ふくらはぎのタグ記事一覧


タグ:ふくらはぎ

ふくらはぎのタグが付いた記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

マッサージ
     ■ 足がつった原因をしっかり把握しよう! ぐっすり寝ているときに突然足がつってしまい、あまりの痛さに目が覚めてしまう経験が20歳をすぎれば誰でも経験されたことがあるかと思います。  単なる疲労によって足がつってしまうのであれば、しっかりケアすることでいくらでも対応できますが、それ以外のことが原因で足がつってしまう場合は要注意です。    ▼ 他の病気の可能性もあるので要注意! もしかしたら病...

記事を読む

ストレッチ
     ■ ふくらはぎは第二の心臓 血液の流れをスムーズに保つことによって、私たち人間は健康を維持することができます。  一般的に血液を運ぶのは心臓だと思われていますが、実は心臓だけでは全身に血液を送り出すことができないんです。  意外に思われるかもしれませんが、人間の体の血液の約70%は、下半身に集まっていて、「ふくらはぎ」が、下半身に流れてきた血液を心臓へと送り出す第二ポンプのような役割を果た...

記事を読む

ストレッチ
     ■ 運動不足が深刻な状況に!? どんなに美容(ダイエット)や健康のために運動をしようと思っても、実際に続けるのは大変ですよね。  しかし、継続しなければどんなに優れたエクセサイズでも健康効果は期待できないので、効果を実感する前に止めてしまうのは本当にもったいないです。  美容や健康のために運動(ジムに通ったり、格闘技を習ったり)を始める人は実際に多いですが、せっかく大変な思いをして始めたに...

記事を読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

寝ているときや運動しているときに突然襲ってくる足がつったときの痛みの原因と対処法!足のつりを予防するには?

 
leg_cramps_01071.jpg
 
 
 
 

■ 足がつった原因をしっかり把握しよう!


 
ぐっすり寝ているときに突然足がつってしまい、あまりの痛さに目が覚めてしまう経験が20歳をすぎれば誰でも経験されたことがあるかと思います。
 
 
単なる疲労によって足がつってしまうのであれば、しっかりケアすることでいくらでも対応できますが、それ以外のことが原因で足がつってしまう場合は要注意です。
 
 
 
 

▼ 他の病気の可能性もあるので要注意!


 
もしかしたら病気を抱えている可能性もあるので、手遅れにならないためにも、足がつってしまう原因と対処法について予め知っておく必要があります。
 
 
ということで今回はは国立医学図書館(米国)や全日本鍼灸マッサージ師会の情報をまとめた記事とふくらはぎのセルフマッサージの動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

ひざ裏を伸ばす健康効果がすごい!ふくらはぎが柔らかくなって若返る!肌老化、腰痛、肩こり、生活習慣病の予防に!

 
stretch_the_back_of_the_knee_161.jpg
 
 
 
 

■ ふくらはぎは第二の心臓


 
血液の流れをスムーズに保つことによって、私たち人間は健康を維持することができます。
 
 
一般的に血液を運ぶのは心臓だと思われていますが、実は心臓だけでは全身に血液を送り出すことができないんです。
 
 
意外に思われるかもしれませんが、人間の体の血液の約70%は、下半身に集まっていて、「ふくらはぎ」が、下半身に流れてきた血液を心臓へと送り出す第二ポンプのような役割を果たしています。
 
 
このためふくらはぎは「第二の心臓」といわれています。
 
 
ですので、ふくらはぎの筋肉を揉みほぐすと、血液の流れがスムーズになり、同時に代謝や免疫力も高まるので病気も快方に向かいます。
 
 
反対にふくらはぎの筋肉が固くなってしまうと血液の流れが悪化して様々な病気を引き起こす原因となります。
 
 
 
 
 
stretch_the_back_of_the_knee_162.jpg
 
 
 

■ ふくらはぎの筋肉が固くなるデメリットとは!?


 
ふくらはぎは、疲労が蓄積しやすいので、固くなりやすいことから、ストレッチやウォーキングなど適度な運動を習慣化する必要があります。
 
 
運動不足が長期間続いてしまい、ふくらはぎの筋肉が硬直してしまうと、老廃物がたまり、むくみやすく、疲れやすくなります。
 
 
それほどふくらはぎは重要なんです。ということで今回は数年前にベストセラーとなった本、5秒 ひざ裏のばしですべて解決 ― 壁ドン! 壁ピタ! ストレッチの内容の紹介とふくらはぎを伸ばすストレッチをご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

つま先立ちの若返り効果が凄い!ふくらはぎと足裏のつぼをまとめて指圧!血流とリンパを改善して筋力低下、むくみも予防!

 
tiptoe_12201.jpg
 
 
 
 

■ 運動不足が深刻な状況に!?


 
どんなに美容(ダイエット)や健康のために運動をしようと思っても、実際に続けるのは大変ですよね。
 
 
しかし、継続しなければどんなに優れたエクセサイズでも健康効果は期待できないので、効果を実感する前に止めてしまうのは本当にもったいないです。
 
 
美容や健康のために運動(ジムに通ったり、格闘技を習ったり)を始める人は実際に多いですが、せっかく大変な思いをして始めたにもかかわらず、1ヶ月もしないでやめてしまう方が非常に多いです。
 
 
仕事や学業などで毎日忙しく活動されているので、出勤前や帰宅されてから運動する気には中々なれないので、無理もありません。
 
 
しかし、一日中座りっぱなし、もしくは立ちっぱなしの状態で過ごしている人は運動不足が後々響きます。
 
 
 
 
 

■ 運動不足が長期化するデメリットが怖すぎる


 
運動不足が長期化すると様々なデメリットが生じます。
 
 
 

▼ 運動不足のデメリット(1)「体の機能が衰える」


 
運動不足により筋肉量が減少して筋力が低下します。
 
 
また、骨への刺激が減ることで骨密度が低下するリスクが高まります。
 
 
さらに運動不足によって代謝も低下するので肥満や生活習慣病のリスクも高まります。
 
 
 
 

▼ 運動不足のデメリット(2)「メンタルにも悪影響」


 
運動不足が長期化するとこうした体の機能が衰えだけでなくメンタル面でも悪影響を及ぼします。
 
 
運動不足が続くと、セロトニンの分泌量が徐々に減少し、ストレスを感じやすくなります。
 
 
この状態を放置してしまうとうつ病などメンタル疾患を発症するリスクが高まります。
 
 
 
 

▼ 運動不足のデメリット(3)「免疫力低下で様々な病気の原因に」


 
運動不足が長期化すると免疫力の低下につながります。
 
 
免疫力が低下すると、様々な病気を発症するリスクが高まります。
 
 
運動不足の人は、運動を習慣にしている人に比べて、入院率が2倍以上、ICU使用率が1.73倍、死亡率が2.49倍になることが研究で明らかになっています

» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます