96750161013.png
 
 
 
 
■ 口をぱくぱくするだけで超健康に!
 
 
今回は口を数秒間にわたって数回口をぱくぱく動かすだけで血流がよくなり、自律神経を動かす迷走神経を効率よく刺激することができるので、自律神経の働きが改善される画期的なエクセサイズのご紹介です。
 
 
私も毎月色々な本を読んでますが、この2014年に発売された筒井重行先生の著書:「口をぱくぱくする」と超健康になるを手にしたときは正直戸惑いました。
 
 
ちなみに著者の筒井先生は、大学病院の口腔外科に勤務されている現役の歯科医師です。これまで3万人以上の患者さんを治療しているので、その内容は目からウロコですが、すぐに納得できました。
 
 
 
96850161013.png

 
 
自律神経うつに苦しめられている人の多くが首や肩がめちゃくちゃこっています。首の筋にある迷走神経をマッサージしながら刺激してあげることで、次第に自律神経が正常な状態にもどり、本来の健康状態に改善されます。
 
 
この口ぱくぱくは文字通り口をぱくぱくするだけなので、マッサージよりもさらに簡単です。いつでもどこでも出来るので、習慣化しやすい点もこのエクセサイズの大きな魅力です。
 
 
自律神経が改善されると以下の症状も同時に改善されます。
 
 

(1)めまい
(2)頭痛
(3)動悸
(4)高血圧
(5)下痢
(6)不安感
(7)首・肩こり
(8)吐き気
(9)食欲不振
(11)不眠
(12)腰痛
(13)便秘
(14)胃腸炎
(15)頻尿
(16)更年期障害
 




 
■ 口をぱくぱくする方法(カミカミ体操)
 
 
(1)イスに座る
 
 
まず最初にイスに浅く座ります。このとき背もたれによりかからず、背筋をしっかり伸ばしてください。次に深呼吸を3回行ないます。頭からお尻にかけて酸素が行き渡るイメージで行ないます。
 
 
 
(2)歯の状態を確認する
 
次に上下の歯が触れなってないかを確認します。唇を閉じた状態で、上下の歯があたっていないかチェックします。
 
 
 
(3)カミカミ体操を行う
 
まっすぐ正面を見て、背筋をしっかり伸ばした状態を保ちながら下顎を上下に動かします。これを、数秒間にわたって約10回行ないます。(カミカミ体操に慣れたら回数をふやしていきましょう)
 
 
口をぱくぱくするさいの注意点としては、上下の歯がぶつからない、リラックスした状態で口をパクパクさせることです。目安としては、1~2センチ程度口を開けてパクパクさせてください。回数では 20回ぐらいでOKです。
 
 
 
(4)舌を動かす
 
 
舌の先端で、上の歯の付け根にあてます。舌の先端を使って、上あご全体を持ち上げるようなイメージで、首を伸ばして、頭を後ろに傾けます。
 
 
 
(5)顎を動かす
 
 
首の状態をそのまま保ったまま、前歯から舌を離して、口をパクパクしながら顎を動かします。これも10回ほど行ないます。カミカミ体操は以上になります。
 
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
【動画】furaku8さんのチャンネル
 
「口をぱくぱくする」と超健康になる!
口ぱくぱくで迷走神経を活性化

 

 
 
 カテゴリ
 タグ
None