ってあらゆることに取り組んでいる姿を見ているので、成功している人は生まれつき超ポジティブで絶対的な自信を持っていると思われがちですが、そんなことはありません。


最初からポジティブ思考の人の方がむしろ少ないです。何らかの理由によって自ら変わっただけです。


いわゆるネガティブな出来事に遭遇して自分と向き合いながら問題を克服する過程でポジティブ思考が身についていたので、誰でも同じことができるようになります。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

ネガティブな思考や感情を受け入れると人生が上手くいく!マイナス思考を解放する方法

 
 
negativethinking1.jpg
 
 
 
 

■ ネガティブな思考や感情は決して悪いことではない


 
ポジティブであることが良くてネガティブは良くないといったステレオタイプ的な考え方が一般的には依然として根強いので、これが逆に自己肯定感を拒絶することとなります。
 
 
人間誰しも24時間365日ポジティブ思考でいられるはずがありません。時にはネガティブ思考に陥ることが普通にあります。
 
 
著名な俳優、スポーツ選手、ミュージシャン、実業家、政治家などは、なぜ成功できたのかといえば、ネガテイブな自分さえも、しっかり受け入れることができたからに他ありません。
 
 
そうしなければ常に不安に怯えることになってしまい、その時々で正しい決断ができるはずもありません。
 
 
 
 

『ネガティブな思考や感情を受け入れると不安が減る!?』


 
自己嫌悪から「こんな自分はいやだ」、「何でこんな簡単なことで失敗するんだ」「俺はこういうふうに人から見られたい」と、自分そのものを否定してしまうケースが多いです。
 
 
そうするとさらに追い打ちをかけるように人から、自分を否定したくなるような仕打ちを受けることとなり、余計に自分を否定しまうといった負のループに陥ります。
 
 
ですので、自分の中にあるネガテイブな面を認めてあげることが非常に大切なんです。


「どんな自分も大好きだよ」と自分に言ってあげてください。


自分で自分の頭を撫でだたり、体をさすりながら言うとさらに潜在意識が落ち着くので効果的です。


そうすることで自分で自分を縛っていた不必要な自分に対する思い込みから開放され、これまで悩まされていたことが、次第にどうでもいいこととなり、その分不安が減ります。

» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます