うつ病のタグ記事一覧


タグ:うつ病

うつ病のタグが付いた記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

睡眠について
    ■ 寝すぎは全く体によくなかった!? 睡眠不足以上に寝過ぎは体に悪いとされています。  すでに「寝すぎ」に関する問題については、医学的なデータがすでに沢山発表されていますが、長期間にわたって寝すぎが習慣化してしまうと体だけでなく脳の働きにまで深刻なダメージを与える危険性があります。  米国心臓学会の研究結果によりますと、長期間にわたって毎日8時間以上眠ると心臓疾患のリスクを高める危険性があり...

記事を読む

食材の効果効能について
     ■ ブロッコリーはうつ病の予防に効く!? ブロッコリーに含まれている「スルフォラファン」という成分は、抗酸化物質の中でも特に抗酸化力が強力でして、実際に様々な病気を予防してくれます。  ちなみに「スルフォラファン」は、ブロッコリーの新芽に多く含まれています。  このため、ブロッコリースプラウトがここ数年で爆発的に人気を拡大しています。  自分で手軽に栽培できる点も人気の秘密です。  そんな...

記事を読む

メンタルケア
   【うつ病の初期症状】 ・何事にも興味がわかず、楽しめない・体がだるい、疲れやすい・集中できない、考えがまとまらない・悲しい、憂うつな気分・眠れない、寝てもすぐ目が覚める・自分を責める、自分には生きる価値がないと感じる・食欲不振     ■ 今回のテーマはうつ病 今回のテーマは、「うつ病」についてです。  うつ病について解説されている記事の中身は「ミルメディカル」さんの2分で分かる医療動画辞典か...

記事を読む

メンタルケア
     ■ うつ病になりやすい職業とは? うつ病になりやすい職業をWoorisというサイトでまとめられていたのでご紹介させていただきます。個人的に人に夢を与えるアーティストのような職業もサービス業の一種だと思っています。  サービス業は人とのかかわりが多いので、他の業種よりも人間関係の問題に悩まされるケースが多いうえに時間が不規則で拘束時間が長いのが特徴です。  そうした中で医療も介護もサービス業として...

記事を読む

メンタルケア
    ■ 自己嫌悪から脱出する方法 今回のテーマは「自己嫌悪」してしまう自分といかに向き合い、そして克服するかについてです。  自分が嫌い、自分の「欠点」や「短所」が気になってしかたがない。一番の原因は他人と自分を比較してしまう「思考のクセ」です。  そして、脳内で過去におこった嫌な記憶が再生されてしまい、さらに自分が嫌になってしまうので、注意が必要です。  しかし、ご安心ください何かにつけて自分...

記事を読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

寝すぎに注意!毎日8時間以上眠ると死亡率が30%高くなる!?動脈硬化や糖尿病など生活習慣病の発症リスクもアップ

 
sleeping_too_much_1.jpg
 
 
 

■ 寝すぎは全く体によくなかった!?


 
睡眠不足以上に寝過ぎは体に悪いとされています。
 
 
すでに「寝すぎ」に関する問題については、医学的なデータがすでに沢山発表されていますが、長期間にわたって寝すぎが習慣化してしまうと体だけでなく脳の働きにまで深刻なダメージを与える危険性があります。
 
 
米国心臓学会の研究結果によりますと、長期間にわたって毎日8時間以上眠ると心臓疾患のリスクを高める危険性があり、死亡リスクが30%アップすることが明らかになっています。
 
 
他にもいろいろと寝すぎによるデメリットはありますが、主だったものは以下のとおりです。
 

●鬱のリスクを高める
●ホルモンバランスが乱れる
●自律神経のバランスが乱れる
●糖尿病のリスクを高める
●太りやすい体質になる
●心臓に負担を与える
●疲れやすくなる

 
 
 

■ なぜ人は寝すぎてしまうのか?


 
寝すぎてしまう人の中には一度起きてもすぐにまた寝てしまう方が少なくありません。
 
 
二度寝も15分程度であれば心と体をリラックスさせ、良い影響を与えてもくれますが、トータルで睡眠時間が8時間以上となれば体に良くありません。
 
 
私の友人に平日は8~9時間寝て、週末は12時間以上寝ている人がいます。
 
 
平日は仕事があるから、なんとか嫌々起き上がるも、週末は誰も咎めるものがいないので、昼過ぎ(冬は夕方まで)まで寝ています。
 
 
学生時代は非常にスリムだったのですが、今では当時の面影がまったくないほど太ってしまいました。
 
 
まだ若いのにすでに生活習慣病予備軍に仲間入りしています。
 
 
学生時代はどちらかというと睡眠時間が短い方だったのですが、社会に出てからは仕事のストレスで睡眠時間が次第に長くなっていったようです。
 
 
 
 
 

■ 寝つきが悪いと寝すぎてしまう?


 
寝貯めするかのように寝すぎてしまう原因の一つとして、寝付きの問題があります。
 
 
平日は布団に入った瞬間に仕事のことなど不安なことを考えてしまい、思うように寝つけないといった問題に苦しめられている人が非常に多いです。
 
 
今回は寝すぎがいかに人間の心と体に問題であるかについてと不安を抑えて快眠するための方法を分かりやすく解説した動画をあわせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

【誰も教えてくれない】ブロッコリーはうつ病予防効果が凄い!糖尿病、胃がん、肝臓がんの予防にも!

 
broccoli_effect_01181.jpg
 
 
 
 

■ ブロッコリーはうつ病の予防に効く!?


 
ブロッコリーに含まれている「スルフォラファン」という成分は、抗酸化物質の中でも特に抗酸化力が強力でして、実際に様々な病気を予防してくれます。
 
 
ちなみに「スルフォラファン」は、ブロッコリーの新芽に多く含まれています。
 
 
このため、ブロッコリースプラウトがここ数年で爆発的に人気を拡大しています。
 
 
自分で手軽に栽培できる点も人気の秘密です。
 
 
そんなブロッコリーですが、他にも疲労回復や風邪予防、美肌効果など多方面にわたって優れた効能・効果を発揮しています。
 
 
そんな優れた健康効果が期待できるブロッコリーに今回新たに「うつ病」を予防する効果があることが千葉大学の橋本謙二教授と東北大学の山本雅之教授らの研究グループの研究結果によって明らかになっています。
 
 
 
 
 
depression_graph_01181.jpg
 
出典:厚生労働省
 
 

【うつ病・躁うつ病患者数の推移】

「1999年」: 44.1万人(男性:27.9万人、女性:16.2万人)
 
「2002年」: 71.1万人(男性:46.8万人、女性:24.3万人)
 
「2005年」: 92.4万人(男性:58.6万人、女性:33.8万人)
 
「2008年」:104.1万人(男性:65.5万人、女性:38.6万人)
 

 
 
 
 

■ うつ病は他人ごとではない!?


 
上のグラフにありますとおり、日本では2000年以降うつ病患者が右肩上がりで急増しています。
 
 
男性よりも女性の方が多いです。
 
 
先進国は人口の10%から15%がうつ病などの精神疾患を患っていると言われているので、人類の幸福度に直結する重要な問題です。
 
 
心と体の健康に優れた効果を発揮してくれるブロッコリーは、まさに救世主ですね。
 
 
ということで今回はブロッコリーの持つうつ病予防効果について解説しているJ-CASTニュースさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

なぜ「うつ病」になるまで頑張り続けてしまうのか!?多くの人が見逃してしまう「うつのサイン」とは?

 
feel_bad_01021.jpg
 
 

【うつ病の初期症状】
 
・何事にも興味がわかず、楽しめない
・体がだるい、疲れやすい
・集中できない、考えがまとまらない
・悲しい、憂うつな気分
・眠れない、寝てもすぐ目が覚める
・自分を責める、自分には生きる価値がないと感じる
・食欲不振
 

 
 
 
 

■ 今回のテーマはうつ病


 
今回のテーマは、「うつ病」についてです。
 
 
うつ病について解説されている記事の中身は「ミルメディカル」さんの2分で分かる医療動画辞典から抜粋されたものです。
 
 
うつ病について非常に分かりやすく解説されていますので、精神科医・樺沢紫苑先生の動画「うつ病を克服する方法」とあわせて御覧ください。
 
 
うつ病とは「気分障害」の一種です。
 
 
気持ちが落ち込んだまま回復せず、普段通りの生活を送ることが難しくなってしまいます。
 
 
 
 

▼ うつ病は心ではなく脳の病気!


 
うつ病はよく「心の病気」といったことが言われますが、実は脳の病気なんです。
 
 
ですので、うつ病は気の持ちようで改善されるような類の病気ではないんです。
 
 
長期間にわたって気が滅入るような気分が改善されないのであれば、専門の医療機関を受診しなければなりません。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

うつ病になりやすい職業第1位は「 介護職 」!!サービス業全般にうつ病リスクが高い理由とは!?

 
consultation.jpg
 
 
 
 

■ うつ病になりやすい職業とは?


 
うつ病になりやすい職業をWoorisというサイトでまとめられていたのでご紹介させていただきます。個人的に人に夢を与えるアーティストのような職業もサービス業の一種だと思っています。
 
 
サービス業は人とのかかわりが多いので、他の業種よりも人間関係の問題に悩まされるケースが多いうえに時間が不規則で拘束時間が長いのが特徴です。
 
 
そうした中で医療も介護もサービス業としての側面が強いですし、労働時間も不規則なのうえに拘束される時間が長いので、精神的にも肉体的にも非常に過酷な職業です。
 
 
 
 

▼ なぜ労働環境が悪化してしまったのか!?


 
飲食店に関しては日本経済が長らくデフレが続いたことによって、人件費を大幅に削減して一人あたりの労働量が大幅に増え、いわゆるブラック企業と呼ばれる会社が増えました。
 
 
どの職種をみてもここ数年で離職率が一気に高まりましたが、医療や介護に関していえば診療報酬や介護報酬を引き下げられたので、より厳しい状況に追い込まれています。
 
 
このため医療や介護のサービスを受ける側の不満は大きくなるばかり、こうした現状を変えられるのは政府・役人だけなので是非この厳しい状況を知っていただきたいです。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

自己嫌悪やネガテイブ思考から解放するために幸せホルモン「セロトニン」の分泌量を増そう!うつ病などの予防に役立つ


How_serotonin_is_made_091.jpg
 
 
 
 

■ 自己嫌悪から脱出する方法


 
今回のテーマは「自己嫌悪」してしまう自分といかに向き合い、そして克服するかについてです。
 
 
自分が嫌い、自分の「欠点」や「短所」が気になってしかたがない。一番の原因は他人と自分を比較してしまう「思考のクセ」です。
 
 
そして、脳内で過去におこった嫌な記憶が再生されてしまい、さらに自分が嫌になってしまうので、注意が必要です。
 
 
しかし、ご安心ください何かにつけて自分を責めてしまうといった自分に対するネガティブな思考によって自己嫌悪に陥っても、その状態から脱出する方法があります。
 
 
まず自分を責めたり、自分で自分を下げたりするのを今日限りでやめると宣言(紙に書いて読み上げるといいです)しましょう。
 
 
宣言していただいたら、これからご紹介させていただく方法を実践していただくことによって、毎日気分良く明るい気持ちで過ごすことができるようになります。
 
 
 
 
 

■ 最初からポジティブな人はいない!?


 
私たちはメディアを通じて、いわゆる成功者と呼ばれる人たちが、いつでもどこでも自信を持ってあらゆることに取り組んでいる姿を見ているので、成功している人は生まれつき超ポジティブで絶対的な自信を持っていると思われがちですが、そんなことはありません。


最初からポジティブ思考の人の方がむしろ少ないです。何らかの理由によって自ら変わっただけです。


いわゆるネガティブな出来事に遭遇して自分と向き合いながら問題を克服する過程でポジティブ思考が身についていたので、誰でも同じことができるようになります。

» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます