48140160928.png
 
 
 
 
 
 
 
■ 糖尿病はもはや他人ごとではない!?
 
 
糖尿病は国民病と称されるほど年々発症する人が増えています。近年では食の欧米化が急速に進んだことによって若年層(18歳以下の男女)の間でも急激に糖尿病を発症する人が急激に増えています。
 
 
ちなみに2014年度に行われた厚生労働省の「患者調査」によりますと、糖尿病の患者数は316万6,000人となっていまして、2011年に行われた前回の調査では270万人だったので、たった3年で46万6,000人も増えています。
 
 
また、そのほかの生活習慣病は、以下の通りとなっています。
 
 

「高血圧性疾患」
1,010万8,000人
 
「高脂血症」   
206万2,800人
 
「心疾患(心臓病)
172万9,000人
 
「がん」        
162万6,000人
 
「脳血管疾患」  
117万9,000人
 

 
 
48840160928.png
 
 
 
また、世界中で糖尿病患者の数は爆発的に増え続けています。各国の医療費の関する問題のかなりの部分を占めています。ちなみに2015年の時点で世界の糖尿病有病者数は4億1,500万人に上ることが明らかになっています。
 
 
今後も増え続けることは間違いないわけですが、薬物治療や運動療法、食事療法が進化したことにより、以前ほど糖尿病治療は苦しくないといわれていますが、それでも一度発症し、合併症を発症してしまうと社会生活が困難になるケースが少なくありません。
 
 
そうならないためにも、40歳を過ぎたら生活習慣を改めなければなりません。ということで今回は、糖尿病患者さんが後悔している糖尿病を発症する原因となった生活習慣と、その理由についてまとめたWoorisさんの記事と動画を合わせてご紹介させて頂きます。



 

 
 
糖尿病患者が後悔する
「改めておくべきだった生活習慣」1位は?

 
 
48740160928.png
 
 
 
 
 
■ 第5位:ちょっとした身体活動を面倒臭がった(15.4%)
 
 
糖尿病患者が「今思えば改めておくべきだった」と後悔する生活習慣、その第5位に選ばれた答えが「ちょっとした身体活動を面倒臭がった」でした。『WooRis』の過去記事でも繰り返し、日々の身体活動の重要性が語られています。
 
 

<身体活動量が多い者や、運動をよく行っている者は、総死亡、虚血性心疾患、高血圧、糖尿病、肥満、骨粗鬆症、結腸がんなどの罹患率や死亡率が低い>(厚生労働省のホームページより引用)
 

 
と公的な情報にも記されています。最近は電化製品の発達もあって、家事においても体を動かす機会が減ってきているそう。十分に注意したいですね。
 
 
 
48540160928.png
 
 
 
 
■ 第4位:濃い味付けを好んでいた(17.3%)
 
 
次は味付けについて。味付けが濃い食べ物は、一般的に脂質や食塩が多く使われています。脂質は炭水化物やたんぱく質と比べて、同じ量でもカロリーが高いといわれています。炭水化物1g=4kcal、たんぱく質1g=4kcalに対して、脂質1g=9kcalです。
 
 
脂質の多い食べ物は口にすれば、カロリーを余分にとりすぎる恐れがあります。その結果、肥満の引き金にもなりかねません。肥満は糖尿病の危険因子とされています。一方で食塩を多く使った濃い味の主菜や副菜は、ごはんが進みます。
 
 
結果として炭水化物を食べ過ぎてしまう恐れがあるのです。また、糖尿病患者の場合は、食塩をとりすぎると合併症を引き起こすリスクが一気に高まるともいいます。バランスの取れた薄味の食べ物を、腹八分目にとどめておくといった食生活が大切なのですね。
 
 
 
48440160928.png

 
 
 
■ 同率第2位:運動不足が続いた(19.2%)
 
 
運動をすれば、血液中の糖もエネルギー源として筋肉などでどんどん利用されていきます。糖尿病の治療に運動療法があるように、運動は糖尿病予防&治療に極めて大事な役割を果たします。
 
 
しかし、厚生労働省によれば、日ごろから運動習慣のある人は男性で33.8%、女性で27.2%にとどまっているのだとか。ひざや関節が悪い、心臓や肝臓に病気があるなど、何か運動ができない特別な事情がある人は無理するべきではありません。
 
 
ですが運動不足に関して、糖尿病患者の多くが後悔していると分かりました。
 
 
 
48340160928.png

 
 
 
■ 同率第2位:ストレスの高い生活を続けていた(19.2%)
 
 
同率の第2位はストレスについて。女性の医学事典『ウィメンズ・メディカ』でも、ストレスの高い状態が続くと、血糖値を上げるホルモンが出てしまうと警鐘が鳴らされています。その他の研究でも、ストレスと糖尿病の関係は次々に明らかにされています。
 
 
例えばカナダの臨床評価科学研究所などの研究者が行った調査では、仕事の自由度が低い女性ほど(ストレスを感じやすい状況にある人ほど)、そうでない女性と比べて2倍も(2型)糖尿病になるリスクが高いと明らかになっています。
 
 
 
48240160928.png

 
 
 
■ 第1位:脂っこい料理を好んで食べていた(23.8%)
 
 
そして注目の第1位は、食事についてでした。先ほどの濃い味付けと重なる部分がありますが、脂っこい食べ物も要注意なのですね。
 
 
厚生労働省によれば、日本人の糖尿病リスクを高める要因として、(1)加齢(2)家族歴(3)肥満が挙げられています。脂っこい食べ物はカロリーが高い傾向にありますので、好んで食べると肥満の引き金になります……。
 
 
先ほどの『ウィメンズ・メディカ』にも、日本人の糖尿病患者が増えた理由として、食生活の変化で頻繁に口にするようになった脂分の多い料理が挙げられています。
 
 
 
48640160928.png
 
 
 
 
■ さいごに...
 
 
以上、実際の糖尿病患者が「今思えば改めておくべきだった」と後悔する生活習慣をまとめましたが、いかがでしたか?
 
 
ちなみに6位は「スナック菓子などを大量に食べた」(13.5%)、7位は「外食中心の食事だった」(11.5%)がランクインしています。食事と運動、この2つには十分に注意したいですね。
 
 
 
 
【出典】 Woorisさん:(文・坂本正敬さん)
 
【画像】 Pinterest
 
 
 

 
 
【動画】糖尿病3分間ラーニング
 
糖尿病はどんな病気?
 
 
 
 
 カテゴリ
 タグ
None