健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ


記事一覧

体の痛み不調の原因
     ■ 季節の変わり目は体調管理が難しい!?  低体温の人たちにとって、一番つらい季節は何とっても冬ですが、これから本格的な冬を迎えるにあたって、気温の乱高下が起こりやすい今の時期は気候そのものが非常に不安定なので、免疫力が低下しやすく、体調管理が容易ではありません。  寒かったり、暖かかったり、温度差が激しい状態を繰り返すのが続くと体がついていけず、気象病(気圧の変化により頭痛や目まい、吐き...

記事を読む

脳梗塞の予防と対策
     ■ くも膜下出血とは?  今回は「くも膜下出血」がテーマです。くも膜下出血は、「脳卒中」の一つで、「脳梗塞」、「脳出血」の次に多いとされています。  統計以来くも膜下出血を発症する人達が増え続けているのですが、発症する約7割が女性とされており、毎年30000人以上の方がくも膜下出血によって命を落としています。      『 それはある日突然起こります! 』  ある日突然起こるので、周囲の人た...

記事を読む

その他
      ■ トランス脂肪酸が含まれた食品の恐怖とは!  昨年ついにアメリカで「トランス脂肪酸」の使用に関して規制されることとなりました。日本では特別規制されていません。今のところ規制される予定もないようです。  しかし、マーガリンやマヨネーズなどにトランス脂肪酸は多く含まれています。  これまでトランス脂肪酸は肥満の原因として問題視されていましたが、最近の研究結果によりますと「記憶力」の低下を招...

記事を読む

その他
     ■ セロリに含まれる栄養素の健康効果が凄い!  セロリは、むくみ、高血圧などの予防、利尿作用などの効能・効果をもつカリウムが豊富に含まれています。カリウムを多く含む野菜はイモ類など比較的カロリーが高いのが特徴です。  しかし、セロリの場合、カロリーが低いので、太るのを気にせずに食べることができるので、ダイエットにぴったりの野菜です。カリウム以外にもセロリには美容と健康に優れた効能・効果をも...

記事を読む

太りにくい体にする
     ■ なぜ太ももは細くなりにくいのか?  男女を問わず太ももが太くて悩んでいる方は少なくありません。しかし、太ももは体の中でも特に脂肪がつきやすいうえに、ウォーキング程度の運動では太ももの脂肪を落とすことは難しいです。  食事制限を基本としたダイエットで太ももを細くしようとすると、太もも周辺の筋肉の量がさらに減ってしまうのと同時に代謝も低下することから、かえって太りやすくなっていまいます。ま...

記事を読む

低体温による体の不調は「温活」が効く!血行を改善して免疫力アップ!便秘、眼精疲労、肌トラブル、感染症の予防に!

 
 
18040170201hd.png
 
 
 
■ 季節の変わり目は体調管理が難しい!?
 
 
低体温の人たちにとって、一番つらい季節は何とっても冬ですが、これから本格的な冬を迎えるにあたって、気温の乱高下が起こりやすい今の時期は気候そのものが非常に不安定なので、免疫力が低下しやすく、体調管理が容易ではありません。
 
 
寒かったり、暖かかったり、温度差が激しい状態を繰り返すのが続くと体がついていけず、気象病(気圧の変化により頭痛や目まい、吐き気など様々な体調不良を引き起こす病気)を引き起こしてしまう可能性があるので、年間を通じてケアする必要があります。
 
 
体が冷えると真っ先に腸が冷えてしまい、腸の働きそのものが悪化してしまいます。しかも腸だけではすまないから怖いんです。自律神経のバランスが崩れ、血液の流れも悪化し、肝臓など他の臓器の働きも次第に悪化します。
 
 
 
 
18140170201hd.png
 
 
 
『 温活とは!?』
 
 
また、代謝低下にも繋がるため太りやすくなってしまいます。そこでオススメしたいのが「温活(おんかつ)」です。温活とは文字通り温活グッズ(カイロ、湯たんぽ、腹巻きなど)で体を温めることによって、血行を改善し、低体温によって引き起こされる症状を防ぎます。
 
 
ということで、今回は温活の第一人者・川嶋朗先生による「温活」について解説されたダ・ヴィンチニュースさんの記事と動画をあわせてご紹介させていただきます

» 記事の続きを読む

 タグ
None

くも膜下出血は発症すると約30%の人が死亡する怖い病気!くも膜下出血を早期発見するには!?

 
 
13420180601keihatu.png
 
 
 
■ くも膜下出血とは?
 
 
今回は「くも膜下出血」がテーマです。くも膜下出血は、「脳卒中」の一つで、「脳梗塞」、「脳出血」の次に多いとされています。
 
 
統計以来くも膜下出血を発症する人達が増え続けているのですが、発症する約7割が女性とされており、毎年30000人以上の方がくも膜下出血によって命を落としています。
 
 
 
13840170201hd.png
 
 
 
『 それはある日突然起こります! 』
 
 
ある日突然起こるので、周囲の人たちはパニックに陥ります。もし目の前で発作が起こったらすぐに救急車を呼ばなければなりません。命を取り止めるために一分一秒を争います。
 
 
ですので、冷静に対応するためにも、正しい知識がどうしても必要です。今回はくも膜下出血の原因と症状、予防法について解説させていただきます。

» 記事の続きを読む

あなたの記憶力を「 最大10% 」も低下させてしまう恐ろしい食品とは!?摂り過ぎには要注意!!

 
 
2880171204ht.png
 
 
 
 
■ トランス脂肪酸が含まれた食品の恐怖とは!
 
 
昨年ついにアメリカで「トランス脂肪酸」の使用に関して規制されることとなりました。日本では特別規制されていません。今のところ規制される予定もないようです。
 
 
しかし、マーガリンやマヨネーズなどにトランス脂肪酸は多く含まれています。
 
 
これまでトランス脂肪酸は肥満の原因として問題視されていましたが、最近の研究結果によりますと「記憶力」の低下を招く原因にもなるようです。
 
 
8760170301ht.png
 
 
 
『 スナック菓子などにトランス脂肪酸が多く含まれている! 』
 
 
毎朝1時間運動しているので、体重を気にすることはありませんが、記憶力が低下するのは私にとっては大問題です。どうしたって仕事のパフォーマンスが落ちますからね。ちなみに2g以上は摂り過ぎとなります。
 
 
幼少の頃からスナック類のお菓子に慣れ親しんできた身としては食べる量を減らすだけでも辛いです。ちなみに各食品に含まれるトランス脂肪酸は以下の票のとおりです。
 
 
 
196.png
出典:食品安全委員会
 
 
 
■ トランス脂肪酸のなにがいけないのか?
 
 
トランス脂肪酸は、水素添加した植物油を取り扱う過程で人工的に生成される最も危険視されている脂肪酸です。悪玉コレステロール、動脈硬化、心臓疾患、ガン、免疫機能、認知症、アレルギー、アトピーなどへの悪影響が報告されています。
 
 
ということで今回はトランス脂肪酸の摂り過ぎによって記憶力が低下してしまうメカニズムについて分かりやすくまとめさせていただいた記事と、トランス脂肪酸についてより詳しく解説している動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

セロリの健康効果がすごい!血流を改善してダイエット、疲労回復、滋養強壮、ストレス、貧血、高血圧、便秘の予防に!

 
 
38220180501hm.png
 
 
 
■ セロリに含まれる栄養素の健康効果が凄い!
 
 
セロリは、むくみ、高血圧などの予防、利尿作用などの効能・効果をもつカリウムが豊富に含まれています。カリウムを多く含む野菜はイモ類など比較的カロリーが高いのが特徴です。
 
 
しかし、セロリの場合、カロリーが低いので、太るのを気にせずに食べることができるので、ダイエットにぴったりの野菜です。カリウム以外にもセロリには美容と健康に優れた効能・効果をもたらす栄養素が豊富に含まれています。
 
 
ビタミンAやビタミンC、カルシウム、鉄分、マグネシウムなどのミネラルを含み、強壮、整腸、鎮静などに効果があります。また、食物繊維も豊富に含まれていて、便秘の予防・改善やコレステロール値を下げる働きも期待できます。
 
 
 
 
 
1702017926ht.png
 
 
 
■ 臭いでセロリを毛嫌いするのは勿体ない!?
 
 
私の周囲にも「あの独特な風味がだめなの」と、セロリを拒絶する人が多いのですが、確かにセロリは生で食べれば臭いはきついかもしれません。しかし、セロリを生で食べなければいけないというルールはありません。
 
 
調理次第で匂いもなく美味しくいただけます。また、それ以上にセロリは素晴らしい美容と健康効果が期待できます。食べのは本当にもったいないですよ。
 
 
ということで今回はセロリがいかに優れた食材であるかについてまとめさせていただきました。また一番下にセロリを使った美味しいスープの作り方を実演している動画を貼っておきましたので、こちらのほうも合わせて御覧いただけると幸いです。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

太もも、ふくらはぎ、お尻、お腹まわりの脂肪を引き締めるエクサ3選!血流を改善して肩こりや腰痛の予防にも利く!

 
 
37720180501hm.png
 
 
 
■ なぜ太ももは細くなりにくいのか?
 
 
男女を問わず太ももが太くて悩んでいる方は少なくありません。しかし、太ももは体の中でも特に脂肪がつきやすいうえに、ウォーキング程度の運動では太ももの脂肪を落とすことは難しいです。
 
 
食事制限を基本としたダイエットで太ももを細くしようとすると、太もも周辺の筋肉の量がさらに減ってしまうのと同時に代謝も低下することから、かえって太りやすくなっていまいます。また、仮に細くなったとしても一時的のことで、見た目にも良くありません。
 
 
ですので、やはり健康的に太ももを見栄え良く細くしたいのであれば、ある程度筋肉をつけなければなりません。ということで、今回は海外のヘルスケア情報サイト「Prevention」による太もものインナーマッスルを鍛えるエクセサイズを紹介した記事と関連動画をご紹介させていただきます。
 
 
 
 
11330170108.png
 
 
 
『 3つのエクセサイズを組み合わせることで凄い効果を実現! 』
 
 
こちらのエクセサイズは、全部で3種類あるのですが、鍛えられるのは太もものインナーマッスルだけではありません。腰回りにも適度な脂肪を削ぎ落としてくれる筋肉がつくので腰痛の予防・改善、骨盤矯正の効果も期待できます。
 
 
また、下半身の血流が改善されるので、むくみ解消、疲労回復効果も高まります。そして、就寝前に布団の上で行うと体が芯から温まるのでグッスリ眠ることが出来ます。習慣化すると代謝もアップするので、ダイエット効果がより高まります。

» 記事の続きを読む

 タグ
None
Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます