870.png
 
 
 
 
 
■ パニック障害に苦しむ人が増えている!?
 
 
パニック障害に苦しむ人たちが年々増えています。実はパニック障害は決して珍しい病気ではなく、誰もが成り得る病気なんです。驚くべきことに日本国内にはパニック障害の患者数がすでに1000万人を超えています。
 
 
現時点で10人に1人がパニック障害を引き起こしている状態です。パニック障害は突然不安や恐怖感に襲われ、動悸が激しくなり、呼吸をしているのかしていないのか感覚的に分からなくなり、呼吸が早くなるという症状は、「パニック発作」と呼ばれています。
 
 
これらはパニック障害の基本となる特徴です。原因は色々言われていますが、ここ最近は耳周りや首の極端なコリが原因であるケースが増えているようで、その最大の理由が「スマホ」の長時間利用です。
 
 
スマホの長時間利用によってパニック障害を含めた精神疾患が今後さらに増えることでしょう。そうならないためにもパニック障害についてきちんと理解する必要があります。
 
 
ということで今回はパニック障害についてわかりやすく解説した綺麗のトリセツさんの記事と耳周りのつぼをマッサージしてパニック障害の症状を改善させる方法を解説した動画を合わせてご紹介させていただきます。
 



 

 
 
パニック障害の症状3つ!
早めの対策が治療のカギです

 
 
868_20160819220503bc4.png
 
 
 
 
 
■ パニック障害とは?
 
 
ひとことで言えば、急性の不安が全面に出ることを指します。突然発症することが多いのですが、薬が効きやすいというのもこの病気の特徴です。
 
 
 
(1)突然の心臓の症状が起きる
 
頻脈や過呼吸など、心臓に差し迫った病気があるかのような症状が起きます。救急車を呼ぶような場合も多くあります。今にも死が迫っているような症状です。
 
 
 
(2)予期不安
 
怖い思いをすると次いつその症状が出るかという不安のために、日常生活に支障を来します。
 
 
 
(3)広場恐怖(外出恐怖)
 
ひとりで外出することが困難となるようなタイプもあれば、急行の電車やバスなど途中で降りることができない乗り物に乗れないというようなタイプがあります。
 
 
 
 
■ パニック障害の原因
 
 
決して気のせいではないパニック障害ですが、原因はどこにあるのでしょうか。恐怖や不安に関係している神経伝達物質「ノルアドレナリン」と、興奮を抑える神経伝達物質「セロトニン」とのバランスが崩れるために起こります。
 
 
 
869.png
 
 
 
 
■ パニック障害の治療
 
 
まず、パニック障害と似ている症状の病気でないことを検査するパニック障害の治療を行う前に、似た部分のある病気でないかを検査します。
 
 
心臓に関わる検査、甲状腺機能に関する検査、てんかんなどの検査をし、それらで無いことが分かって、パニック障害の治療となります。
 
 
 
 
■ 投薬治療が中心
 
 
パニック障害の治療には、投薬治療が効果を発揮すると言われています。脳内のセロトニンが増加する薬が効果があります。抗不安剤や抗うつ剤が効果を発揮しますが、症状が治まってもしばらく(半年~1年くらい)は飲み続けた方がいいようです。
 
 
また、薬が効いてきて症状が治まり始めると、行動認知療法も併用されることが多いようです。(精神療法のひとつ)
 
 
 
 
■ 治療が長引けば治療費の心配が・・・
 
 
パニック障害の治療は、症状が治まっても投薬が必要ですし、精神科(心療内科)の薬そのものが高いということで治療費が心配だという人もいます。そのような人のために、自立支援医療制度というものがあります。
 
 
 

★ 自立支援医療制度 ★
 
精神科(心療内科)の通院の経済的負担を軽減する制度。所得によって違いあるが、該当すれば保険診療3割負担が1割負担で診察が可能。医師の診断書などが必要なので、病院の担当者に相談してみましょう。
 

 
 
 
■ さいごに...
 
 
パニック障害は、意外と身近な病気で、決して気のせいではないものです。そのままにしておくと、外出ができなくなったり、うつ病になりやすいので、早めの治療が大切です。誰でも起こりうるものだということをお忘れなく。
 
 
 
 
【出典】 綺麗のトリセツさん:(かずりんさん)
 
【画像】 Pinterest
 
 
 

 
 
【動画】koritoru60
 
うつ病 パニック障害 メニエール病 めまい 頭痛 不眠症 治療
 

 
 
 
 タグ
None