むずむず脚症候群のタグ記事一覧


タグ:むずむず脚症候群

むずむず脚症候群のタグが付いた記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

その他
      ■ 睡眠の質が低下する理由とは?  仕事の疲れやストレスが年齢とともに解消するのが難しくなってきます。その原因としては「睡眠」の質の低下があげられます。加齢が進むについて睡眠時間が短くなります。ですので、その分一回あたりの睡眠の質を高める努力がどうしても必要となります。  人間の体は朝起きておひさまの陽を浴びてから13~15時間程度経過すると、睡眠ホルモンのメラトニンが分泌されるので、次...

記事を読む

睡眠について
■不眠の問題今回のテーマはお悩みの方も多いと思います。「不眠」です。中でも現代病の一つと言われている睡眠障害の種類は以下のとおりです。(1)不眠症(2)過眠症(3)概日リズム障害(4)睡眠呼吸障害(5)むずむず脚症候群(6)周期性四肢運動障害(7)睡眠時随伴症これらの症状の特徴としては以下のようなものがあります。(1)眠むたいのに眠れない(2)日中に強い睡魔に襲われる(3)大声で寝言を言う(4)大...

記事を読む

睡眠について
■夏は睡眠障害になりやすい今回のテーマは「睡眠障害」です。意外に知られていないのですが、睡眠障害には不眠症や睡眠時無呼吸症候群など50種類以上あり、多くの人々の快眠を妨げています。今現在日本人のおよそ5人に1は何らかしらの睡眠障害を抱えています。特に夏の暑い時期は、寝不足状態が続くと睡眠障害を引き起こしやすいので要注意です。例えば今現在あなたは毎日こんなことに悩まされていませんか?。●冷房をかけると...

記事を読む

睡眠障害を放置するのは危険!体調不良の大半は「睡眠」に問題あり!睡眠の質を高めてぐっすり寝る方法

 
 
1972017930ht.png

 
 
 
 
■ 睡眠の質が低下する理由とは?
 
 
仕事の疲れやストレスが年齢とともに解消するのが難しくなってきます。その原因としては「睡眠」の質の低下があげられます。加齢が進むについて睡眠時間が短くなります。ですので、その分一回あたりの睡眠の質を高める努力がどうしても必要となります。
 
 
人間の体は朝起きておひさまの陽を浴びてから13~15時間程度経過すると、睡眠ホルモンのメラトニンが分泌されるので、次第に体は眠る体制に入っていきます。
 
 
睡眠の質を高めるには、その2時間以内に眠ることが理想とされています。しかし、現実問題として働いている人にとっては難しいですよね。
 
 
 
 
522016909.png
 
 
 
■ 体調不良の原因は睡眠にあった?
 
 
日々の仕事による疲労やストレスを解消するには、どうしても「休養」が必要になります。我々日本人は欧米の人たちと異なり、この休養することが難しいですよね。休むことに対して大なり小なり罪悪感を感じてしまうからだと思います。
 
 
ですので、なおさらのこと睡眠の質を高めることが大事なんです。そうすることで欧米の人のように定期的に長期間休む必要はありません。毎日その日の疲れやストレスを解消できます。実際に体調不良の大半は寝ることで解消できるといわれてます。
 
 
寝つきが悪い方の大半は体内時計が狂っていたりします。寝る直前になっても頭を血が巡り続けているためです。ですので、睡眠の質を高めることで、血流が改善して代謝、免疫力、脂肪燃焼効率を高めることができます。
 
 
 
 
3334016921.png
 
 
 
『 脳を興奮させない! 』
 
 
小学校のころの遠足を思い出して下さい。楽しいことがある前日は、普段のように眠れませんよね。目が覚めてしいまうのは興奮して脳が緊張しているからなんです。
 
 
同じように翌日会議があったり、重要な取引があったり、主張のため朝早く起きなければいけない場合、脳が緊張してしまい目が覚めていつまでも眠れません。

» 記事の続きを読む

不眠の原因と症状について!なぜ眠ることが出来なくなるのか?



97_2015091123574658f.png




■不眠の問題


今回のテーマはお悩みの方も多いと思います。「不眠」です。


中でも現代病の一つと言われている睡眠障害の種類は以下のとおりです。


(1)不眠症

(2)過眠症

(3)概日リズム障害

(4)睡眠呼吸障害

(5)むずむず脚症候群

(6)周期性四肢運動障害

(7)睡眠時随伴症



これらの症状の特徴としては以下のようなものがあります。


(1)眠むたいのに眠れない

(2)日中に強い睡魔に襲われる

(3)大声で寝言を言う

(4)大きなイビキをかく

(5)幻聴や幻覚

(6)夜中に何度も起きる



中でも深刻なのは睡眠時無呼吸症候群で、寝ている間に呼吸が止まってしまう病気です。そのため眠りが浅くなり、日中に眠気や集中力の低下を引き起こします。


イビキが酷いとか、昼間の眠気、だるさ、そして、夜中に何度も目が覚めるといったような症状がある方は睡眠時無呼吸症候群である可能性が高いので注意が必要です。



【 出典 】

KSB瀬戸内海放送 公式チャンネル






» 記事の続きを読む

なぜ暑い時期に睡眠障害になりやすいのか?!急増している睡眠障害の怖すぎる症状とは?!



90.png





■夏は睡眠障害になりやすい


今回のテーマは「睡眠障害」です。意外に知られていないのですが、睡眠障害には不眠症や睡眠時無呼吸症候群など50種類以上あり、多くの人々の快眠を妨げています。


今現在日本人のおよそ5人に1は何らかしらの睡眠障害を抱えています。


特に夏の暑い時期は、寝不足状態が続くと睡眠障害を引き起こしやすいので要注意です。例えば今現在あなたは毎日こんなことに悩まされていませんか?。


●冷房をかけると寒くて眠れない

●冷房をかけないと暑くて眠れない

●結局朝まで寝た気がしない


一つでも当てはまるのであれば注意が必要です。もし眠れないのは蒸し暑い時期だからといって放置してしまうのは非常に危険です。そこには大きな落とし穴が潜んでいます。


睡眠不足になるとどうしても血液や脈拍に影響がでてくるんで、体調不良を引き起こしてしまいますし、睡眠障害にならないためにも蓄積する寝不足は避けなければいけません。


夏の寝不足を放置してしまうことで、睡眠障害を引き起こしてしまう可能性が高まります。


その他にも眠りながら突然大声を出したり、暴れだす「レム睡眠行動障害」に陥ることもあります。また、脚がむずむずかゆくて眠れない「むずむず脚症候群」も急増してます。



出典:「tvasahi」







» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます