332016908.png
 
 
 
 
 
■ 認知症患者の厳しい現状
 
 
認知症患者の数が依然として勢いを増しながら増えています。厚生労働省の調査によりますと2012年の時点で全国に約462万人と推計され、2025年には700万人を突破すると予測しています。
 
 
65歳以上の高齢者さんの5人に1人が認知症を発症する計算です。認知症患者の数が右肩あがりで増えていながら介護老人施設の数は全くといっていいほど足りていません。
 
 
新設する動きはありますが、今後劇的に増える可能性が低いだけに介護するご家族の負担が今後さらに重くなると思われます。そうした中で最近認知症リスクを抑える働きがあると世界中の医療関係者が注目しているのが「社交ダンス」です。
 
 
先月放送されたビートたけしさんが司会を務める【みんなの家庭の医学】にて、レビー小体型認知症と診断された要介護5の女性が息子さんに連れられて近所の社交ダンス教室に通い始めると、認知症の症状が次第に回復傾向に入るまでが報じられていました。
 
 
やはり、趣味(心から楽しめること)を持つことが生きていくうえで大切なんですね。ということで、今回はその内容を分かりやすく解説しているJ-CASTニュースさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。



 

 
 
「要介護5」だった母に笑顔戻った 
完治不能の認知症に意外な治療法

 
 
342016908.png
 
 
 
 
■ 母の変異に戸惑う家族...
 
 
早田美智子さんは、78歳だった2010年当時、認知症の症状が進み、会話や食事がままならず自力歩行もできず、寝たきりの毎日が続いていた。
 
 
息子の雅美さんが、美智子さんの異変に気付いたのは2002年。夫を亡くした直後の美智子さんを励まそうと、ニュージーランド旅行へ連れて行った。帰国後、元気なさそうに見えた母に「旅行で疲れたかな」と声をかけると、驚くべき返事があった。
 
 

「ニュージーランドなんて、行ってないよ」
 

 
 
 
 
■ 「レビー小体型認知症」と診断される
 
 
不安になった雅美さんが母を総合病院で受診させたところ、「レビー小体型認知症」と診断された。特殊なタンパク質のレビー小体が大脳皮質や脳幹の神経細胞に発生し、脳機能を妨げる疾患だ。
 
 
日時や場所などが認識できない、また幻覚が見えるようになり、運動障害に陥るという認知症の諸症状が出る。
 
 
医師から認知症の進行を遅らせる薬や、幻覚を抑える薬を処方された。しかし、症状を完全には食い止めることはできない。美智子さんは、毎日ぼんやりと過ごし、家に閉じこもりがちになっていった。物忘れがひどくなり、呼びかけても反応しなくなった。
 
 
 
 
352016908.png

 
 
 
 
■ 無反応だったのに、タンゴを聞くとリズムをとった
 
 
雅美さんは、少しでも効果があればと、母に有酸素運動や手先を使った脳の活性化トレーニングを試させたが、長続きしない。次第に病状は悪化し、徘徊するようになった。さらに筋肉のこわばりが出始めて、自力で歩けずにひとりでトイレにも行けなくなった。
 
 
ある日、雅美さんが車の助手席に美智子さんを乗せて運転していた。何気なくカーラジオをつけると、タンゴの名曲が流れてきた、ふと美智子さんの方を見ると、いつも無反応なのに、左手の指で足をトントン叩きながら、リズムをとっていた。
 
 
これが、美智子さんの劇的な変化の第一歩となる。
 
 
 
 
■ 社交ダンスが認知症リスク下げるとの論文多数
 
 
美智子さんは学生時代、社交ダンスを楽しんでいた。雅美さんは以前、その話を聞いており、「もしかしたら」と近所のダンス教室に母を連れて行った。すると、流れてきたタンゴにまたも指を動かして反応。
 
 
通い始めて2週間がたったとき、美智子さんは「髪を黒く染めたい」と口にした。つい最近まで1日中寝たきりで、何事にも無関心だったのが、自分の身なりを気にし始めたのだ。
 
 
1か月後には、自ら選んだ鮮やかな赤のシャツに身を包んで、自力で立ち上がるまでになった。さらに先生にリードされながら、しっかりステップを踏んで踊り始めた。肌にはツヤが戻り、踊り終えても「もう一回やろうかしら」と満面に笑みを浮かべた。
 
 
日本認知症学会理事で国立長寿医療研究センターの遠藤英俊氏は、「社交ダンスが認知機能や認知症に及ぼす影響は、かなりあると言われています」と説明した。
 
 
「全身運動であり、知的活動でもある。両方のことを同時にやっている。これが認知機能の予防・回復に効果があるのだと思います」
 
 

ビートたけし:「息子エラいねえ。昔やってた社交ダンスをやるだけで、あれだけ回復するんですか」
 

 
 

遠藤氏:「社交ダンスが、世界中で、認知機能の維持向上、認知症のリスクを下げるという論文がたくさん出てきているんです」
 

 
 
 
 
■ 社交ダンスで認知症のリスクが76%も減少
 
 
ただし、美智子さんのケースでは社交ダンスだけでなく、治療しながらダンスを続けたことが効果をあげたと遠藤氏は付け加えた。
 
 
米国の調査によると、社交ダンスをやっている人は何もしていない人と比べて、認知症のリスクが76%も減少するという。ほかにも、将棋などのボードゲームが74%、楽器の演奏が69%、それぞれリスクを下げるそうだ。いずれも、他人とのコミュニケーションが必要な運動やゲーム。相手に気を遣ったり、相手の「手」を読んだりすることが大切なのだ。
 
 
 
 
【出典】 J-CASTニュースさん
 
【画像】 Pinterest
 
 
 

 
 
【動画】HTBニュース
 
『レビー小体型認知症』とは?
誤診や見過ごしに注意!早期発見が大切

 

 
 
 カテゴリ
 タグ
None