walking_effect_12141.jpg
 
 
 
 

■ 運動不足は万病の元だった...


 
長時間に渡って座りっぱなしの状態が続くことで、代謝機能や血液の流れが次第に悪化します。
 
 
そのまま放置してしまうと深刻な病気を引き起こすリスクがあるので、職場でも意識して立ったり歩いたりすることが大切です。
 
 
加齢が進むにつれて筋肉量が低下するので、余計に運動不足による健康被害が深刻化します。
 
 
そこでオススメしたいのが「ウォーキング」です。
 
 
1日30分以上、週3回以上行うのが健康を維持する上で理想とされています。
 
 
ちなみにハーバード・メディカル・スクールの研究チームは、1日30分以上の活発なウォーキングを習慣化することによって、以下の効果が得られると報告しています。
 
 
やはりウォーキングは生活習慣を改善するうえで欠かすことができない最強エクセサイズです。

» 記事の続きを読む