健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ


記事一覧

体の痛み不調の原因
    ■ 坐骨神経痛とは?  坐骨神経痛は、お尻から足の後ろ側にかけて生じる痛みやしびれ、麻痺などの症状のことをさします。ちなみに坐骨神経は腰から太股にある後大腿皮神経、膝部分の総腓骨神経、ふくらはぎにある脛骨神経などの大きな神経と足底神経などの小さな神経によって成り立ってます。  坐骨神経痛の原因として最も多いのが「椎間板ヘルニア」です。脊椎腫瘍、脊柱管狭窄症、脊椎分離症、脊椎すべり症なども坐骨...

記事を読む

体の痛み不調の原因
    ■ つらい肩こりは肩甲骨はがしストレッチで解消できる!?  肩や首まわりのこりが酷い人や、普段から姿勢が悪い人に肩甲骨周辺の筋肉がコリ固まっているケースが多く見受けられます。こりが慢性的になってしまうと、自分でマッサージする程度では辛いコリや痛みは解消されません。  この肩甲骨周辺のコリをほぐすには、「肩甲骨はがし」という肩甲骨を中心に動かすエクセサイズが有効です。今回は肩や首のコリの正体と...

記事を読む

睡眠について
    ■ 左向きで寝るだけで健康になる!?  突然ですが、あなたは寝るときに右と左どちらを向いて寝ていますか?ちなみに私は、ここ2~3年左向きを意識しながら毎晩寝ています。左向きに寝ることでリンパと血流を良い状態に保つことができます。また、睡眠の質も高まるので翌日に疲れが残らなくなりました。  以前よりも少ない睡眠時間(4~5時間)でも、気持ちよく起きることができますし、脳も朝からすっきりクリアで...

記事を読む

体の痛み不調の原因
     ■ うつ伏せで腰をユラユラ動かすだけで腰痛が治る!  今回は腰痛の方のためのエクセサイズをご紹介させていただきます。こちらのエクセサイズは、腰に負担をかけることなく、腰回りの硬くなってしまった筋肉を徐々に柔らかくすることで、つらい腰痛を解消していきます。  やり方は非常に簡単です。基本的にうつぶせになって、マットレス、布団、ベットのうえでうつ伏せになった状態でゆっくりとおしりをユラユラ左右...

記事を読む

その他
     ■ 卵に含まれる栄養素がすごすぎる!!  卵は必須アミノ酸、ビタミンA・B群・D・E、鉄分に加え、発毛・育毛にも良い効果をもたらしてくれる亜鉛、リン、ヨウ素、セレンなどのミネラル類も豊富に含まれています。ちなみに生卵のカロリーは1個あたり100kcal前後なので、ダイエットにもいい食材です。  しかし、卵かけご飯にするさいは、ご飯の量(糖質を多く摂らないよう)に注意しましょう。ちなみに私は卵か...

記事を読む

腰回りを柔らかくする5つのストレッチ!血流を改善して筋力をアップ!坐骨神経痛、老化による筋肉低下の予防に!

 
4020171109ht.png
 
 
 
■ 坐骨神経痛とは?
 
 
坐骨神経痛は、お尻から足の後ろ側にかけて生じる痛みやしびれ、麻痺などの症状のことをさします。


ちなみに坐骨神経は腰から太股にある後大腿皮神経、膝部分の総腓骨神経、ふくらはぎにある脛骨神経などの大きな神経と足底神経などの小さな神経によって成り立ってます。
 
 
坐骨神経痛の原因として最も多いのが「椎間板ヘルニア」です。


脊椎腫瘍、脊柱管狭窄症、脊椎分離症、脊椎すべり症なども坐骨神経痛の原因とされています。
 
 
 
 
26982017401ht.png
 
 
 
『 坐骨神経痛になるのは中高年だけではない!? 』
 
 
20代から30代の若い世代においては「腰椎椎間板ヘルニア」「梨状筋症候群」が多く、高齢世代になると大半は「腰部脊柱管狭窄」と「腰椎椎間板ヘルニア」を原因として坐骨神経痛を引き起こします。
 
 
また、坐骨神経痛による痛みが腫瘍によって引き起こされているケースもあるので、病院でさえも診断するのは簡単なことではないようです。


特に梨状筋が坐骨神経痛を圧迫することで生じる「梨状筋症候群」は難しいとされています。
 
 
 
 
 
■ 坐骨神経痛に効くストレッチ5選
 
 
今回米国の健康情報サイト「Prevention」にて坐骨神経痛や腰痛予防などに良い効果をもたらすストレッチが5つほど紹介されていたので、こちらの方を動画と合わせてご紹介させていただきます。
 
 
これら5つのストレッチは坐骨神経痛の症状を緩和する効果があるとされています。


また、激しい運動をすることなく下半身の筋肉を強化することができるので下半身を強化しながら腰痛予防、老化に伴う筋力低下にも良い効果をもたらしてくれます。
 
 
筋肉量が増えることによって「血流」と「代謝」も改善されるので、ダイエット効果も期待できます。

» 記事の続きを読む

肩甲骨はがしの効果が凄い!速攻で血流を改善して肩こり、五十肩、背中の痛み、腰痛、骨盤の歪みなどの予防に!

 
23820171028ht.png
 
 
 
■ つらい肩こりは肩甲骨はがしストレッチで解消できる!?
 
 
肩や首まわりのこりが酷い人や、普段から姿勢が悪い人に肩甲骨周辺の筋肉がコリ固まっているケースが多く見受けられます。


こりが慢性的になってしまうと、自分でマッサージする程度では辛いコリや痛みは解消されません。
 
 
この肩甲骨周辺のコリをほぐすには、「肩甲骨はがし」という肩甲骨を中心に動かすエクセサイズが有効です。


今回は肩や首のコリの正体と肩甲骨はがしで解消する方法までを解説させて頂きます。
 
 
是非一番下にあるヨガの要素を取り入れた肩甲骨はがしエクセサイズの実演動画をご覧頂き、実践していただければ幸いです。

» 記事の続きを読む

左向きに寝るだけで得られる8つの健康効果が凄い!血液やリンパの流れを良くして様々な病気の予防に役立つ!

 
520180810hm.png
 
 
 
■ 左向きで寝るだけで健康になる!?
 
 
突然ですが、あなたは寝るときに右と左どちらを向いて寝ていますか?


ちなみに私は、ここ2~3年左向きを意識しながら毎晩寝ています。


左向きに寝ることでリンパと血流を良い状態に保つことができます。


また、睡眠の質も高まるので翌日に疲れが残らなくなりました。
 
 
以前よりも少ない睡眠時間(4~5時間)でも、気持ちよく起きることができますし、脳も朝からすっきりクリアです。


最初の頃はベットと壁の隙間に布団をまるめて寝ていたのですが、最近はそのようなことをしなくても左向きの状態を保ったまま寝れるようになりました。
 
 
アーユルヴェーダ(サンスクリット語で「生命科学」という意味)の大家John Douillard博士によりますと、左向きに寝ることによって様々な健康効果がえられると論文や著書などで力説しています。
 
 
ただし、全ての方に同じ効果が得られるわけではなく、人によってどうしても差が生じます。


また、様々な諸事情により左向きに寝る体勢が取れない方もいらっしゃるかと思います。


予めその点をご理解していただいた上で読み進めていただければ幸いです。
 
 
 
 
12872017401ht.png
 
 
 
『 左向きに寝ることで睡眠の質が飛躍的に向上! 』
 
 
古今東西、睡眠方法には色々なスタイルと考え方がありますが、今回ご紹介させていただく「左向きに寝る」だけの非常にシンプルなこの方法は、他のどの睡眠方法よりもメリットが多いです。
 
 
「左向きに寝る」睡眠方法は、ストレスフルな現代社会を生きるうえで心と体の健康を維持するために欠かすことのできない「睡眠」の質を最大限に高めることが出来る大変優れた健康法です。
 
 
今回は、John Douillard博士が欧米の科学誌に発表した「左向きに寝る8つの健康効果」を以下のとおりまとめさせていただきました。


睡眠の質を高めるための一つの方法として、お役に立てれば幸いです。

» 記事の続きを読む

うつ伏せになって「腰をユラユラ動かす」だけで腰痛やギックリ腰の予防・改善に!腰に負担をかけずに腰回りをほぐす!

 
120171001ht.png
 
 
 
 
■ うつ伏せで腰をユラユラ動かすだけで腰痛が治る!
 
 
今回は腰痛の方のためのエクセサイズをご紹介させていただきます。


こちらのエクセサイズは、腰に負担をかけることなく、腰回りの硬くなってしまった筋肉を徐々に柔らかくすることで、つらい腰痛を解消していきます。
 
 
やり方は非常に簡単です。


基本的にうつぶせになって、マットレス、布団、ベットのうえでうつ伏せになった状態でゆっくりとおしりをユラユラ左右にふるだけです。


特別難しいことは一切ありません。誰にでも簡単にできるエクセサイズです。
 
 
こちらのおしりをユラユラふるエクセサイズは整体や接骨院などで幅広く患者さんに指導されています。


しかし、人によっては上手く腰をゆらゆら動かせない場合もあります。


無理してやると腰に余計な負担がかかるので逆効果となります。

» 記事の続きを読む

卵かけごはんが超おいしくなる方法!栄養満点元気モリモリ!血流改善、免疫機能強化、セロトニンの分泌量がアップ!

 
731.png 
 
 
 
■ 卵に含まれる栄養素がすごすぎる!!
 
 
卵は必須アミノ酸、ビタミンA・B群・D・E、鉄分に加え、発毛・育毛にも良い効果をもたらしてくれる亜鉛、リン、ヨウ素、セレンなどのミネラル類も豊富に含まれています。


ちなみに生卵のカロリーは1個あたり100kcal前後なので、ダイエットにもいい食材です。
 
 
しかし、卵かけご飯にするさいは、ご飯の量(糖質を多く摂らないよう)に注意しましょう。


ちなみに私は卵かけご飯が大好きで毎週最低でも2~3回は食べてます。


血流を改善、血圧を正常値に保つ、免疫力UP、幸せホルモン「セロトニン」を分泌させるのに必要な栄養素「トリプトファン」も多く含まれているので、卵はできるだけ毎日食べたい食材です。
 
 
ですので、卵かけご飯は理想なんですが、本当にちょっとしたことなんですけど、一手間加えるだけ物凄く美味しくなるんですよね。


本当にいつもの数倍美味しい卵かけご飯が手軽に出来るので、ぜひ一度ためしてみてください。
 
 
 
 
 
【動画】 kattyanneru/かっちゃんねる
 
究極の卵かけご飯!「メレンゲ卵かけご飯」つくってみた!
 

 
 
 
「Step1」黄身と白身を別けてかけ混ぜる
 
 
一般的な卵かけご飯は黄身と白身をわけずに一緒にしたままかき混ぜますが、この究極の卵かけごはんは白身を別けて先にかき混ぜます。


そして、一気に白身とご飯と混ぜます。
 
 
しばらくかき混ぜていくと白身特有のどろどろ感がなくなりまます。


ここでスピードをゆるめずに、一生懸命かき混ぜて下さい。ポイントはメレンゲのように泡立ったらOKです。
 
 
また、ご飯は冷ご飯ではなく、限りなく炊きたてに近いご飯をご用意して下さい。


ご飯の旨味と卵の旨味が倍増します。
 

» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます