2220180910hm.png

 
 
■ 筋肉量の減少が様々な病気の原因に!
 
 
筋肉の量が減ることによって、血流が悪化し、冷えや疲労感といった症状が生じやすくなります。特に冬は衣服を多く着るので、肌にストレスを与え、しかも、運動量が減るので筋肉量が減りやすいことから、血流が悪化しやすいです。
 
 
筋肉の量が減り続けると身体機能が低下するサルコペニアを発症する原因となり、日常生活において様々な障害が生じます。サルコペニアは加齢による筋肉量の低下が原因とされていますが、高齢者だけが発症する病気ではありません。
 
 
 
 
5790090171225ht.png

 
 
   
■ サルコペニアは25~30歳ごろから生じはじめる!
 
 
世界中で運動不足が問題となっていて、過度に体重が増えてしまうと、さらに運動不足が深刻なレベルにまで発展し、ある時点で筋肉量が一気に減ってしまう、いわゆるサルコペニア肥満に陥ってしまいます。
 
 
ですので、筋肉量が減るのを放置してはいけません。放置するとさらに血流が悪化し、同時に代謝も悪化するので、必然的に体脂肪率が上昇し、肥満、高血圧、動脈硬化、糖尿病といった生活習慣病へと繋がります。
 
 
サルコペニアは25~30歳ごろから生じはじめて、生涯を通じて進行するので、若いからと言って安心(特に地方に住まれている方)できません。
 
 
 
 
 
27460170301ht.png
 
 
 
■ テニスボールマッサージで筋膜リリース!
 
 
人間誰しも年をとるので、サルコペニアは誰もが避けては通れない症状ではありますが、個人差が大きいのが特徴でして、生涯にわたって充分な筋肉量を維持し続ける人がいるにもかかわらず、他方で高齢者と呼ぶには余りにも若すぎる40~50代の人で歩くことはおろか立ち上がることさえ困難になるケースもあります。
 
 
筋肉量を減らさないことがサルコペニアを予防するうえで大切なことは言うまでもありません。しかし、一般の人たちの間で運動に割けられる時間はそれほど多くありません。また、30代も後半に入ると体のあちこちにコリや痛みが生じ始めるので、人によっては運動そのものを避けようとする傾向が強いです。
 
 
そこで、普段から自分で自分の体をケアする必要があります。セルフケアとしては、ツボ押しやマッサージなどがありますが、今回はテニスボールを使ったマッサージをご紹介させていただきます。筋膜を伸ばす効果が優れているうえに血流を改善する効果が高いので、特別ハードな運動をしなくても筋肉量を維持できます。

» 記事の続きを読む