69_201509072352507f8.png





■アルコール依存症とは?


今回のテーマは「アルコール依存症」です。厚生労働省の調べによりますと、日本国内には今現在アルコール依存症患者の数が80万人に達しているとされています。


アルコール依存症は習慣的に飲酒する人なら誰でもかかる可能性のある病気です。


アルコール依存症は飲酒行動を自分の意思でコントロールすることが困難になります。


例えばどんなに体の具合が悪く、翌日の仕事に悪影響を与えるといった、あらゆる面で悪いことは分かっていても飲み過ぎてしまう、そういう心の病気です。


アルコール依存症に一度陥ると自分の力で回復するのは非常に難しく、また放置すればいたるところに悪影響をおよぼすので、早めに医療機かを受診する必要があります。



出典:「健康ぷらざ」







» 記事の続きを読む