がん治療のタグ記事一覧


タグ:がん治療

がん治療のタグが付いた記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

その他
      ■ あのナマコは、がん治療の救世主だった!  日本人の死亡原因第1位は「がん」です。2014年に厚労省から発表されたデータによりますと、男性は4人に1人(25%)、女性は6人に1人(約16%)が「がん」によって死亡しています。  勿論治療によってがんを克服された人もいるので、実際にがんを罹患された方はかなりの数になります。最近になって色々な治療法が研究によって確立されつつありますが、実用...

記事を読む

その他
■民間療法を選ぶポイント肝内胆管がんで54歳という若さで亡くなられた川島なお美さんは、昨年1月に肝内胆管がんの手術を受けるも、術後に行なう抗がん剤治療を頑なに拒否したようです。抗が剤の強い副作用でによって女優の仕事に支障が出る可能性があることに強い警戒感を示していたようなんですが、その代わりに選んだのがいわゆる民間療法です。何でも「邪気を純金の棒で体をこすることにより取り払ってくれる」そうです。今...

記事を読む

その他
■がんの治療法とは?川島なお美さんは、今年1月に肝内胆管がんの手術を受けるも「抗がん剤治療」を拒否し、民間療法を選択しましたが、残念ながら54歳という若さで亡くなられました。川島なお美さんを苦しめた肝内胆管がんは自覚症状がなく、罹患率と死亡率がほぼ同じで、治療しても治りにくいことから、死亡につながりやすい病気の一つとされています。現在医療機関で受けられるがんの治療法は以下の通りとなっています。(1...

記事を読む

ナマコがガン治療の救世主!?ナマコの「フロンドサイド」という成分が副作用ゼロで「がん細胞」の約95%を消滅!

 
 
7774201611107.png
 
 
 
 
■ あのナマコは、がん治療の救世主だった!
 
 
日本人の死亡原因第1位は「がん」です。2014年に厚労省から発表されたデータによりますと、男性は4人に1人(25%)、女性は6人に1人(約16%)が「がん」によって死亡しています。
 
 
勿論治療によってがんを克服された人もいるので、実際にがんを罹患された方はかなりの数になります。最近になって色々な治療法が研究によって確立されつつありますが、実用化されるまでにはまだまだ時間がかかりそうです。
 
 
そうした中で、「ナマコ」に含まれる成分が副作用ゼロで短時間でガン細胞の約95%を消滅させることが研究によって医科学的に証明されました。ただし、ナマコを食することで「がん細胞」を消滅するわけではありません。しかし、ナマコには優れた健康効果が沢山あります。
 
 
 
 
7854201611107_20161108184542505.png
 
 
 
『 欧米でもナマコの存在が注目を集めている!? 』
 
 
中国では、すでに漢方薬として数百年も前からナマコが使われていて、その優れた健康効果が高く評価されていますが、欧米ではナマコ自体あまり知られていません。西洋医学の領域でナマコが取り上げられることは皆無です。
 
 
しかし、ナマコに含まれる成分がが癌細胞を消滅させ、人間の持つ免疫システムを活性化することが証明され、がん治療の救世主としてナマコが注目されつつあるので、欧米でもナマコの存在が広く知れ渡る可能性があります。
 
 
ナマコは、魚介類の中でも養殖が容易な部類に入りますので、今後ナマコの養殖に世界中から投資が集まると地方経済も活性化するので、政府主導でも民間主導でもなんでもいいので一日も早く実用化してもらいたいですね。

» 記事の続きを読む

川島なお美さんが選んだ民間療法とは?代替療法を選ぶさいの注意点について!



231.png





■民間療法を選ぶポイント


肝内胆管がんで54歳という若さで亡くなられた川島なお美さんは、昨年1月に肝内胆管がんの手術を受けるも、術後に行なう抗がん剤治療を頑なに拒否したようです。


抗が剤の強い副作用でによって女優の仕事に支障が出る可能性があることに強い警戒感を示していたようなんですが、その代わりに選んだのがいわゆる民間療法です。


何でも「邪気を純金の棒で体をこすることにより取り払ってくれる」そうです。


今回はがん治療で民間療法を選ぶにあたっての注意点をまとめさせて頂きました。



(1)有効性についてきちんと調べる

民間療法を受けることで、どのような効果が期待できるのか、しっかり調べる必要があります。


川島さんの例でいえば、もし仮に金の棒に触れることでがん治療の有効性が科学的に認められているというわけではないのであれば、その内容につい検討しなければなりません。


有効性が全く認められないのであれば、単なる気休めにしかなりません。本来医療機関で受けるべき治療に割く時間を無駄にしてしまう可能性もあるので要注意です。



(2)医師に相談する

補完代替療法を受ける前に必ず担当医に相談しましょう。医科学的根拠から医師の意見を求めたうえで再度関心のある代替療法を受けるか否か検討するようにしてください。



(3)昔からの言い伝えをうのみにしない

これは例えば「風邪のときにはネギを焼いて」などで、実際に効果がみられるものもありますが、がんとなるとさすがにうのみにするわけにはいきません。


民間療法を選ぶにあたって、きちんと治療の目的を明確にした上で探さないとカルトまがいのいかがわしいものに大金をつぎ込むことになるので、これらの点を気をつけてください。



【出典】Mocosuku Woman

» 記事の続きを読む

がんの治療法とは?医療機関で受けられるがんの治療法のメリット・デメリットとは?



224.png





■がんの治療法とは?


川島なお美さんは、今年1月に肝内胆管がんの手術を受けるも「抗がん剤治療」を拒否し、
民間療法を選択しましたが、残念ながら54歳という若さで亡くなられました。


川島なお美さんを苦しめた肝内胆管がんは自覚症状がなく、罹患率と死亡率がほぼ同じで、
治療しても治りにくいことから、死亡につながりやすい病気の一つとされています。


現在医療機関で受けられるがんの治療法は以下の通りとなっています。



(1)外科治療


がんの部分を取り出す手術をします。お腹を切る手術と腹腔鏡を使う手術の2つです。



(2)放射線治療


がんの病巣に放射線を照射を行います。がんは放射線により増える力を失い、死滅します。放射線治療は医師の技術格差が非常に大きく、再発リスクが高いとされています。



(3)化学療法

化学療法=抗がん剤治療となります。抗がん剤の内服や注射によって「がん細胞」を死滅するのですが、悪性の細胞だけでなく優良の細胞までも死滅してしまうリスクがあります。



(4)遺伝子治療

がんの元である遺伝子異常を減らしていきます。点滴、もしくは注射をします。抗がん剤、放射線による治療で免疫力が低下した状態でも治療可能で入院は不要です。


しかし、保険適用外なので1回あたり100万円以上の治療費がかかります。



(5)免疫療法

免疫療法は、がんだけに特化した「特異的免疫療法」と、免疫力を促進することによって、抗腫瘍効果を高める「非特異的免疫療法」の2つがあり、非常に優れた治療法です。


しかし、こちらも保険適用外なの治療費が非常に高額です。




【 出典 】

木の倉鍼灸マッサージ治療院


» 記事の続きを読む

 カテゴリ
Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます