408.png
 
 
 
 
 
■ 酵素不足が活性酸素を拡大する!
 
 
活性酸素は、万病の元とされています。体のあらゆる器官を錆びつかせるので、様々な生活習慣病の原因となります。酵素が不足すると、この活性酸素を増やすこととなります。
 
 
ですので、酵素を増やすことを意識した食生活生活習慣が大切なのです。
 
 
しかし、人里離れたところで仙人のような生活をしているのであれば、簡単ですが、現代社会を生きる中で、これまでの偏った生活習慣を正していくのは本当に大変です。



 
■ 酵素不足が生み出す弊害とは?
 
 
酵素が不足することで、活性酸素が増えると次第に筋肉が収縮しやすくなったり、また、炎症を起こしやすくなるので、臨界点に達するとどうしても体に痛みが生じます。
 
 
また、酵素が不足することで、血液の流れだけでなく、東洋医学でいうところの気の流れや、気そのものを悪化させてしまいますので、どうしても体に各器官に何らかの弊害が生じます。
 
 
体の痛みが生じたら、酵素が足りていないと自覚し、酵素を増やすために自ら働きかけなければなりません。そうしないと病院に通っても、抜本的な原因はなかなか改善しません。
 
 
 
 
13_201608052310363d5.png
 
 
 
 
■ その他の痛み解消法
 
 
プラスイオンも体内の活性酸素を増やします。プラスイオンは現代を生きる我々は避けることが非常に困難です。携帯電話、パソコンなどを使用しないで生きるのが困難だからです。
 
 
こうしたデジタル機器は電磁波が多いので体内がプラスイオンで満ち溢れることになります。酵素を増やすのも勿論ですが、様々なグッズを利用してマイナスイオンを取り入れましょう。
 
 
繰り返しになりますが、突然痛みが生じたら、まず酵素が体内に不足していることを自覚することが大切です。痛みを解消するには酵素を増やす努力が欠かせません。
 
 
 
 
【動画】たった90秒!超簡単セルフ整体術
 
「体の痛み」の9割は自分で治せる