28530170114.png
 
 
 
■ 足底筋膜炎とは!?
 
 
1日中立ちっぱなしの状態で仕事をしている人は、足底へ強い負荷がかかるため、ある日突然足の裏に強い痛みが生じる「足底筋膜炎」を発症するリスクが非常に高いです。
 
 
足底筋膜炎は、上図にありますとおり足の裏にある筋膜が炎症を起こすことによって強い痛みが生じます。足底筋膜炎の痛みが生じる場所についてですが、かかとの骨の前あたりが痛むケースが圧倒的に多いです。
 
 
しかし、人によっては土踏まず、指の付け根、足の裏全体が痛むケースも見受けられます。足底筋膜炎は、朝起きてから最初の数歩がとても痛むのですが、時間が経過するとともに痛みが緩和されるケースが非常に多いです
 
 
 
 
29030170116.png
 
 
 
『 足に強い痛みが突然生じる!』
 
また、長い間座りぱなしの状態から、いきなり歩き出すと当然のことながら痛みが生じます。そして、かかとの骨の前方内側を押すととても強い痛みが生じるケースがあり、これも足底筋膜炎の大きな特徴の一つでうs.
 
 
ということで、今回は「足底筋膜炎」の症状を改善するために自宅で簡単に出来るセルフケアと予防法について分かりやすく解説した海外の健康情報サイト「REMEDY DAILY」の記事と動画をご紹介させていただきます。



 

 
「足底筋膜炎」の改善、
予防効果の高い3つのストレッチ!

 
 
28930170117.png

 
 
■ 足底筋膜炎は予防できる!?
 
 
「足底筋膜」という言葉を初めて耳にする方も多いかと思いますが、足底筋膜は足の健康には非常に重要です。Healthlineによれば、アメリカ人の50%以上が何らかしら足の痛みに苦しんでいます。
 
 
長時間にわたって立ちっぱなしの状態が続くと、足底筋膜が炎症を起こし、強い痛みが生じます。そして、この状態を「 足底筋膜炎 」といいます。殘念ながら現代医療をもってしても、「足底筋膜」の決定打となる治療法がありません。
 
 
ちなみに足底筋膜炎が発症する原因についてですが、長時間立ちっぱなしの状態や単純な反復運動、体重の増加などが一般的とされています。また、運動による体重移動によって足底腱膜にかかる負荷も異なります。
 
 
 
28630170114.png
 
 
 
これも炎症や痛みにつながるので、アスリート、妊娠中の女性、または長時間にわたって立ちっぱなしの状態で動きながら作業しなければならない人に「足底筋膜炎」は、多く見受けられます。
 
 
しかし、足底筋膜炎の予防と治療に関して、良い方法(セルフケア、エクセサイズなど)が幾つかあります。
 
 
 
 
 
■ 座った状態で行うストレッチ
 
 
足底筋膜炎が発症した場合、マッサージやストレッチを取り入れて、足底筋膜を柔らかくすることによって足底筋膜炎特有の症状を効果的に緩和させることができます。
 
 
座った状態でストレッチを行うと足底にかかる負荷が軽減できるので、痛みを抑えた状態でストレッチを行うことができます。そして、徐々に筋膜部分が柔らかくなるので、次第に痛みが解消されます。今回は以下の三つのストレッチをご紹介させていただきます。
 
 
 
 
 
28930170114.png
 
 
 
(1)ペットボトルでマッサージ
 
 
飲料水のペットボトルを足の裏にセットし、ローラーを転がすような格好で足底筋膜をマッサージしながら柔らかくすることができます。これはペットボトルでなくても、同じような形状の物(棒など)で地面の上をスムーズに転がせれば問題ありません。1回あたり1分間転がします。
 
 
 
 
 
28930170116.png
 
 
 
(2)つま先を引っ張って足底筋膜を伸ばす
  
  
上図にありますとおり、片方の脚に、クロスさせるように、もう片方の脚をのせ、で、このポジションを15秒間~30ほどキープした状態で、つま先を引っ張て戻すを繰り返すことで足底筋膜をストレッチします。これを3セット行ったら、もう片方の脚も同じ動作を行ないます。
 
 
 
 
 
28930170115.png
 
 
 
(3)タオルで足裏を引っ張る
 
 
図にあります通り、タオルを使って足底筋膜を効果的に伸ばします。あなたの足底筋膜の部分にタオルをセットして、足底筋膜がしっかり伸びるように静かに引っ張ります。 15秒から30秒このポジションを保ちます。これを3セット繰り返します。
 
 
 
 
 
■ 足底筋膜炎を予防するうえでの注意点
 
 
 
(1)ストレッチを習慣化して足底筋膜炎を予防する
 
 
これら三つのストレッチを全部行っても5分から10分程度で完了します。これらのストレッチは座ってできるので、テレビを見ながらでも出来ます。このため、無理なく習慣化することができます。習慣化することで足底筋膜の症状を抑える効果だけでなく、優れた予防効果も同時に発揮してくれます。
 
 
 
 
(2)足への負担を軽減するためにダイエットする
 
 
しかし、ストレッチだけでは、一時的に症状が改善されても、また発症してしまう可能性が高いので、脚への負荷を軽減するためにも、適切な体重になるよう、ダイエットすることをオススメします。
 
 
 
 
(3)自分の足にあった靴を履く
 
 
当然のことながら靴は重要です。自分の足にあった靴を履くことによって足の安全が守られます。履き心地の悪い靴を履き続けると、かかとや足にストレスが加わるので、逆効果です。
 
 
今回ご紹介させていただいた三つのストレッチを行うことによって、第二の心臓と呼ばれる足裏の血流が飛躍的に改善されるので、血行が次第に良くなり、むくみなどにも良い効果をもたらしますので、是非試してみて下さい。
 
 
 
 
【出典】 REMEDY DAILY:(By Chante Owens)
 
【画像】 Pinterest
 
【画像】 wikiHow
 
【動画】 土井治療院
 
 

 
「足底筋膜炎(足底腱膜炎)のマッサージ」
 

 
 
 タグ
None