エストロゲンのタグ記事一覧


タグ:エストロゲン

エストロゲンのタグが付いた記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

その他
      ■ 若さのカギは女性ホルモン! 女性の場合、35歳を境に一気に老け込む人が増えてきます。それまでは「実年齢より全然若い!」と、周囲から言われていたような人たちでも老けこむケースが多いです。  というのも35歳ころになると女性ホルモンを分泌する働きが急激に衰えてしまうからです。それ以前と比較すると差がどうしても出てきてしまいます。  つまり、この働きをできるだけ劣化させなようにすれば、ホル...

記事を読む

健康法
     ■ 生理痛の痛みの原因 女性の多くが生理痛に苦しんでいます。生理痛の原因はいくつかありますが、まず一般的に言われているのが冷えによる血行不良や骨盤のゆがみによるもの、「プロスタグランジン」の分泌量が増える、精神的なストレスなどです。  これらの原因を改善することができれば生理痛を抑えることが出来ますが、怖いのは我慢しすぎることです。場合によっては日常生活に支障をきたす「月経困難症」であった...

記事を読む

体の痛み不調の原因
     ■ 更年期障害とは!? 今回は、「更年期障害」についてです。  更年期障害は女性特有のものと考えられていますが、近年は中高年の男性の発症するケースが急増しています。  今回は女性が発症するケースについてまとめています。  ちなみに更年期とは、閉経期に卵巣の働きが著しく低下することを指します。  その期間は人によって異なりますが、だいたい10年程度とされています。  閉経期に入る前に更年期障...

記事を読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

エストロゲンを増やす食べ物3選!ツボ押しと運動をプラスして若返る

 
 
estrogen1.jpg
 
 
 
 

■ 若さのカギは女性ホルモン!


 
女性の場合、35歳を境に一気に老け込む人が増えてきます。それまでは「実年齢より全然若い!」と、周囲から言われていたような人たちでも老けこむケースが多いです。
 
 
というのも35歳ころになると女性ホルモンを分泌する働きが急激に衰えてしまうからです。


それ以前と比較すると差がどうしても出てきてしまいます。
 
 
つまり、この働きをできるだけ劣化させなようにすれば、ホルモンバランスは安定するので、いつまでも若々しくいられるので、アンチエイジングの意味においても大切です。
 
 
女性の場合、エストロゲンというホルモンの分泌を意識して増やすことによって若さを保つことができます。


ちなみにエストロゲンの主な働きは以下のとおりです。



・女性らしい肌、声、体をつくる

・毛髪を成長させる

・精神状態を安定させる

・骨量を維持する

・コレステロールを減らす

・妊娠の準備を整える

・脳の健康(物忘れの予防)

・血管の保護など


 
 
 
 

■ 女性ホルモンの代名詞「エストロゲン」!


 
エストロゲンはこれだけの重要な役割があるホルモンですが、加齢とともに分泌量が減少します。
 
 
つまり、いつまでも若々しく心と体の健康を維持するためには、エストロゲンの分泌量をキープする必要があるわけです。
 
 
ということで今回は、女性ホルモンの分泌力をいかに落とさずに若々しさを保つ方法について分かりやすく解説されている美BEAUTEさんの記事とツボを刺激することで女性ホルモンの分泌力をアップする方法を解説した動画をご紹介させていただきます。
 
 
繰り返しになりますがエストロゲンなど女性ホルモンの分泌する量は限られているので、いつまでも若々しくいるためにも意識して女性ホルモンの分泌量を一定の状態に保つ必要があるので、意識して取り組んでいきましょう。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

仙骨を温めるセルフケアの効果が凄い!血行と自律神経のバランスが良くなって頭痛、生理痛、冷え、風邪、婦人病の予防に!

 
sacrum_12231.jpg
 
 
 
 

■ 生理痛の痛みの原因


 
女性の多くが生理痛に苦しんでいます。生理痛の原因はいくつかありますが、まず一般的に言われているのが冷えによる血行不良や骨盤のゆがみによるもの、「プロスタグランジン」の分泌量が増える、精神的なストレスなどです。
 
 
これらの原因を改善することができれば生理痛を抑えることが出来ますが、怖いのは我慢しすぎることです。場合によっては日常生活に支障をきたす「月経困難症」であったり、子宮の病気の可能性もあるので、我慢しすぎると、さらに症状が悪化します。
 
 
また、長期間にわたって場当たり的に生理痛の症状を和らげる市販薬に頼り過ぎているのであれば、今後生理痛の症状がさらにに悪化する可能性もありますので、あまりにも酷い状態が続いている場合は婦人科を受診してください。
 
 
 
 

『 市販薬の服用し過ぎに要注意 』


 
症状はそれほど辛くないにもかかわらず、気休め的に薬を服用しすぎてしまうのも問題です。次第に薬の量が増えてしまい、本当につらい症状が出たときに効かなくなるリスクがあります。
 
 
また、本来であれば引き起こす可能性の低い病気を引き起こしてしまう可能性があるので十分注意してください。ということで今回は、仙骨を温めるセルフケアで生理痛を和らげる方法を解説した動画をご紹介させていただきます。
 
 
どれも自分で簡単にできるものばかりなので、もし今現在生理痛のつらい症状に苦しめられているのであれば、ぜひこちらの動画を御覧ください。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

更年期障害の症状と原因!この苦しい症状はいつまで続くの?更年期障害と付き合うには慌てない、無理しない、焦らない!

 
Menopause.jpg
 
 
 
 

■ 更年期障害とは!?


 
今回は、「更年期障害」についてです。
 
 
更年期障害は女性特有のものと考えられていますが、近年は中高年の男性の発症するケースが急増しています。
 
 
今回は女性が発症するケースについてまとめています。
 
 
ちなみに更年期とは、閉経期に卵巣の働きが著しく低下することを指します。
 
 
その期間は人によって異なりますが、だいたい10年程度とされています。
 
 
閉経期に入る前に更年期障害特有の様々な症状に苦しめられる方が少なくありません。
 
 
 
 
 

■ 更年期障害の主な症状


 
更年期障害の主な症状として、以下のとおり心の症状と体の症状があり、女性特有のものと思われがちですが、最近は男性の間でもこうした症状に悩まされている方が増えています。
 
 

【心の症状】
 
(1)落ち込み
(2)憂うつ
(3)イライラ
(4)集中力
(5)無気力
(6)不眠
(7)不安感
 
 
 
【体の症状】
 
(1)のぼせ
(2)発汗
(3)冷え
(4)動悸
(5)息切れ
(6)疲労感
(7)肩こり
(8)頭痛
(9)めまい
(10)吐き気
(11)腰痛
(12)関節痛
 

 
 
ここ最近の傾向として更年期症状の中で、最も多く一般的なものが「ホットフラッシュ」です。
 
 
 
 
 
menopausal_symptoms.jpg
 
 
 

■ ホットフラッシュとは!?


 
ホットフラッシュは周囲の環境とは関係なく、「のぼせ」「ほてり」「発汗」といった症状が突然引き起こされ、最初の頃は余りにも突然すぎてどのように反応していいかわからずに多くの方が戸惑います。
 
 
ということで、今回は以下の通り「更年期障害」についてまとめさせていただいた記事と精神科医:樺沢紫苑先生が更年期障害とうつ病の違いについて非常に分かりやすく解説された動画をご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます