その他のカテゴリ記事一覧


カテゴリ:その他

その他のカテゴリ記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

その他
      ■ 凄すぎるキスの効果とは!  美容と健康法は沢山あります。毎年のように色々な方法が世に登場しては消えていっていますが、絶対に消えないものもいくつかありますが、その代表が「キス」です。  「えっ!?キッスは健康法じゃないでしょ」と思われるかもしれませんが、キッスによって女性の場合、エストロゲンをはじめとしたホルモンお分泌が活発化します。  エストロゲンはごく少量しか分泌されません。しかも...

記事を読む

その他
    ■ 大人のADHDが増えている理由とは?!  ほんの数年前まで日本では発達障害の一つであるADHD(注意欠陥・多動性障害)は、一般の人たちの間では殆ど知られていませんでした。話題にあがることは全くありませんでした。  しかし、最近多くの著名人が自身がADHDであることを告白し、かなり一般の人たちの間でも認識されつつありますが、それでも異質な病気として捉えられてしまう向きが依然として強いです。  ADHDは子...

記事を読む

その他
      ■ 日本食が最強だった!!  日本食がここにきて見直されているようです。最近は海外の人からも人気が高まっていますが、特にヘルシー志向の欧米のセレブ(モデル、女優)と称される人たちから最強の美容食と絶賛されています。  確かに欧米の人たちが普段食している食事と比べれば日本食はものすごく健康的ですが、ここ日本でも過去20年間で食の欧米化が進んでしまったので、健康食とはいえないレベルですよね。...

記事を読む

その他
      ■ 強度のストレスに強くなるには!?  今回ご紹介させていただくdotさんの記事(元自衛隊メンタル教官の方の折れないメンタルを手にする方法について解説しています。)は、かなり長文なんですが、ストレスに負けない強いメンタルを手にしたいと考えている方には非常に参考になる記事です。  私自身闇雲にストレスに強くなるために、メンタルを強くすることばかり考えていましたが、それよりも生活習慣を正すこと...

記事を読む

その他
      ■ 炭水化物は悪ではない!!  糖尿病が認知症リスクを高めるということで、糖尿病治療で最近注目を集めているのが低炭水化物ダイエットです。白米やパンなどの炭水化物を控えることで効率よく痩せられるということで、幅広い層に受け入れられています。  しかし、一方で炭水化物が不足すると集中力ややる気、認知機能などが低下し、物忘れが激しくなるという研究データも発表されています。ですので、やはりバラン...

記事を読む

キッスの健康効果が凄かった!血行と血糖値を改善して免疫力とβエンドルフィンの分泌量をアップ!様々な病気の予防に!

 
 
224401801023ht.png
 
 
 
 
■ 凄すぎるキスの効果とは!
 
 
美容と健康法は沢山あります。毎年のように色々な方法が世に登場しては消えていっていますが、絶対に消えないものもいくつかありますが、その代表が「キス」です。
 
 
「えっ!?キッスは健康法じゃないでしょ」と思われるかもしれませんが、キッスによって女性の場合、エストロゲンをはじめとしたホルモンお分泌が活発化します。
 
 
エストロゲンはごく少量しか分泌されません。しかも有限なので自ら分泌量を増やそうと思っても簡単には増やせませんので、いかにキスの効果が凄いか伺いしれます。
 
 
 
 
105550161016.png
 
 
 
『 欧米でも人気の高い健康法の一つ! 』
 
 
また、日常的に誰もが抱え込むようなストレスや不安を抑える効果もあるので、キスを習慣的にすることで寿命が伸びるのも十分うなずけます。欧米では、キッスを含めたスキンシップを健康法の一つとして、幅広い世代に認識されています。
 
 
実はキッスには、寿命が延びる以外にも心と体の美容と健康に優れた効能・効果が沢山あります。とはいっても、キッスをしたくてもキスする相手がいないという方も少なく無いと思います。
 
 
ということで、今回は、精神科医で作家の樺沢紫苑先生による究極の恋人のつくり方を解説した動画をご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

大人になって発達障害「ADHD」の自覚がないままADHD特有の症状に苦しんでいる人が増えている理由とは?!

 
707.png
 
 
 
■ 大人のADHDが増えている理由とは?!
 
 
ほんの数年前まで日本では発達障害の一つであるADHD(注意欠陥・多動性障害)は、一般の人たちの間では殆ど知られていませんでした。話題にあがることは全くありませんでした。
 
 
しかし、最近多くの著名人が自身がADHDであることを告白し、かなり一般の人たちの間でも認識されつつありますが、それでも異質な病気として捉えられてしまう向きが依然として強いです。
 
 
ADHDは子ども特有の発達障害であると捉える向きが強かったのですが、ここ最近成人になってからADHDと診断され、苦しんでいる人が増えていることが明らかになってます。
 
 
 
4774201610130.png
 
 
 
『 なぜ成人するまで分からないのか!? 』
 
 
しかし、成人期のADHDは、全体の2.5%なので、それほど多くありませんが、成人の方は自分がADHDであることを自覚することがないまま成人しているので、多くの方が検査を幼少期に受けていません。
 
 
つまり、ADHDでありながら、成人するまで診断される機会がなかった人が今現在沢山いるので、今後さらに大人のADHDが増えることが予想されています。
 
 
ちなみに幼少期にADHDを発症した人たちのADHD特有の症状が成人になっても、ほとんど改善されずに、そのまま残ってしまう確立は50%から80%とされています。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

40年前の日本食の健康効果が凄い!?40年前の日本食を4週間食べ続けた結果、驚きの健康効果が明らかに!

 
 
368201610127.png
 
 
 
 
■ 日本食が最強だった!!
 
 
日本食がここにきて見直されているようです。最近は海外の人からも人気が高まっていますが、特にヘルシー志向の欧米のセレブ(モデル、女優)と称される人たちから最強の美容食と絶賛されています。
 
 
確かに欧米の人たちが普段食している食事と比べれば日本食はものすごく健康的ですが、ここ日本でも過去20年間で食の欧米化が進んでしまったので、健康食とはいえないレベルですよね。
 
 
 
 
2720170201hd.png
 
 
 
『 たった4週間で驚きの効果を実現!』
 
 
そうした中で東北大学大学院農学研究科の研究ーチームが40年前の日本食を朝昼晩、4週間掛けて食べ続けるという、実験を行ったのですが、たった4週間でものすごくレベルの高い健康効果を発揮しています。
 
 
40年も前なので、現代人が食べている食事とかけ離れていると思ったのですが、意外や意外、明日からでも取り組める内容だったので、さっそく試してみたいと思った次第です。
 
 
ということで、今回は東北大学大学院農学研究科の研究結果を分かりやすく解説している「まぐまぐニュース」さんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

元自衛隊メンタル教官が伝授する「折れない心」の作り方!「折れる」原因はストレスではなく◯◯だ!

 
 
542_20160630193633eb1.png
 
 
 
 
■ 強度のストレスに強くなるには!?
 
 
今回ご紹介させていただくdotさんの記事(元自衛隊メンタル教官の方の折れないメンタルを手にする方法について解説しています。)は、かなり長文なんですが、ストレスに負けない強いメンタルを手にしたいと考えている方には非常に参考になる記事です。
 
 
私自身闇雲にストレスに強くなるために、メンタルを強くすることばかり考えていましたが、それよりも生活習慣を正すことの方が大切であることを、この記事を読んで実感した次第です。
 
 
最近睡眠時間が以前よりも増えたのですが、それでもまだ足りていないのと、仕事ばかりで娯楽が欠けていたので、折れないメンタルを手にするために、この2点を改善したいと思います。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

糖質制限ダイエットのデメリットが怖い!炭水化物が不足すると脳の働きが悪化して記憶力低や認知症の原因に!?

 
 
3420180106ht.png
 
 
 
 
■ 炭水化物は悪ではない!!
 
 
糖尿病が認知症リスクを高めるということで、糖尿病治療で最近注目を集めているのが低炭水化物ダイエットです。白米やパンなどの炭水化物を控えることで効率よく痩せられるということで、幅広い層に受け入れられています。
 
 
しかし、一方で炭水化物が不足すると集中力ややる気、認知機能などが低下し、物忘れが激しくなるという研究データも発表されています。ですので、やはりバランスを取る必要があります。もちろん食事だけでなく、適度な運動や質の高い睡眠も大切です。
 
 
 
 
7920161214l.png
 
 
 
『 認知機能の低下は炭水化物不足!』
 
 
しかしながら、そうはいっても「肥満は早死するから痩せないとダメ!」と、医師からダイエットを厳しく命じられている方も中高年の間では多いので、低炭水化物ダイエット(糖質制限ダイエット)を上手に取り入れながら体の老化を予防するのは得策です。
 
 
認知機能を低下させない程度にとどめておけば、心と体の健康を維持しながら生活することができます。ということで、今回はテレビ朝日の人気番組「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」で取り上げたテーマが中心となっています。
 
 
その内容はというと、「認知機能の低下は炭水化物不足」についてです。非常に分かりやすく解説しているSelf Doctorさんの記事と正しい理論に基づいた低炭水化物ダイエットについて解説した動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます