ストレスのタグ記事一覧


タグ:ストレス

ストレスのタグが付いた記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

ストレス
      ■ Facebook友達が多い=楽しいわけではない!? Facebookの一般のユーザーの中には有名人でもないのに友達が数千人いる方がいらっしゃいますよね。  何かのビジネスをやられているのかといえば、決してそんなこともなく、ごぐごく普通に友達を増やしているケースが意外にも少なくありません。  私の友人にFacebookの友達が3000人以上いる方がいまして、毎朝挨拶の投稿をすると、いいね!が1000以上つき、...

記事を読む

マッサージ
      ■ ストレスに注意!ネガティブな思考はすぐに止めて! 今年もあっという間にゴールデンウイークが終わり、三分の一が過ぎ去りました。これから梅雨を迎えるにあたって何かとイライラすることも多いのでストレスがたまりやすいです。また、気候の変化が激しいこの時期は免疫力が低下しやすいので、体調管理も難しいことから、心と体のバランスを保つの難しいですよね。  強いストレスにさらされると面白くないことが...

記事を読む

ストレス
      ■ 原因不明の体調不良に苦しむひとたちが増えている? 原因不明の体調不良に苦しめられている人が増えています。  その共通点としてあげられるのがストレスによって「疲れがとれにくい」ということです。  疲労をそのまま放置してしまうと以下の症状に苦しめられることになるので注意が必要です。  【疲労から起こる症状】 ・腰痛・肩こり・頭痛・足のむくみ・手のむくみ・生理痛・いつもだるい・朝起きれない...

記事を読む

ストレス
     ■ 自律神経失調症とは?! 自律神経には、交感神経と副交感神経の2つがあり、不規則な生活習慣などによって、自律神経のバランスが乱れることによって、自律神経失調症を引き起こしてしまいます。  自律神経失調症の主な症状として、めまい、ふらつき、動悸、頭痛、胃痛、下痢、倦怠感などがあげられます。  ストレス社会といわれて久しいですが、自律神経失調症やパニック障害、不安症などの精神疾患を患う人が増...

記事を読む

メンタルケア
   【ストレスからくる体の病気】 (1)頭痛・脳卒中(2)気管支喘息(3)高血圧・心臓病(4)胃・十二指腸潰瘍(5)うつ病・神経病(6)自律神経失調症(7)肥満症(8)過敏性腸症候群     ■ ストレスを放置してはならない! すでにご存知かもしれませんが「過労死」という言葉は、すでに世界共通語になってまして、欧米メディアでも度々使われてます。  殘念ながら余り良い使われ方ではありません。過労死に...

記事を読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

Facebookの友だちは増えれば増えるほどストレスになる?いいね!やコメントなどやることが増えすぎてがんじがらめに!

 
 
facebook1.jpg
 
 
 
 

■ Facebook友達が多い=楽しいわけではない!?


 
Facebookの一般のユーザーの中には有名人でもないのに友達が数千人いる方がいらっしゃいますよね。
 
 
何かのビジネスをやられているのかといえば、決してそんなこともなく、ごぐごく普通に友達を増やしているケースが意外にも少なくありません。
 
 
私の友人にFacebookの友達が3000人以上いる方がいまして、毎朝挨拶の投稿をすると、いいね!が1000以上つき、これにプラスしてコメントが100人以上から来ています。
 
 
これをやり取りするために彼は毎朝4時に起きてFacebookの管理画面を開いて作業していたようです。
 
 
友達が増えれば増えるほどスパムのメッセージが入るようになり、ものすごく大変なんです。
 
 
かくいう私も以前友だち申請が来ると何も確認せずに承認してしまい、一日に数百人の若い女性から友だち申請を受けたことがあります。
 
facebook2.jpg
 

■ Facebook友達が短期間で増えるとやることが一気に増えて大変!


 
びっくりして、申請して来た人のページをいくつか訪問してみたのですが、昨日今日ページを立ち上げた人ばかりでした。
 
 
直接的な目的は分かりませんが、よからぬことに違いありません。
 
 
一度シドニー在住の日本人女性からメッセージを頂戴し、しばらくやり取りをしていたのですが、突然「私は膨大な資産を持っているのですが、今現在末期がんの治療をしていて、余命わずかなので、私の資産を恵まれない人たちに寄付するお手伝いをしてほしい」といった旨のメッセージをいただきました。
 
 
「資産家がこんなことやるわけないだろう」という思いから、速攻でブロックさせていただきました。
 
 
以後確認してから承認するようにしています。
 
 
ということで、今回はFacebookの友達が増えることによるストレスについてカナダの神経学者ら研究チームによる研究結果をまとめた記事とストレスに強くなる方法を解説した精神科医・樺沢紫苑先生の動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

1日2分「行間(こうかん)」というツボを押すだけでイライラ、頭痛、めまい、不眠、消化不良、生理不順の予防に!

 
 
toe_pressure_point.jpg
 
 
 
 

■ ストレスに注意!ネガティブな思考はすぐに止めて!


 
今年もあっという間にゴールデンウイークが終わり、三分の一が過ぎ去りました。


これから梅雨を迎えるにあたって何かとイライラすることも多いのでストレスがたまりやすいです。


また、気候の変化が激しいこの時期は免疫力が低下しやすいので、体調管理も難しいことから、心と体のバランスを保つの難しいですよね。
 
 
強いストレスにさらされると面白くないことが沢山頭の中を駆け巡り、これがきっかけとなって過去の嫌な記憶が次から次へとまるでドラマが再放送されるかのごとく、襲い掛かってきます。
 
 
こうしたネガティブな思考は自分で意識して止めようとしないと延々と繰り返されてしまうので、注意が必要です。
 
 
嫌な記憶が頭の中で再生され始めたら、その中にとどまらず、すぐに思考を止めましょう。
 
 
そうしないとさらにストレスが大きくなってしまうので、こうした状態を自ら改善しなければなりません。




『 自分を苦しめる思考を止めるには何か他のことをする 』


 
そのためにも一旦考えることを止めて何か他のことをすると思考を止めやすいです。
 
 
こうしたストレス解消につながる思考を止める方法として(泣く、眠る、食べる、話す、歌う、遊ぶ、掃除、学ぶ、動く、歩くなど)ありますが、個人的にオススメしたいのがマッサージです。
 
 
温めのお風呂の中でマッサージすると、血行が改善し、ストレスによる緊張がほぐれやすいので、特にオススメです。
 
 
今回はイライラや不安を解消する効果に優れた「行間(こうかん)」というツボをご紹介させていただきます。
 
 
 
 

『 イライラしたら行間(こうかん)を刺激! 』


 
東洋医学では、私たちの足には、身体の様々な領域や器官に関連する重要なつぼが沢山あると言われています。
 
 
このため、足のある特定の部分をマッサージすることによって、あなたの健康状態をより改善することができます。
 
 
足の甲側にある重要なつぼの一つとして「行間(こうかん)」があります。
 
 
行間は、足の母指と第2指の間にあり、水かきにあたる部分のやや母指よりにあります。
 
 
イライラする、ストレスがたまっている、疲れているのに眠れないときに行間を約2分ほどツボ押し、もしくは揉みほぐすことによって、これらの症状が劇的に改善されます。
 
 
また、頭痛、めまい、生理不順、消化不良、疲労などにも効果があります。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

ストレスが溜まりすぎて疲れがとれない人必見!疲れにくい体に改善する方法!頭痛、肩こり、腰痛、むくみの予防にも!

 
 
stress_relief_1.jpg
 
 
 
 

■ 原因不明の体調不良に苦しむひとたちが増えている?


 
原因不明の体調不良に苦しめられている人が増えています。
 
 
その共通点としてあげられるのがストレスによって「疲れがとれにくい」ということです。
 
 
疲労をそのまま放置してしまうと以下の症状に苦しめられることになるので注意が必要です。
 
 


【疲労から起こる症状】
 
・腰痛
・肩こり
・頭痛
・足のむくみ
・手のむくみ
・生理痛
・いつもだるい
・朝起きれない
・眠気が抜けない
・食欲が出ない
・集中力が出ない
・やる気が出ない
・家から出たくない
・顔色が悪い
・クマが取れない
・顔がむくむ
・化粧ののりが悪い
・吹き出物が良く出る
 

 
 
まず疲労を慢性化させないために気をつけなければならないのが、規則正しい生活をこころがけることです。
 
 
そのために必要となるのが質の高い睡眠、バランスの良い食事、適度な運動の三つです。
 
 
疲れにくい体質を改善するためには生活習慣を変えなければなりません。
 
 
今回はストレスを上手に解消して疲れにく体質に改善するために必要な点をまとめさせていただきました。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

【もっと早く知りたかった!】弱った自律神経を改善する方法とは?身体をほぐせば自律神経は整う!

 
autonomic_nerves_01181.jpg
 
 
 
 

■ 自律神経失調症とは?!


 
自律神経には、交感神経と副交感神経の2つがあり、不規則な生活習慣などによって、自律神経のバランスが乱れることによって、自律神経失調症を引き起こしてしまいます。
 
 
自律神経失調症の主な症状として、めまい、ふらつき、動悸、頭痛、胃痛、下痢、倦怠感などがあげられます。
 
 
ストレス社会といわれて久しいですが、自律神経失調症やパニック障害、不安症などの精神疾患を患う人が増えています。
 
 
自律神経失調症の直接的な原因は依然として解明されていませんが、症状を改善する方法は、幾つもあり、どれもそれなりに効果があります。
 
 
私個人的な意見で恐縮ですが、自律神経失調症を発症した患者さんの多くが首や肩のコリがひどい状態にあります。
 
 
 
 

■ 自律神経失調症は自分で改善できる!


 
このため、ストレッチや自分で出来る簡単なセルフマッサージで体をほぐしてやることによって、例外もありますが、大抵の人は自律神経失調症の症状が飛躍的に改善します。
 
 
しかし、自律神経失調症の症状というのは、一時的なものなので、最初は戸惑いながらも放置してしまうケースが少なくありません。
 
 
そうすると自律神経失調症の症状が悪化するばかりか、さらに他の重病の原因になりかねません。
 
 
ということで、今回は自律神経を整えるエクセサイズをご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

【知らないとヤバい!】ストレスは万病の元!最強のストレス解消法でイライラ、過呼吸、不眠を予防!

 
stress_01121.jpg
 
 

【ストレスからくる体の病気】
 
(1)頭痛・脳卒中
(2)気管支喘息
(3)高血圧・心臓病
(4)胃・十二指腸潰瘍
(5)うつ病・神経病
(6)自律神経失調症
(7)肥満症
(8)過敏性腸症候群
 

 
 
 
 

■ ストレスを放置してはならない!


 
すでにご存知かもしれませんが「過労死」という言葉は、すでに世界共通語になってまして、欧米メディアでも度々使われてます。
 
 
殘念ながら余り良い使われ方ではありません。過労死にいたるまでには、それ相当のストレスを抱えています。
 
 
しかし、上図にある通り、ストレスは万病の元といえるほど、様々な病気の原因となっているので、放置することは許されません。
 
 
そのまま放置すると自分でコントロールができなくなるほど、自分を追い込んでしまいます。
 
 
インターネットが普及してから我々の暮らしは飛躍的に向上しましたが、間違いなくストレスは加速的に増えていますよね。
 
 
ストレスが溜まれば溜まるほど心身に悪影響をおよぼします。
 
 
逆にいうとストレスを予防・解消できれば、様々な病気を予防できます。
 
 
 
 
 

■ こまめにストレス解消しよう!


 
仕事で何か問題が生じてしまい、強いストレスの影響からマイナス思考がさらに酷くなると問題を解決することが不可能な心の状態になってしまいます。
 
 
我々日本人は幸せホルモン「セロトニン」などの脳内物質の分泌量が欧米の人ほど多くありません。
 
 
このため、脳の構造上どうしても不安なことを考えてしまい、自らストレスを拡大してしまう傾向が強いです。
 
 
そうならないためにも、ストレスを解消する方法を身につけなければなりません。
 
 
ということで今回はストレスを予防・解消する方法についてまとめと精神科医でありながらベストセラー作家として話題作を次々出版されている樺沢紫苑先生自らがストレス解消法を解説している動画をあわせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます