インナーマッスルのタグ記事一覧


タグ:インナーマッスル

インナーマッスルのタグが付いた記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

ダイエット
    ■ 体脂肪について 今回のテーマでは「体脂肪」とは、体の脂肪のことを表し、皮下脂肪や内臓脂肪も含めた総称です。  体脂肪計で計測できる体脂肪率は、体重に占める体脂肪の割合をパーセンテージで表したものです。  ちなみに脂肪はつく場所によって名前が異なります。  皮膚と筋肉の間に蓄えられた脂肪のことを皮下脂肪といいます。  そして、お腹の内臓周辺に蓄えられた脂肪を内臓脂肪といいます。  気になる...

記事を読む

筋トレ
     ■ 体幹トレーニングを日々の生活に取り入れよう! ようやく体幹トレーニングがアスリート以外の一般の人たちにも浸透してきていますが、やはり難しいイメージがあるため、敬遠される方も依然として多いのが現状です。  しかし、体幹トレーニングは場所を選ばず、どこでも気軽に行なうことができますし、特別な運動能力も必要ないので、器具を使った激しいトレーニングが嫌いな方にぴったりのトレーニング法です。  ...

記事を読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

本気でやせたいなら苦しい食事制限をやめてインナーマッスルを鍛えて体脂肪を効率よく減らしましょう!

 
Puffy_belly_12211.jpg
 
 
 

■ 体脂肪について


 
今回のテーマでは「体脂肪」とは、体の脂肪のことを表し、皮下脂肪や内臓脂肪も含めた総称です。
 
 
体脂肪計で計測できる体脂肪率は、体重に占める体脂肪の割合をパーセンテージで表したものです。
 
 
ちなみに脂肪はつく場所によって名前が異なります。
 
 
皮膚と筋肉の間に蓄えられた脂肪のことを皮下脂肪といいます。
 
 
そして、お腹の内臓周辺に蓄えられた脂肪を内臓脂肪といいます。
 
 
気になる体脂肪の基準値については、以下のとおりになります。
 
 

【男女の体脂肪の基準値】
 
・男性:体脂肪率が15~20%が標準
 
・女性:体脂肪率が20~30%が標準


 
 
 
 
 

■ 体脂肪が増えるデメリットが怖い


 
体脂肪が増えすぎてしまうと、健康に悪影響を及ぼします。
 
 
脂肪のついている位置によってその影響は大きく異なり、男性に多いとされる内臓脂肪肥満は、りんご型肥満と呼ばれています。
 
 
りんご型肥満は、高血糖・脂質異常・高血圧などの生活習慣病発生リスクが高くなると言われています。
 
 
一方、女性に多いとされる皮下脂肪型肥満は、洋ナシ型肥満と呼ばれています。
 
 
内臓脂肪と異なり動脈硬化など生活習慣病を発症するリスクは低いですが、関節痛、月経異常などを発症するリスクが高いので注意が必要です。
 
 
 
 
 

■ 体脂肪を減らすメリットとは?


 
体脂肪を減らすことによって得られるメリットは以下のとおりです。
 
 
 

▼ 体脂肪を減らすメリット(1)「生活習慣病を予防」


 
体脂肪が増えすぎてしまうと、肥満、糖尿病、高血圧などの生活習慣病を発症するリスクが高まります。
 
 
体脂肪を減らすことによって生活習慣病を予防することができます。
 
 
 
 

▼ 体脂肪を減らすメリット(2)「自分に自信が持てる」


 
体脂肪を減らすことによって、それまで脂肪に隠れていた筋肉が見えてきます。
 
 
より引き締まった肉体を手に入れることができます。
 
 
体脂肪が減って見た目が良くなったことや、体脂肪を減らす努力したことによって、自己肯定感が高まり、自分に自信が持てます。
 
 
 
 

▼ 体脂肪を減らすメリット(3)「運動能力の向上」


 
体脂肪を減らすと、身体がより動かしやすくなります。
 
 
これにより、運動やスポーツのパフォーマンスが向上する可能性があります。
 
 
 
 
 

■ 体脂肪を減らすには!!


 
体脂肪は体重を減らすよりも難しいですよね。
 
 
まず食事制限で体脂肪を落とそうとしても中々難しいです。
 
 
食事制限によって筋肉量が減り、基礎代謝が低下するため、かえって痩せにくくなってしまいます。
 
 
ですので、体脂肪を減らすのは思いのほか難しいんです。
 
 
しかし、インナーマッスルを効率よく鍛える簡単なトレーニングを習慣化すれば、効率よく脂肪燃焼をすることが出来るようになります。
 
 
 
 
Puffy_belly_12212.jpg
 
 
 
さらに体脂肪を効率よく減らすために必要となるのは以下の点です。
 
 

【体脂肪を効率よく減らすには】
 
(1)食事回数を減らさない
 
(2)有酸素運動を行なう
 
(3)軽い筋肉トレーニングを行なう
 
(4)一日のエネルギー量を知り、摂取カロリーを調整する
 
(5)アルコール類の飲みぎに注意する


 
 
 

『 食事制限ダイエットのデメリットとは!? 』


 
(1)は、先に申し上げた通り、無理に食事回数を減らせば筋肉量が落ちるので基礎代謝が低下し、脂肪を燃焼する働きが悪化するので逆に太りやすくなってしまいます。
 
 
(2)の有酸素運動(ウォーキングやジョギングなど)によって、代謝を上げながら効率よく脂肪を燃焼できるので、太りにくい体質へと改善されていきます。
 
 
(3)の筋肉トレーニングによって適度な筋肉がつくことによって代謝が高まりますので、脂肪が燃焼されやすくなり、太りにくい体質へと改善されていきます。
 

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

体幹トレーニングの6つの健康効果が凄い!全身の血流を改善して脂肪がすっきり!肩こりや腰痛の予防にも役立つ!

 
trunk_training_301.jpg
 
 
 
 

■ 体幹トレーニングを日々の生活に取り入れよう!


 
ようやく体幹トレーニングがアスリート以外の一般の人たちにも浸透してきていますが、やはり難しいイメージがあるため、敬遠される方も依然として多いのが現状です。
 
 
しかし、体幹トレーニングは場所を選ばず、どこでも気軽に行なうことができますし、特別な運動能力も必要ないので、器具を使った激しいトレーニングが嫌いな方にぴったりのトレーニング法です。
 
 
たった数分やるだけで、運動不足を解消できますし、呼吸を整えながらインナーマッスルを鍛えることができるので、効率よく脂肪燃焼することが出来ます。
 
 
その結果ダイエット効果も期待できます。
 
 
 
 
 

■ 体幹なら横腹の贅肉もとれる!?


 
とにかく体幹トレーニングはメリットが多いです。
 
 
私は横腹に肉がつきやすいため、普通のトレーニングを実践しているときは、横腹の脂肪をとることができませんでした。
 
 
しかし、体幹トレーニングを実践するようになってから、2週間程度で気にならないレベルにまで脂肪がとれました。
 
 
今も週最低5日はやっていますので、自信を持っておすすめできます。
 
 
ということで、今回は体幹トレーニングの基本とメリットについてわかりやすく解説した綺麗のトリセツさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます