ガン予防のタグ記事一覧


タグ:ガン予防

ガン予防のタグが付いた記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

その他
   ■ 野菜スープの優れた健康効果に世界が注目!  数年前にハーバード大学の三つの健康法が世界中で大きな話題となり、日本でもそこそこ話題になりました。そして、ここに来て三つの健康法の一つである「野菜スープ」の優れた健康効果が大きな話題となっています。  つくり方は非常に簡単です。鍋に水を入れて沸騰したら5~6種類程度の野菜(にんじん、きゃべつ、たまねぎ、かぼちゃ、セロリ、セロリの葉、トマトなど)を...

記事を読む

その他
     出典:認知症ネットさん    ■ やっぱりウォーキングは凄かった?  健康効果の高いエクセサイズは沢山ありますが、その中でもウォーキングの健康効果は飛び抜けています。正しい方法でやれば、代謝の活性化、免疫力アップ、脳の活性化、リラックス効果、ダイエット効果などが期待できます。  ちなみに健康を維持しようと思ったら1日24時間の総歩行数=「8000歩」とされています。そのうち中強度のペースで...

記事を読む

その他
    ■ ウォーキングは無料で出来る最高の健康法!  歩くことの大切さを分かりやすく解説した本『病気の9割は歩くだけで治る! ~歩行が人生を変える29の理由~ 簡単、無料で医者いらず』の作者である長尾和宏医師は、現代病の大半は、歩かないことが原因であると力説しています。  一例をあげると糖尿病人口は、すでに950万人に達していて、高血圧人口は、4千万人、高脂血症人口は、2千万人、認知症人口は460万人(予備軍も加...

記事を読む

その他
     ■ ブロッコリーに含まれる成分が短時間で「がんの幹細胞」を75%死滅!  がんに関しては、これまで数多くの予防法や治療法が世に出回っていますが、ブロッコリーの癌細胞を死滅させる作用に関しては米国のサウスダコタ州立大学のモウル・デイ助教授と研究チームによる驚くべき研究結果が発表されています。  ブロッコリーやカリフラワーなどアブラナ科の植物にフェネチルイソチオシアナート(PEITC)の合成物や酵...

記事を読む

その他
      ■ ジョギングの人気が年々高まっている理由とは!?  只今日本全国で様々なマラソン大会が開催されています。東京マラソンが2007年にスタートしてから、日本のジョギング人口は確実に増えているようです。私の住んでいる地域(東京都内)では結構年配の人が朝早くから走っているので、今後さらに人気が拡大すると思います。  個人スポーツの中でジョギングはウォーキングと並んで人気が高く、また、数ある有酸...

記事を読む

がん予防効果が凄い「最強の野菜スープ」で病気の予防とアンチエイジング!優れた抗酸化作用で全身をデトックス!


2720180910hm.png
 
 
 
■ 野菜スープの優れた健康効果に世界が注目!
 
 
数年前にハーバード大学の三つの健康法が世界中で大きな話題となり、日本でもそこそこ話題になりました。そして、ここに来て三つの健康法の一つである「野菜スープ」の優れた健康効果が大きな話題となっています。
 
 
つくり方は非常に簡単です。鍋に水を入れて沸騰したら5~6種類程度の野菜(にんじん、きゃべつ、たまねぎ、かぼちゃ、セロリ、セロリの葉、トマトなど)を入れて弱火で煮込むだけです。基本的に調味料は使いません。しかし、味が物足りない方はお塩やコンソメで味を調えてもOKです。
 
 
抗がん剤の世界的権威である熊本大学の前田浩名誉教授が考案された野菜スープの本「最強の野菜スープ」を参考に自分で作った野菜スープを週に2~3回飲んでいますが、ここ数年間で一番体調がいいです。
 
 
 
 
3620180910hm.png
 
 
■ 野菜スープはなぜガンの予防に利くのか!?
 
 
しかし、単に体にいいというだけなら、これほどまで多くの人から支持されることもなかったと思います。野菜スープにすると野菜の栄養素を余すことなく吸収することができます。特にすごいのが「ファイトケミカル」です。
 
 
ファイトケミカルは、万病の元「活性酸素」を除去してくれるので、がん予防とがん治療に優れた効果を発揮してくれます。前田浩名誉教授は、長年副作用のない抗がん剤の研究に長年取り組んだ結果、野菜スープがガンの予防の食事に最も効果があると結論にたどり着いています。
 

» 記事の続きを読む

ウォーキングは13種類のがんの予防に利く!ウォーキングで第二の心臓「足」を鍛えて血流を改善しながら免疫力アップ!

 
 
1182017921ht.png

   出典:認知症ネットさん
 
 
 
 
■ やっぱりウォーキングは凄かった?
 
 
健康効果の高いエクセサイズは沢山ありますが、その中でもウォーキングの健康効果は飛び抜けています。正しい方法でやれば、代謝の活性化、免疫力アップ、脳の活性化、リラックス効果、ダイエット効果などが期待できます。
 
 
ちなみに健康を維持しようと思ったら1日24時間の総歩行数=「8000歩」とされています。そのうち中強度のペースで(歩行)を行う時間が「15~20分」となっています。ここでポイントとなるのは「早歩き」です。
 
 
 
 
30160170301ht.png

 

『 早歩きするだけで驚くべき効果! 』
 
 
早歩きによって、脳が刺激され、筋力もアップするので基礎代謝も同時に高まることから、活字にすると大げさに感じられるくらい優れた健康効果が得られるようです。
 
 
ちなみに上にある表は認知症ネットさんから転載させて頂いたデータ(群馬県中之条町に住む65歳以上の高齢者を対象に2000年から継続調査されている通称「中之条研究(奇跡の研究)」)です。
 
 
 
 
 
1842017929ht.png

 
 
■ 足は第二の心臓だった?
 
 
ご存知のとおり足は心臓から最も離れているため、心臓だけでは血液が体全体に届きません。我々人間は歩くことによって足裏がポンプの役割をしながら心臓が持つ血液循環の働きをサポートしています。
 
 
このため足は第2の心臓と呼ばれているわけですが、上図にありますとおり足裏には沢山のツボがあります。歩くことによって、血流を改善するだけでなく、これらのつぼを効率をく指圧することが出来る点もウオーキングの大きなメリットです。
 
 
 
 
3764420161220l.png
   出典:認知症ネットさん
 
 
 
『 ウォーキングの優れたガン予防効果について 』
 
 
都会に住んでいる方は、毎日の通勤・通学を歩くようにすれば無理なく達成できますが、マイカー通勤が当たり前となっている地方では、意識して歩くようにしないと難しいですね。
 
 
しかし、ウォーキングを週5日程度行なうことよって得られるメリットは非常に大きいです。米国( 米国立がん研究所、米国立衛生研究所、米国がん学会の合同チーム)で発表された最新の研究結果によりますと、週5日程度ウォーキングすることによって13種類ものがんリスクを低下することが明らかになっています。
 
 
ウォーキングは数あるエクセサイズの中でも、がん予防効果に関してはダントツです。ということで、今回はウォーキングのがん予防効果について詳しく解説されているJ-CASTニュースさんの記事と健康効果の高い正しいウォーキング方法を実演した動画を合わせてご紹介させて頂きます。

» 記事の続きを読む

ウオーキングの健康効果が凄い!足腰を鍛えながら脳の働きも改善!動脈硬化、脳卒中、うつ病、認知症、がんの予防に!

 
2151001708026ht.png
 
 
 
■ ウォーキングは無料で出来る最高の健康法!
 
 
歩くことの大切さを分かりやすく解説した本『病気の9割は歩くだけで治る! ~歩行が人生を変える29の理由~ 簡単、無料で医者いらず』の作者である長尾和宏医師は、現代病の大半は、歩かないことが原因であると力説しています。
 
 
一例をあげると糖尿病人口は、すでに950万人に達していて、高血圧人口は、4千万人、高脂血症人口は、2千万人、認知症人口は460万人(予備軍も加えると900万人)。そして、毎年100万人が新たにがんにかかっていて、年間で37万人もの人が、がんで亡くなってます。
 
 
その原因が「歩かない」からであるとし、歩くことの大切さを長年にわたって説いているのですが、当たり前すぎて真剣に取り組む人が依然として少ないのが現状です。しかし、無料で出来て尚且つ効果が高い健康法はありません。
 
 
 
 
■ 普通に歩いているだけじゃだめ?
 
 
私は毎朝4時に起床し、ウォーキング、ジョギング、ストレッチを行っているのですが、朝早くから中高年の方々がウォーキングされています。
 
 
ただ歩くだけではあまり効果はないと知り合いのスポーツインストラクターにアドバイスされたので、2kgの鉄アレイを持ってつま先立ちで歩いています。
 
 
 
1220161114.png
 
 
 
『 負荷をかけるとウォーキングの効果がさらにアップ! 』
 
 
このスタイルに変えてから30分程度のウォーキングで真冬でも汗をびっしょりかきます。ただ歩くだけでも気分が晴れたりするので、まったく効果がないわけではないと思いますが、やはりある程度負荷をかけた方がいいようです。
 
 
今回は、三宅裕司さんと渡辺満里奈さんがMCを務めるTBSの人気情報番組「健康カプセル!ゲンキの時間」で特集されたウォーキングについて分かりやすくまとめたJ-CASTニュースさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

ブロッコリーのがん予防効果が凄い!短時間で「がん幹細胞」の約75%を死滅!優れた抗酸化作用で免疫機能を強化!

 
 
129.png
 
 
 
■ ブロッコリーに含まれる成分が短時間で「がんの幹細胞」を75%死滅!
 
 
がんに関しては、これまで数多くの予防法や治療法が世に出回っていますが、ブロッコリーの癌細胞を死滅させる作用に関しては米国のサウスダコタ州立大学のモウル・デイ助教授と研究チームによる驚くべき研究結果が発表されています。
 
 
ブロッコリーやカリフラワーなどアブラナ科の植物にフェネチルイソチオシアナート(PEITC)の合成物や酵素が含まれていて、これらがガンの幹細胞を約75%も死滅させ、かつ増殖することを防ぐ効果も高いことがすでに証明されたんです。
 
 
また、ブロッコリーには、MMTS(メチルメタンチオスルホネート)という成分には、変異した細胞を修復してくれる作用があり、がんになりかけた細胞を元の状態に戻してくれます。
 
 
 
 
6884201611105.png
 
 
 
『 ブロッコリーはがん予防に役立つ食材 』
 
 
米国では日本のような医療保険制度(オバマケアが出来ましたが、トランプ政権によって廃止されそうですね)がないため、とてつもなく医療費が全般的に割高に設定されています。このため健康に関する意識が我々日本人よりも遥かに高いです。
 
 
このため健康効果が高い食品に関しては一般の人たちの間でも関心が高いです。また、米国の国立がん研究所推薦、がん予防に役立つ食材にブロッコリーが選ばれていますので、その優れた健康効果を取り入れるべきだと思います。
 
 
ということで、今回はブロッコリーの持つ優れた美容と健康効果について解説されているJ-Castニュースさんの記事と動画をご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

ジョギングの「がん細胞」を撃退する効果が凄い!心肺機能を強化して免疫力アップ!肩こり、認知症、老化の予防にも!

 
 
256401801026ht.png
 
 
 
 
■ ジョギングの人気が年々高まっている理由とは!?
 
 
只今日本全国で様々なマラソン大会が開催されています。東京マラソンが2007年にスタートしてから、日本のジョギング人口は確実に増えているようです。私の住んでいる地域(東京都内)では結構年配の人が朝早くから走っているので、今後さらに人気が拡大すると思います。
 
 
個人スポーツの中でジョギングはウォーキングと並んで人気が高く、また、数ある有酸素運動の中でも特に健康効果が高いです。例えばジョギングで足を鍛えることによって、脳の活性化、肥満予防、認知症予防、老化防止、骨密度up、心臓を強化、疲れにくくなる、明るく前向きになるといった心と体の健康に良い効果をもたらします。
 
 
そして、つい最近になってジョギングには、「がん細胞」を縮小させる効果があるといった研究結果が発表されました。といっても現時点ではマウス実験の段階なので、決定打となる理由が解明されるのは、まだ当分先のことになりそうです。
 
 
 
 
2320161017.png
 
 
 
『 ジョギングの健康効果がとにかくすごい! 』
 
 
しかし、体に悪影響を及ぼさない範囲で定期的に走っている人の中で生活習慣病で亡くなられた人は私の周りではいません。個人的には20分から30分(それ以上となると活性酸素が体内で増えるので体が酸化する)くらい走るのが一番健康にいいと感じています。
 
 
また、幸せホルモン「セロトニン」の分泌が活発化するので、ストレス解消効果、快眠効果、うつ病などの精神疾患の予防にもつながります。ハードなジョギングはおすすめできませんが、適度なジョギングは心身ともに優れた健康効果をもたらしてくれます。
 
 
ということで、今回はジョギングの優れた健康効果について解説しているJ-CASTさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます