その他のカテゴリ記事一覧


カテゴリ:その他

その他のカテゴリ記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

その他
      ■ ブロッコリーが万病の元「脂肪肝」「肝臓がん」に効く!  肝臓がフォアグラ状態になってしまう「脂肪肝」を患う人たちが年々増えています。  脂肪肝は生活習慣病の代表の一つで、これまでは中高年に多く見られる病気だったのですが、最近は食の欧米化が過度に進んだことから、30歳代の方の間でも脂肪肝を患うケースが増えています。  また、脂肪肝の原因についてですが、食べ過ぎ、飲み過ぎ、ストレス、運動...

記事を読む

その他
       ■ 大根の葉っぱを捨てるのは今日からやめましょう!  大根の葉っぱを捨ててしまっていませんか?。大根の葉に美容と健康に優れた栄養素が豊富に含まれた万能食材なんです。是非今日から大根の葉を捨てずに、お味噌汁やお浸しなどに利用して美容と健康を促進しましょう。  大根の根の部分に「ジアスターゼ」という酵素が豊富に含まれていて、ジアスターゼは炭水化物などを分解する作用に優れているためダイエット...

記事を読む

その他
      ■ セロトニンとは!?  幸せホルモンの一つである「セロトニン」は脳と腸で生成(9割りが腸)され、精神を安定させる優れた効能・効果があるわけですが、腸内環境を改善することによってセロトニンの分泌が活発化します。  セロトニンが不足すると精神のバランスが崩れてイライラしやすくなったり、気分がモヤモヤしたり、落ち込みやすくなったり、暴力的になったり、最悪の場合はうつ病を引き起こしてしまうリス...

記事を読む

その他
       ■ ヨーグルトは糖尿病にも効きます!  ヨーグルトは健康と美容似た方面で効く万能食ですが、ヨーグルトを毎日食べることによって腸内に善玉菌が増えるため、糖尿病を予防することができるということが米国研究機関の調べによって明らかになっています。  私は毎晩ヨーグルトを200mgほど食べています。また、朝食に必ず納豆を1パック食べているので、腸内の働きがそれ以前とは比較にならないほど良い状態に...

記事を読む

その他
     ■ トランス脂肪酸とは?  あなたはトランス脂肪酸という成分を耳にしたことがありますか?。このトランス脂肪酸は、水素添加した植物油を扱う過程で人工的に生成される成分なんです。  マーガリンやショートニングなどに含まれており、悪玉コレステロール、動脈硬化、心臓疾患、高血圧、免疫機能低下、がんなどへの悪影響が沢山報告されています。  私が子どものころのテレビコマーシャルでは、マーガリンはバター...

記事を読む

やっぱりブロッコリーは凄かった!!万病の元「脂肪肝」「肝硬変」「肝臓がん」を予防する最強野菜!!

 
 
390_2016031621255311d.png
 
 
 
 
■ ブロッコリーが万病の元「脂肪肝」「肝臓がん」に効く!
 
 
肝臓がフォアグラ状態になってしまう「脂肪肝」を患う人たちが年々増えています。
 
 
脂肪肝は生活習慣病の代表の一つで、これまでは中高年に多く見られる病気だったのですが、最近は食の欧米化が過度に進んだことから、30歳代の方の間でも脂肪肝を患うケースが増えています。
 
 
また、脂肪肝の原因についてですが、食べ過ぎ、飲み過ぎ、ストレス、運動不足、肥満、無理な食事制限をするダイエットなどがあげられます。脂肪肝は症状が出にくい病気の一つですが、疲れやすい、肩がこる、頭がボーッとするなどの症状が見られます。
 
 
120161017.png
 
 
 
しかし、脂肪肝とは気づきにくいので、そのまま放置してしまうケースが多く、そうなると肝臓がんへと進行してしまうリスクが高まるので十分注意です。そうならないためにも生活習慣を正す必要があります。
 
 
そうした中で注目を集めているのが、「ブロッコリー」です。ブロッコリーは様々な病気に効く万能食ですが、今回J-CASTニュースさんがブロッコリーの脂肪肝、肝臓がんを予防する効果について分かりやすく解説されています。
 
 
こちらの記事と合わせてブロッコリーを美味しくいただく方法を解説している動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

大根の葉っぱを捨てるのは勿体ない!美肌、アンチエイジング、ダイエット、デトックスに効きます!!

 
 
365_20160609190331056.png
 
 
 
 
 
■ 大根の葉っぱを捨てるのは今日からやめましょう!
 
 
大根の葉っぱを捨ててしまっていませんか?。大根の葉に美容と健康に優れた栄養素が豊富に含まれた万能食材なんです。是非今日から大根の葉を捨てずに、お味噌汁やお浸しなどに利用して美容と健康を促進しましょう。
 
 
大根の根の部分に「ジアスターゼ」という酵素が豊富に含まれていて、ジアスターゼは炭水化物などを分解する作用に優れているためダイエット効果が期待できます。
 
 
意外に思われるかもしれませんが、大根の葉っぱは「緑黄色野菜」なので、βカロチンや葉酸、ビタミンC・K、カリウムやカルシウム、ミネラルや鉄分といった心と体を健康にしてくれる優れた栄養素が豊富に含まれています。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

脳と腸からでる幸せホルモン「セロトニン」はカレーを食べればドバドバ出る!!カレーでメンタルケア!

 
 
656_20160720174717ceb.png
 
 
 
 
■ セロトニンとは!?
 
 
幸せホルモンの一つである「セロトニン」は脳と腸で生成(9割りが腸)され、精神を安定させる優れた効能・効果があるわけですが、腸内環境を改善することによってセロトニンの分泌が活発化します。
 
 
セロトニンが不足すると精神のバランスが崩れてイライラしやすくなったり、気分がモヤモヤしたり、落ち込みやすくなったり、暴力的になったり、最悪の場合はうつ病を引き起こしてしまうリスクがあります。
 
 
誰もが不安や悩みに翻弄されること無く精神的に安定した生活を送りたいと願っているわけですが、テロや経済不況など社会的不安が世界的に広がっている状況では非常に困難です。気を楽に持とうとすればするほど苦しくなります。
 
 
103550161016.png
 
 
それよりも、セロトニンの分泌を活発化させたほうが、簡単に心と体をリラックスさせることができます。そのためには脳と腸の両方を整えなければなりません。 ちなみにセロトニンの分泌を活性化させる作用に優れた食品は以下のとおりです。
 
 

(1)牛乳
(2)チーズ
(3)ヨーグルト
(4)豆腐
(5)納豆
(6)しょうゆ
(7)味噌
(8)カツオ
(9)マグロ
(10)アーモンド・ピーナッツ
(11)バナナ
(12)小麦胚芽
(13)卵
 

 
13030170108.png

 
これらの食品を摂取しながらセロトニンの分泌を活性化するのも一つの手ですが、もっと効率よくセロトニンの分泌を活性化する方法があります。それがカレーライスを食べることです。そう、みんなの大好きなあのカレーです。
 
 
ということで、今回はカレーライスを食べることによって、セロトニンの分泌を活性化させる方法についてまとめたロケットニュース24さんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

やっぱりヨーグルトは凄かった!ヨーグルトを食べると善玉菌が増えて血糖値の上昇を抑えて糖尿病リスクが激減!

 
 
313_20160309164810568.png
 
 
 
 
 
■ ヨーグルトは糖尿病にも効きます!
 
 
ヨーグルトは健康と美容似た方面で効く万能食ですが、ヨーグルトを毎日食べることによって腸内に善玉菌が増えるため、糖尿病を予防することができるということが米国研究機関の調べによって明らかになっています。
 
 
私は毎晩ヨーグルトを200mgほど食べています。また、朝食に必ず納豆を1パック食べているので、腸内の働きがそれ以前とは比較にならないほど良い状態にあります。
 
 
まず、お通じが飛躍的に良くなり、血行もよくなったので、疲れにくい体になりましたし、脳の働きも良くなったので、記憶力もかなり良くなりました。仕事で当日起こったことを全て覚えています。ちなみに腸のはたらきは以下のとおりになります。
 
 
102750161015.png

102850161015.png

 
腸は食べたものを消化するだけではないんです。悪玉菌を全てやっつけてしまえばいいという単純な話ではなく、腸を良い状態に保つために善玉菌を増やしてやり、それぞれが棲み分けるのがいいようです。
 
 
また、ヨーグルトを食べるタイミングとしては、夜が一番いいようです。寝ている間に胃や腸の中で善玉菌が作られるからです。糖尿病予防以外にも沢山効果がありますので、メタボ対策の一貫としてヨーグルトをおすすめします。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

体を壊しまくる危険なトランス脂肪酸を含む食品とは?暴走する食品業界から身を守るには?!

 
 
102250161015.png

 
 
 
■ トランス脂肪酸とは?
 
 
あなたはトランス脂肪酸という成分を耳にしたことがありますか?。このトランス脂肪酸は、水素添加した植物油を扱う過程で人工的に生成される成分なんです。
 
 
マーガリンやショートニングなどに含まれており、悪玉コレステロール、動脈硬化、心臓疾患、高血圧、免疫機能低下、がんなどへの悪影響が沢山報告されています。
 
 
私が子どものころのテレビコマーシャルでは、マーガリンはバターよりも体に良いと大々的に宣伝されてましたし、学校給食でも毎日のようにマーガリンを食してました。
 
 
 
12830170108.png
 
 
 
つまり、嘘だったということなんですね。もしかするとマーガリンなどは今後スーパーなどで見かけなくなるかもしれません。
 
 
といいますのも、すでにアメリカでは2018年までにトランス脂肪酸を含む食品を全面禁止とする法案を可決しています。恐らく日本でも後追いでそうなるでしょう。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます