ウォーキングのタグ記事一覧


タグ:ウォーキング

ウォーキングのタグが付いた記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

体の痛み不調の原因
    ■ 運動不足は万病の元だった...  長時間に渡って座りっぱなしの状態が続くことで、代謝機能や血液の流れが次第に悪化します。そのまま放置してしまうと深刻な病気を引き起こすリスクがあるので、職場でも意識して立ったり歩いたりすることが大切です。  加齢が進むにつれて筋肉量が低下するので、余計に運動不足による健康被害が深刻化します。そこでオススメしたいのが「ウォーキング」です。1日30分以上、週3回...

記事を読む

各種健康法
    ■ 天才はウォーキングが大好き!?  ウオーキングは有酸素運動の中で、もっとも気軽に出来るので、老若男女を問わず幅広い世代に親しまれていますが、多くの方が健康を目的に行っていると思います。  しかし、ウォーキングは、脳を効果的に刺激するので認知症予防などにもいいですし、また、想像力を掻き立てて、人が本来持っているクリエイティブな側面を引き出してくれます。  確かにウォーキングは他の運動よりも...

記事を読む

その他
     出典:認知症ネットさん    ■ やっぱりウォーキングは凄かった?  健康効果の高いエクセサイズは沢山ありますが、その中でもウォーキングの健康効果は飛び抜けています。正しい方法でやれば、代謝の活性化、免疫力アップ、脳の活性化、リラックス効果、ダイエット効果などが期待できます。  ちなみに健康を維持しようと思ったら1日24時間の総歩行数=「8000歩」とされています。そのうち中強度のペースで...

記事を読む

その他
    ■ ウォーキングは無料で出来る最高の健康法!  歩くことの大切さを分かりやすく解説した本『病気の9割は歩くだけで治る! ~歩行が人生を変える29の理由~ 簡単、無料で医者いらず』の作者である長尾和宏医師は、現代病の大半は、歩かないことが原因であると力説しています。  一例をあげると糖尿病人口は、すでに950万人に達していて、高血圧人口は、4千万人、高脂血症人口は、2千万人、認知症人口は460万人(予備軍も加...

記事を読む

ウォーキングの優れた健康効果5選!免疫機能を強化して老化、骨粗鬆症、高血圧、動脈硬化、がん、糖尿病の予防に利く!

 
17620170731ht.png
 
 
 
■ 運動不足は万病の元だった...
 
 
長時間に渡って座りっぱなしの状態が続くことで、代謝機能や血液の流れが次第に悪化します。そのまま放置してしまうと深刻な病気を引き起こすリスクがあるので、職場でも意識して立ったり歩いたりすることが大切です。
 
 
加齢が進むにつれて筋肉量が低下するので、余計に運動不足による健康被害が深刻化します。そこでオススメしたいのが「ウォーキング」です。1日30分以上、週3回以上行うのが健康を維持する上で理想とされています。
 
 
ちなみにハーバード・メディカル・スクールの研究チームは、1日30分以上の活発なウォーキングを習慣化することによって、以下の効果が得られると報告しています。やはりウォーキングは生活習慣を改善するうえで欠かすことができない最強エクセサイズです。

» 記事の続きを読む

ウォーキングは最強の脳トレ!歩きながら脳を活性化して記憶力や認知機能の低下、アルツハイマー型認知症の予防に利く!

 
6010090171226ht.png
 
 
 
■ 天才はウォーキングが大好き!?
 
 
ウオーキングは有酸素運動の中で、もっとも気軽に出来るので、老若男女を問わず幅広い世代に親しまれていますが、多くの方が健康を目的に行っていると思います。
 
 
しかし、ウォーキングは、脳を効果的に刺激するので認知症予防などにもいいですし、また、想像力を掻き立てて、人が本来持っているクリエイティブな側面を引き出してくれます。
 
 
確かにウォーキングは他の運動よりもダイエット効果は低いかもしれませんが、それをも上回るウォーキングのメリットは計り知れません。アインシュタインやスティーブ・ジョブズなど歴史に名を残した天才たちもウォーキングで数々のアイディアを生み出し、偉業を成し遂げています。
 
 
 
 
995_20161230170105a61.png
 
 
 
『 ウォーキングで時代を変えるアイディアを生み出す! 』
 
 
例えば1970年代に設立し、2000年代には時価総額世界一の企業となった「アップル」の創業者であるスティーブ・ジョブズ氏は若い頃から瞑想とウォーキングを周囲が呆れくらい頻繁に行っていたようです。
 
 
あの独創的なアイディアはデスクでじっと考えているだけでは生まれませんよね。もしかしたらウォーキングをしていなければ生まれなかったかもしれません。

» 記事の続きを読む

ウォーキングは13種類のがんの予防に利く!ウォーキングで第二の心臓「足」を鍛えて血流を改善しながら免疫力アップ!

 
 
1182017921ht.png

   出典:認知症ネットさん
 
 
 
 
■ やっぱりウォーキングは凄かった?
 
 
健康効果の高いエクセサイズは沢山ありますが、その中でもウォーキングの健康効果は飛び抜けています。正しい方法でやれば、代謝の活性化、免疫力アップ、脳の活性化、リラックス効果、ダイエット効果などが期待できます。
 
 
ちなみに健康を維持しようと思ったら1日24時間の総歩行数=「8000歩」とされています。そのうち中強度のペースで(歩行)を行う時間が「15~20分」となっています。ここでポイントとなるのは「早歩き」です。
 
 
 
 
30160170301ht.png

 

『 早歩きするだけで驚くべき効果! 』
 
 
早歩きによって、脳が刺激され、筋力もアップするので基礎代謝も同時に高まることから、活字にすると大げさに感じられるくらい優れた健康効果が得られるようです。
 
 
ちなみに上にある表は認知症ネットさんから転載させて頂いたデータ(群馬県中之条町に住む65歳以上の高齢者を対象に2000年から継続調査されている通称「中之条研究(奇跡の研究)」)です。
 
 
 
 
 
1842017929ht.png

 
 
■ 足は第二の心臓だった?
 
 
ご存知のとおり足は心臓から最も離れているため、心臓だけでは血液が体全体に届きません。我々人間は歩くことによって足裏がポンプの役割をしながら心臓が持つ血液循環の働きをサポートしています。
 
 
このため足は第2の心臓と呼ばれているわけですが、上図にありますとおり足裏には沢山のツボがあります。歩くことによって、血流を改善するだけでなく、これらのつぼを効率をく指圧することが出来る点もウオーキングの大きなメリットです。
 
 
 
 
3764420161220l.png
   出典:認知症ネットさん
 
 
 
『 ウォーキングの優れたガン予防効果について 』
 
 
都会に住んでいる方は、毎日の通勤・通学を歩くようにすれば無理なく達成できますが、マイカー通勤が当たり前となっている地方では、意識して歩くようにしないと難しいですね。
 
 
しかし、ウォーキングを週5日程度行なうことよって得られるメリットは非常に大きいです。米国( 米国立がん研究所、米国立衛生研究所、米国がん学会の合同チーム)で発表された最新の研究結果によりますと、週5日程度ウォーキングすることによって13種類ものがんリスクを低下することが明らかになっています。
 
 
ウォーキングは数あるエクセサイズの中でも、がん予防効果に関してはダントツです。ということで、今回はウォーキングのがん予防効果について詳しく解説されているJ-CASTニュースさんの記事と健康効果の高い正しいウォーキング方法を実演した動画を合わせてご紹介させて頂きます。

» 記事の続きを読む

ウオーキングの健康効果が凄い!足腰を鍛えながら脳の働きも改善!動脈硬化、脳卒中、うつ病、認知症、がんの予防に!

 
2151001708026ht.png
 
 
 
■ ウォーキングは無料で出来る最高の健康法!
 
 
歩くことの大切さを分かりやすく解説した本『病気の9割は歩くだけで治る! ~歩行が人生を変える29の理由~ 簡単、無料で医者いらず』の作者である長尾和宏医師は、現代病の大半は、歩かないことが原因であると力説しています。
 
 
一例をあげると糖尿病人口は、すでに950万人に達していて、高血圧人口は、4千万人、高脂血症人口は、2千万人、認知症人口は460万人(予備軍も加えると900万人)。そして、毎年100万人が新たにがんにかかっていて、年間で37万人もの人が、がんで亡くなってます。
 
 
その原因が「歩かない」からであるとし、歩くことの大切さを長年にわたって説いているのですが、当たり前すぎて真剣に取り組む人が依然として少ないのが現状です。しかし、無料で出来て尚且つ効果が高い健康法はありません。
 
 
 
 
■ 普通に歩いているだけじゃだめ?
 
 
私は毎朝4時に起床し、ウォーキング、ジョギング、ストレッチを行っているのですが、朝早くから中高年の方々がウォーキングされています。
 
 
ただ歩くだけではあまり効果はないと知り合いのスポーツインストラクターにアドバイスされたので、2kgの鉄アレイを持ってつま先立ちで歩いています。
 
 
 
1220161114.png
 
 
 
『 負荷をかけるとウォーキングの効果がさらにアップ! 』
 
 
このスタイルに変えてから30分程度のウォーキングで真冬でも汗をびっしょりかきます。ただ歩くだけでも気分が晴れたりするので、まったく効果がないわけではないと思いますが、やはりある程度負荷をかけた方がいいようです。
 
 
今回は、三宅裕司さんと渡辺満里奈さんがMCを務めるTBSの人気情報番組「健康カプセル!ゲンキの時間」で特集されたウォーキングについて分かりやすくまとめたJ-CASTニュースさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます