779.png
 
 
 
 
■ 運動不足の恐るべき弊害とは!?
 
 
運動不足の人たちが老若男女にかかわらず増えています。誰もが運動不足は心と体の健康に一番よくないと分かっていながら、日々仕事に追われるような生活をしていると「しんどい」「面倒くさい」「時間がない」といった思いから運動することを避けてしまいます。
 
 
学生時代はスポーツで常に汗を流していたような人でも、一度社会にでると運動に割ける時間自体が激減してしまうので、若い人でも運動不足の人が少なくありません。運動不足に陥ると以下のような問題に直面します。
 
 

(1)肥満になりやすい
 
(2)生活習慣病の発症リスクが高まる
 
(3)疲れやすくなる
 
(4)より強いストレスを感じる
 
(5)うつ病などの精神疾患の発症リスクが高まる
 
(6)集中力が低下する
 
(7)仕事や勉強の能率が悪化する
 

 
 
337201610126_20161109021606579.png

 
 
といった具合に運動不足に陥っていいことはほとんどありません。しかし、良くなっていないと分かっていながら上述したように、様々な理由からどうにもならないと感じている人にこそオススメしたいエクセサイズがあります。それが「スクワット」です。
 
 
スクワットは短時間でも優れた美容と健康効果を実現するエクセサイズです。アメリカではスクワットのコンテストが全米各地で行われるほど人気のエクセサイズです。
 
 
ということで、今回はスクワット優れた効果・効能について解説した美LAB.さんの記事と背中、腰回り、お尻に効くスクワットの方法を解説した動画を合わせてご紹介させていただきます。




 
 
地味だけど効果抜群!スクワットで
リバウンドしにくい下半身痩せ

 
 
780_20160809214334452.png
 
 
 
 
■ 太ももの筋肉は体の中の最も大きな筋肉の1つ
 
 
筋肉はどちらかというと下半身に集中しており、その中でも最も大きいのが太ももの筋肉だと言われています。ですから、この筋肉を鍛えることで消費カロリーが格段に違ってくるというのは明白でしょう。
 
 
 
 
 
8334201611107.png
 
 
 
■ 効果のあるやり方を覚える
 
 
「スクワットを何回やっても全然効果が出ない」という人は、スクワットのやり方を間違えている可能性があります。スクワットは肩幅より広めに足を開き、指先は外を向きます。
 
 
その後、お尻を突き出すようにしながら太ももと床が平行になるように腰を落とします。背中はシャンと伸ばしましょう。この“お尻を突き出して太ももと床が平行になる”というところがポイントです。
 
 
これができていない人が多いので、「スクワットは効果が期待できない」と思われているようです。
 
 
 
 
 
8314201611107.png

 
 
■ 注意するポイント
 
 
スクワットを行う際は、つま先より膝が前に出ないように注意しましょう。お尻を突き出すスクワットはヒップも同時に鍛えることが可能ですから、一石二鳥というところでしょうか。
 
 
 
 
【出典】 美LAB.さん:
 
【画像】 Pinterest
 
【画像】 wikiHow

 
 

 
 
【動画】MuscleWatching
 
お腹の脂肪+背中の脂肪まで落とすスクワット!
 
 
 
 
 
 
 カテゴリ
 タグ
None