心の病気の予防と対策についてのカテゴリ記事一覧


  • ホーム
  • »
  • 心の病気の予防と対策について

カテゴリ:心の病気の予防と対策について

心の病気の予防と対策についてのカテゴリ記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

心の病気の予防と対策について
      ■ 自己嫌悪から脱出する方法  今回のテーマは「自己嫌悪」をいかに向き合い、そして克服するかについてです。  自分が嫌い、自分の「欠点」や「短所」が気になってしかたがない。  何かにつけて自分を責めてしまうといった自分に対するネガティブな考え、自己嫌悪に襲われても復活する方法があります。  実は事業などで成功している人なんかがこうした方法を上手く取り入れています。  多くの成功者が絶対的...

記事を読む

心の病気の予防と対策について
      ■ パニック障害に苦しむ人が増えている!?  パニック障害に苦しむ人たちが年々増えています。実はパニック障害は決して珍しい病気ではなく、誰もが成り得る病気なんです。驚くべきことに日本国内にはパニック障害の患者数がすでに1000万人を超えています。  現時点で10人に1人がパニック障害を引き起こしている状態です。パニック障害は突然不安や恐怖感に襲われ、動悸が激しくなり、呼吸をしているのかし...

記事を読む

心の病気の予防と対策について
       あなたは大丈夫!?ついつい呟いてしまう職場での独り言  自分でもついつい独り言をつぶやいてしまうときがあります。私も職場で他の人に聞かれて結構恥ずかしい思いをしたことが何度かありますが、自分以外の人の「独り言」が気になりませんか?。特に職場などで独り言を言う人から離れられない場合は苦痛です。  なぜ人は「独り言」をつぶやいてしまうのでしょうか!?、良い独り言と悪い独り言の違いや悪い独...

記事を読む

心の病気の予防と対策について
女性のうつ病患者は男性の2倍超?  うつ病は圧倒的に春のような温かい季節よりも冬のような寒い季節に発症しやすいです。寒いとどうしても身体を動かさなくなってしまうので身体が固くなります。  また冬場は日照時間も短いので陽を浴びる時間そのものが大きく減るので、どうしても考え方も後ろ向きになりやすいです。特にクリスマスの時期が顕著に現れます。  この時期はどこも忙しいので、その分平時よりも大きなストレス...

記事を読む

心の病気の予防と対策について
       あなたの会社は大丈夫ですか?!  うつ病の原因として仕事の過度のストレスがあげられます。しかも明らかに職場環境に問題がありながら、そうした問題点が明るみになることが少ないのが現状です。  その理由として、うつ病になってしまったのは「その人本人の問題」と捉える向きが強いからです。こうした背景には自分はうつ病にはならないといった思いがあるからです。  しかし、色々な会社を見てきましたが、...

記事を読む

自己嫌悪やネガテイブ思考から自分を復活させる方法について!自分を苦しめるネガティブ脳にさようなら!

 
 
192201610122_201611072159247cd.png
 
 
 
 
■ 自己嫌悪から脱出する方法
 
 
今回のテーマは「自己嫌悪」をいかに向き合い、そして克服するかについてです。
 
 
自分が嫌い、自分の「欠点」や「短所」が気になってしかたがない。
 
 
何かにつけて自分を責めてしまうといった自分に対するネガティブな考え、自己嫌悪に襲われても復活する方法があります。
 
 
実は事業などで成功している人なんかがこうした方法を上手く取り入れています。
 
 
多くの成功者が絶対的に自信を持っていると思われがちですが、実際にはそんなことはなく、最初からポジティブ思考の人の方が少ないです。何らかの理由によって自ら変わったわけです。要所要所で自分が抱えている問題を克服し、見事復活しています。

» 記事の続きを読む

パニック障害に苦しむ人が急増!?パニック障害の原因と対策!耳や首のコリを解消すれば症状は改善する?

 
870.png
 
 
 
 
 
■ パニック障害に苦しむ人が増えている!?
 
 
パニック障害に苦しむ人たちが年々増えています。実はパニック障害は決して珍しい病気ではなく、誰もが成り得る病気なんです。驚くべきことに日本国内にはパニック障害の患者数がすでに1000万人を超えています。
 
 
現時点で10人に1人がパニック障害を引き起こしている状態です。パニック障害は突然不安や恐怖感に襲われ、動悸が激しくなり、呼吸をしているのかしていないのか感覚的に分からなくなり、呼吸が早くなるという症状は、「パニック発作」と呼ばれています。
 
 
これらはパニック障害の基本となる特徴です。原因は色々言われていますが、ここ最近は耳周りや首の極端なコリが原因であるケースが増えているようで、その最大の理由が「スマホ」の長時間利用です。
 
 
スマホの長時間利用によってパニック障害を含めた精神疾患が今後さらに増えることでしょう。そうならないためにもパニック障害についてきちんと理解する必要があります。
 
 
ということで今回はパニック障害についてわかりやすく解説した綺麗のトリセツさんの記事と耳周りのつぼをマッサージしてパニック障害の症状を改善させる方法を解説した動画を合わせてご紹介させていただきます。
 

» 記事の続きを読む

 タグ
None

職場で嫌われる独り言とは!?独り言=悪ではない!!悪い独り言と良い独り言の違いとは!?

 
 
599_20160104230521e31.png
 
 
 
 
 
あなたは大丈夫!?ついつい呟いてしまう職場での独り言
 
 
自分でもついつい独り言をつぶやいてしまうときがあります。私も職場で他の人に聞かれて結構恥ずかしい思いをしたことが何度かありますが、自分以外の人の「独り言」が気になりませんか?。特に職場などで独り言を言う人から離れられない場合は苦痛です。
 
 
なぜ人は「独り言」をつぶやいてしまうのでしょうか!?、良い独り言と悪い独り言の違いや悪い独り言の解決方法など「独り言」についてまとめさせていただきました。
 

» 記事の続きを読む

 タグ
None

なぜ女性の方が男性よりも「うつ病」になりやすいのか?!うつ病の原因と対策について!!



788.png





女性のうつ病患者は男性の2倍超?
 
 
うつ病は圧倒的に春のような温かい季節よりも冬のような寒い季節に発症しやすいです。寒いとどうしても身体を動かさなくなってしまうので身体が固くなります。
 
 
また冬場は日照時間も短いので陽を浴びる時間そのものが大きく減るので、どうしても考え方も後ろ向きになりやすいです。特にクリスマスの時期が顕著に現れます。
 
 
この時期はどこも忙しいので、その分平時よりも大きなストレスを受けることが多くなりますので、どうしても心と体が疲弊しています。
 
 
事実うつ病のような症状をはじめて体験するけといったケースがものすごく多いです。あまりにも突然のことなので、動揺してしまいパニックになってしまうケースが多いです。
 
 
特に中高年の方に多いです。ですので、来年を温かい気持ちで迎えるためにも今回の記事と動画は大変すぐれていますので、是非参考にしていただければ幸いです。
 

» 記事の続きを読む

 タグ
None

あなたの会社は大丈夫ですか?職場でうつ病を発症した場合の会社による支援が日本は最低!

 
 
721.png
 
 
 
 
 
あなたの会社は大丈夫ですか?!
 
 
うつ病の原因として仕事の過度のストレスがあげられます。しかも明らかに職場環境に問題がありながら、そうした問題点が明るみになることが少ないのが現状です。
 
 
その理由として、うつ病になってしまったのは「その人本人の問題」と捉える向きが強いからです。こうした背景には自分はうつ病にはならないといった思いがあるからです。
 
 
しかし、色々な会社を見てきましたが、現実には同じポジション(環境、待遇など)で働く人たちがうつ病を発症してしまうケースが少なくありません。
 
 
例えば営業部の部長を務めていた人がある日突然うつ病を発症してしまい、退職することになるも後任の人も1年後にうつ病を発症するといった具合です。
 
 
過度のノルマに対する心理的プレッシャーによって、日々強いストレスにさらされ、ある日突然うつ病となり退職するケースは思いの外多いので十分注意しなければなりません。
 
 
下の記事にもありますが、そうなった場合でも会社側は一切支援してくれないところが多いという現実に恐れを感じずにはいられません。自分の身は自分にしか守れないようです。
 

» 記事の続きを読む

 タグ
None
Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます