2308920161118.png
 
 
 
 
■ 血液型で認知症リスクが異なる!
 
 
日本では性格診断で血液型が良く利用されていて、個人的には良くあたるなと、感心することが多いのですが、欧米では信憑性が低いとして、血液型別の性格診断や占いのようなものに触れる機会はほとんどありません。
 
 
しかし、認知障害、認知症に関しては血液型が大いに関連しそうなんです。以前ご紹介させていただいた、米バーモンド大学医学部の研究チームが米医学誌「Neurology」に寄稿した記事によると、認知障害になるリスクを解析したところAB型は他の血液型とくらべて82%も高いことが判明しています。


ちなみに、ここでいう「認知症」と「認知障害」の違いについてですが、認知障害は認知症の前段階(物忘れが進んでいるレベル)の状態をさします。認知症はレビー小体型認知症やアルツハイマー型認知症など認知機能が著しく低下し、社会生活が困難なレベルの病気です。
 
 
 
2318920161118.png
 
 
 
AB型は脳卒中や心臓病を発症させるリスクも他の血液型よりも高いようです。そうした中で今回は、アルツハイマーなどの認知症を発症するリスクが一番低いのがO型である可能性がシェフィールドの研究チームによって発表された記事(出典:FUTURUS(フトゥールス)さん)をご紹介させていただきます。
 
 
O型は以前から、がんなどの死のリスクが高い病気になりにくい(あくまでも他の血液型とくらべて)といったことがささやかれていましたが、今回の研究でその謎がまた一歩前進することになりました。
 
 
うまくいくと認知症の治療が飛躍的に進化する可能性を秘めているだけに本当に楽しみです。



 

 
 
血液型で違いが!?
O型の人は認知障害になりにくいかも

 
 
2338920161118.png

 
 
 
■ 血液型が灰白質にみられる違いに影響
 
 
加齢は脳のサイズや認知作用に変化をもたらすことが知られている。個人差や生活環境の違いにも関わるが、人が年を重ねるごとに脳は縮み、分子から形態学まであらゆるレベルで変化するのだ。
 
 
ニューロン(神経細胞)の細胞体が集まり、脳内の情報処理の中心的な役割を持っているとされる灰白質でも、同様の変化が見られるという。
 
 
この点について、シェフィールド大・神経科学部の研究員Matteo De Marco氏とAnnalena Venneri教授は新たに発表した論文で、灰白質にみられる違いや認知機能低下のリスクが、血液型によって影響されていると指摘。
 
 
 
 
 
2328920161118.png
 
 
 
■ O型の人はアルツハイマー病といった病気になりにくい可能性も
 
 
Venneri氏を中心とするチームは健康なボランティアから得た189例のMRI検査の結果を分析し、脳内に占める灰白質の容量の違いを調べたという。
 
 
すると、O型の人は小脳にある灰白質が大きく、A型、B型、AB型の人は側頭葉や、大脳辺縁系にある灰白質の容積が小さいことが発見された。大脳辺縁系には、アルツハイマー病で最初の病変部位となる海馬も含まれている。
 
 
こうした結果は、小さな灰白質がO型以外の血液型と関連があることを指し示している。つまり年をとった際に一般的に見られる灰白質の縮小は、血液型の違いによって強められている可能性があるということだ。
 
 
 
2348920161118.png

 
 
DeMarco氏は、「この発見は、血液型がO型の人は、例えばアルツハイマー病のように、側頭葉などの萎縮が見られる病気に対してより保護されていることを示していると思われる」と話している。今後、生物学的なメカニズムの調査を含む、さらなるテストや研究が必要になるようだ。
 
 
 
まだまだ解明されていない謎の多い人体、とりわけ脳のメカニズム。さらなる研究の展開が楽しみだ。
 
 
 
 
【出典】 FUTURUS(フトゥールス)さん
 
【画像】 Pinterest
 
【画像】 wikiHow
 
 

 
 
【動画】
 
脳栄養 l 腸内環境さんのチャンネル
 
認知症治療 l 認知症予防
 

 
 
 タグ
None