tiptoe_12201.jpg
 
 
 
 

■ 運動不足が深刻な状況に!?


 
どんなに美容(ダイエット)や健康のために運動をしようと思っても、実際に続けるのは大変ですよね。
 
 
しかし、継続しなければどんなに優れたエクセサイズでも健康効果は期待できないので、効果を実感する前に止めてしまうのは本当にもったいないです。
 
 
美容や健康のために運動(ジムに通ったり、格闘技を習ったり)を始める人は実際に多いですが、せっかく大変な思いをして始めたにもかかわらず、1ヶ月もしないでやめてしまう方が非常に多いです。
 
 
仕事や学業などで毎日忙しく活動されているので、出勤前や帰宅されてから運動する気には中々なれないので、無理もありません。
 
 
しかし、一日中座りっぱなし、もしくは立ちっぱなしの状態で過ごしている人は運動不足が後々響きます。
 
 
 
 
 

■ 運動不足が長期化するデメリットが怖すぎる


 
運動不足が長期化すると様々なデメリットが生じます。
 
 
 

▼ 運動不足のデメリット(1)「体の機能が衰える」


 
運動不足により筋肉量が減少して筋力が低下します。
 
 
また、骨への刺激が減ることで骨密度が低下するリスクが高まります。
 
 
さらに運動不足によって代謝も低下するので肥満や生活習慣病のリスクも高まります。
 
 
 
 

▼ 運動不足のデメリット(2)「メンタルにも悪影響」


 
運動不足が長期化するとこうした体の機能が衰えだけでなくメンタル面でも悪影響を及ぼします。
 
 
運動不足が続くと、セロトニンの分泌量が徐々に減少し、ストレスを感じやすくなります。
 
 
この状態を放置してしまうとうつ病などメンタル疾患を発症するリスクが高まります。
 
 
 
 

▼ 運動不足のデメリット(3)「免疫力低下で様々な病気の原因に」


 
運動不足が長期化すると免疫力の低下につながります。
 
 
免疫力が低下すると、様々な病気を発症するリスクが高まります。
 
 
運動不足の人は、運動を習慣にしている人に比べて、入院率が2倍以上、ICU使用率が1.73倍、死亡率が2.49倍になることが研究で明らかになっています

» 記事の続きを読む