24730170114.png
 
 
 
 
 
■ 脳老化はなぜ進むのか?
 
 
私たち人間は、生まれたときには140億個ほどあった脳細胞が、70歳になるころには約半分の70億個にまで減ってしまいます。ですので、何もしなければ脳老化は進む一方となり、日常生活で様々な支障をきたすこととなります。
 
 
脳老化を抑える方法として、常に自分自身の探究心を満たすことを死ぬまで探し続けることです。どきどきわくわくが脳にとっての最高のごちそうになるので、脳老化の予防には学びも大切ですが、遊びがどうしても必要になります。
 
 
反対に探究心、好奇心が薄れ、関心事がなくなると一気に脳老化が進みます。ちなみに脳老化の基本的な症状として以下の5点があげられます。
 
 

(1)意欲や判断力の低下
(2)運動機能の低下
(3)ホルモン力の低下
(4)読み・書き・計算能力の低下
(5)様々な欲求の低下(食欲、性欲など)
 

 
 
23830170114.png
 
 
 
また、脳老化は生活習慣とも密接につながっています。生活習慣を積極的に改善することによって、心と体の健康を取り戻すことができます。しいては、こうしたことが前向きに考え、行動することにつながり、その結果として脳の老化を抑えることができます。
 
 
最近ではスマホの長時間利用にともなう悪しき生活習慣によって20代から30代の比較的若い世代の間で若年層アルツハイマーが増え続けていますので、若いから大丈夫というわけにはいかないようです。
 
 
ということで、今回は脳を老化させるNG習慣をまとめたWoorisさんの記事と動画をあわせてご紹介させていただきます。



 

 
毎日飲むと4.6歳も老けるドリンクって!?
「脳を老化させる」NG習慣まとめ

 
 
24530170114.png

 
 
 
 
■ NG1:睡眠不足
 
 
最初は睡眠不足について。読者の中には若いころより眠れなくなったという人が、少なくないと思います。
 
 
また、40代や50代は仕事や育児の問題で大きなトラブルを抱えるリスクも高くなる時期。ぐっすりと眠れない夜が続いているかもしれません。
 
 
 
24430170114.png

 
 
しかし睡眠不足は脳の老化を加速するとの話。過去記事「中高年のお悩み”睡眠時間の短かさ”が脳の老化を加速させると研究で判明!」ではDuke-NUS医学大学院の研究結果から、睡眠時間の短い人ほど、老化に伴い脳が萎縮していく傾向があると紹介しました。
 
 
なかなか眠れないという人は、照明器具を工夫したり、適度な運動を心がけたりして快適な眠りを確保したいですね。
 
 
 
 
 
■ NG2:面倒な人間関係を避ける
 
 
24230170114.png
 
 
 
次は人間関係について。他人と意欲的に付き合うだけでなく、面倒な人間関係に悩まされる毎日も、脳の老化予防には前向きな働きをしてくれると分かっています。
 
 
過去記事「“面倒な人付き合い”が実は脳の老化を食い止めてくれていたと判明」では、米ウィスコンシン大学・医学公衆衛生大学院の研究結果を紹介しました。
 
 
人と深くコミュニケーションをする毎日によって、認知症を予防できるという話です。正直に言えば面倒くさいですが、まさにその面倒くささが脳には大切なのですね。
 
 
 
 
 
■ NG3:砂糖入りの炭酸飲料を飲み続けている
 
 
24130170114.png
 
 
 
次は炭酸飲料の飲みすぎについて。過去記事「タバコ級にヤバい!毎日飲むと“4.6歳も細胞が老化”する飲み物とは」では、米カリフォルニア大学サンフランシスコ校の研究結果を紹介しました。
 
 
砂糖入りの炭酸飲料500mlを1日1本程度のペースで飲むと、4.6年分も脳の細胞の寿命が短くなってしまうという話。その悪影響はタバコ級なのだとか……。
 
 
 
 
 
■ NG4:新しい物事に挑戦しない
 
 
24330170114.png
 
 
 
次は新しい物事に挑戦しない毎日について。新鮮な刺激や不慣れな作業はやはり、脳の老化予防に効果があるのですね。
 
 
米国国立老化研究所や厚生労働省の情報を基に書かれた過去記事「エッ…それだけで?“記憶力の低下と脳の老化”を招く最悪のNG習慣4つ」では、新しい物事に挑戦しない日々が、脳の能力をどんどん低下させてしまうと紹介しました。
 
 
同記事ではスケジュール張をつける習慣がない人も要注意だとされています。その意味では、何かに挑戦する予定をスケジュール張にどんどん書き込んで、管理してみるといいかもしれませんね。
 
 
 
 
 
■ NG5:有酸素運動をしない
 
 
24830170114.png
 
 
 
最後は有酸素運動について。上述してきた過去記事以外にも「脳の老化を食い止める”1日に歩くべき距離”が判明」「40代の運動不足が60歳以降の”脳の老化”に深刻な影響を与えると判明」などで、運動不足が脳に与える悪影響について触れています。
 
 
特に40代の運動不足は60歳以降の脳の老化に極めて深刻な悪影響を及ぼすと、ボストン大学の研究で分かっています。今まさにアラフォーで運動不足という人は、ウォーキングなど有酸素運動を始めたいですね。
 
 
 
 
 
■ さいごに...
 
 
7530170108_201701162133393d2.png
 
 
 
以上、脳の老化を招くNG習慣を5つ紹介しましたが、いかがでしたか? いずれも大学などの研究で可能性が強く指摘されている話。いつまでも若々しい脳でいるために注意したいですね。
 
 
 
 
【出典】 woorisさん:(文・坂本正敬さん)
 
【画像】 Pinterest
 
【画像】 wikiHow
 
【動画】 Teison0713
 
 

 
みんなで楽しく脳トレ!【完成】
 

 
 
 タグ
None